メンズエステはどんなサービスを受けられる?

メンズエステで本番するコツとお店の見極め方をご紹介

メンズエステで本番がしたい!本来禁止であるはずのメンズエステでの本番行為を希望する男性のために、この記事ではメンエス嬢とセックスするコツを徹底紹介します。

キレイな女性が刺激的なマッサージをしてくれる、メンズエステ。非日常を味わえるとのこと非常に人気なサービスとなっていますが、一方でソープなどとは異なり本番、つまりセックスができないことに歯がゆい思いをしている方も、実は多いのではないでしょうか。本番可能なお店の見極め方から本番に持っていくためのコツ、さらには注意点までお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • メンズエステで原則本番はできないが、本番ができるお店やセラピストは存在する
  • 本番したいなら出張もしくは個室型の店を選びましょう
  • 本番したいなら「本番ができた」という口コミを探しましょう
  • 本番したいなら料金がワンランク高いお店を選びましょう
  • 本番したいなら何度も指名し、長時間コースを選びましょう
  • 本番したいならあなた自身の清潔感を心がけましょう
  • メンズエステで本番すると出禁になる可能性があるので注意しましょう
  • メンズエステで本番すると性病になる可能性があるので注意しましょう

メンズエステとは?

メンズエステはどんなサービスを受けられる?

メンズエステは大きく分けて「美容系」と「リラクゼーション系」の、2種類に分けられます。

前者は脱毛やスキンケアなど、外見に関するサービス。後者がマッサージやスパなどによる、内面のケアを行うサービスを指します。今回ご紹介するのは、この後者の意味のメンズエステですね。

男性向けだけあり、女性セラピストがセクシーな格好をしているのが特徴で、密着度の高い施術も、大きな魅力の1つです。

メンズエステで本番はできる?できない?

ここで気になるのが、「メンズエステで本番行為はできるのか否か?」というところだと思いますが、先に申し上げておきます。メンズエステでセックスは、原則できません。

よくメンズエステを、風俗やソープなどの性サービスを提供している店と同一視する方がいますが、この2つは全く別物。セラピストが服を脱いだりもしませんし、男性の格好も紙パンツ一丁にこそなるものの、基本的に全裸にはなりません。

しかしそれはあくまで、表向きの話。その原則を折り曲げて、本番までしてくれるメンズエステやセラピストも、中には存在します。

メンズエステで本番できるお店の見極め方

メンズエステで本番をするのに最も重要なのは、お店選びです。あなたがどんなにイケメンでも、立派なチンコを持っていても、このお店選びを間違えば、どう頑張ってもセックスには到達できません。

それではメンズエステで本番できるお店の見極め方を、いっしょに見ていきましょう。

出張もしくは個室型

メンズエステで本番をしたいなら、出張もしくは個室型の店を選びましょう。なぜなら個室でなかったり、声がダダ漏れな状況だと、喘ぎ声やきしむ音などで店側に禁止行為であるセックスをしているのが、モロバレしてしまうからです。

本番行為で不利益を被るのは、なにも客である男性だけではありません。セラピストもまたオーナーに叱られ、同僚たちからも白い目で見られてしまいます。

そんな事態になるのが分かりきっているのに、本番に応じてくれる女性はまずいません。本番のできるお店は、漏れなく出張か個室型のどちらかですので、この条件は絶対に外さないようにしましょう。

本番ができた口コミがある

現代は高度な情報社会。飲食店ひとつとっても、まずネットで評判や口コミ情報を収集するのが常識です。そしてそれは、メンズエステでも変わりません。

そのお店で本番できるかどうか。そういった情報は、意外なほどネットにあふれています。良い思いをした人が、その幸せを他の人におすそわけするような、そんな感覚なんでしょうね。

もちろん中にはガセネタもあります。嫌がらせか、はたまた冷やかしか。実際に行ってみても、本番のほの字すらないケースも、まま存在します。

しかしネットに転がっている「本番できた」口コミの約90%は信用できると、筆者は考えています。実際そういった口コミのある店にいくつも行ってみましたが、90%以上の確率で本番ができましたからね。

ネットの情報を信じるも信じないも、あなた次第。事の真偽は、ぜひその身でお確かめください。

店名がコロコロ変わる

店の名前が頻繁に変わる。これもまた、本番できるメンズエステの特徴です。

メンズエステは業態的に本番NG。それに違反すると、強制的に閉店させられてしまう可能性もあります。もちろんこっそりやっていればバレる確率は低いのですが、今や誰もがネットを操る時代。本番可能との情報はいずれ広まってしまい、やがて摘発にまで至ります。

もうお分かりかと思いますが、店名がコロコロ変わるのは、その摘発を逃れるため。オーナーや在籍セラピストはそのままに、表の看板のみを変えて目くらましをしているのです。実際どれくらい効果があるかは分かりませんが、この手法を用いている店は数多く存在します。

店の名前が頻繁に変わるのは、なにかやましいことがある証拠。そしてメンズエステでいうやましいことの大半は、本番行為です。かなり確率の高い見極め方なので、ぜひお試しください。

料金がワンランク高い

料金がワンランク高い

メンズエステの料金相場は、60分8000円~12000円程度と言われています。しかし中にはその相場の倍の料金を提示している店が存在します。

料金はサービスの内容に比例するのが、当然ですよね。ということはこの1万5000円のメンズエステは、一般のメンエスとは何かしら違ったサービスを提供している可能性が高く、それが本番であるとの推測は容易に立ちます。

もちろんただのぼったくりである可能性もあります。本番を匂わせておいて実は何もない、みたいな。

しかし料金が高い店の大半には、必ずそれに応じた理由があります。もし相場よりも高めな料金設定を掲げているメンズエステを見かけたら、安易にぼったくりと考えず、チャンスだと考えましょう。

メンズエステで本番するためのコツ

本番のできるメンズエステを見つけても、誰もがセックスまで行き着けるわけではありません。セラピストと本番するためには、相手をその気にさせる必要があるのです。

ここではメンズエステで本番するためのコツをご紹介します。

清潔感を心掛ける

本番するなら清潔感に気をつける

メンズエステで本番する上で最も大事なものはなんでしょう。ルックス? 話術? チンコの大きさ? どれも違います。正解は、外見の清潔感です。

どんなにカッコよくても、どんなにスタイルが良くても、清潔感のない男性に女性はときめきません。それはメンズエステでも同様で、汚らしい見た目の男性との本番交渉に、セラピストが応じることは万に1つもないでしょう。

しかしそれは逆にいえば、清潔感さえあれば本番できる可能性は誰にでもあるということ。整えるべき主なポイントは、以下の通りです。

  • 髪を短くして爽やかに
  • ヒゲを剃ってスキンケアもきちんと行う
  • 口臭や体臭などの匂いケアもしっかり
  • ファッションも清潔感重視で(困ったらスーツでも可)

見た目を変えるだけで、女性からの印象は驚くほど良くなります。お金を無駄にしないためにも、メンズエステに行く際には外見をきちんと整えましょう。

長時間コースを選択する

メンズエステで本番を狙うなら、必ず長時間コースを選択しましょう。最低でも90分以上のコースでないと、本番できる確率はグッと下がります。

というのも90分未満、たとえば60分のコースを選ぶと、その時間はマッサージのみで終了。セラピストと会話などのコミュニケーションを行う余地がなくなり、本番に持ち込むために距離を詰めることができなくなってしまいます。

またメンエス嬢にとって60分などの短時間のみでしか入ってくれない男性は、いわゆる上客とはみなされません。それでサービスの質が落ちることはないでしょうが、今後の稼ぎなどにあまり繋がらないとなると、本番に応じてくれる可能性は低くなります。

本番を行うには、セラピストにもメリットを与えなければなりません。口説く時間を稼いだり、上客と見なされるためにも、メンズエステでは長時間コースを選びましょう。

指名して何度も通う

残念ながら長時間コースを選んでも、必ずしも本番できるとは限りません。拒否されたらおとなしく引き下がりましょう。でないと店側に報告され、出禁処分を課されてしまいます。

しかしそのセラピストとどうしてもセックスしたい。そう思うなら、お店に何度も通い、同じ嬢を指名し続けましょう。そうすることで上客とみなされ、本番できる可能性が高まります。

3回ほど指名すればかなり効果が期待できますが、それでもダメなら諦めましょう。それ以上は時間とお金の無駄ですので、他のメンエス嬢に本番を持ちかけた方が得策です。

ボディタッチする

普通にマッサージを受けていて、いきなりセックスの雰囲気になることはありません。本番をするには事前にエロい雰囲気を作っておかなければならず、そのために最適なのがボディタッチです。

もちろん最初からボディタッチするのはNG。まずは会話を重ねて良好な関係を構築。そして徐々にエロバナを織り交ぜていき、「おっぱい大きいね」「スタイル良いね」など言ってみて、反応をうかがいます。

これで拒否反応を示すようなら撤退した方が良いですが、抵抗がない、あってもユルユルな場合はそのまま少しずつボディタッチをスタートします。

筆者的にオススメなのは、膝枕での施術の時ですね。合法的にボディタッチができますし、女性の逃げ場もありません。最終的にキスまでいければ、その時点でほぼセックスできたも同然。あとは押し倒して、本番まで突っ走りましょう。

初心者には少し難しいかもしれませんが、通っているうちに流れが掴めるようになります。まずは自然にエロバナができるように、会話の流れを脳内でシミュレートしておきましょう。

他のセラピストもやってるよと口説く

他のセラピストを引き合いに出して、「みんな意外とやってるものだよ」と口説くのも効果的。「赤信号みんなで渡れば怖くない」のように集団心理が働き、本番行為へのハードルが下がります。

しかしこれは、あくまで最後のひと押しとして使いましょう。本番するかどうか迷っているセラピストに向けると、非常に高価的です。

一方ほとんど口説けていない状況で使うと、このセリフは必死感が出て、かなり痛いです。セラピストが嫌悪感を覚える可能性も高いので、使いどころには注意しましょう。

コンドームを準備する

これまで様々なコツをご紹介してきましたが、最後にこれだけは忘れてはいけません。コンドームの準備です。

苦難の末に本番ができる、となった時にコンドームがないと、それまでの苦労が水の泡。メンズエステにゴムが常備されているわけもありませんし、かといって生ハメは、99%の確率でセラピストに拒否されます。

本番できるかどうかは、時の運。いつセックスのチャンスが訪れても良いように、財布などに必ず1つはコンドームを常備しておきましょう。

メンズエステのコースと料金について

メンズエステのコースと料金について

メンズエステのコースは、基本的に時間で区切られています。その料金は店や地域によって様々ですが、以下が大体の相場となっています。

  • 60分:8000円~12000円
  • 90分:12000円~16000
  • 120分: 17000円~22000円
  • 150分:23000円~26000円

地方だとこれよりも安く、関東圏や都市部はもっと高めの料金となります。

また店によってはオプションを付けることもでき、その場合は別途で数千円かかります。前立腺マッサージなど、メンズエステならではのプレイもあるので、興味のある方は試してみると良いでしょう。

メンズエステで本番する際の注意点

メンズエステで本番する際の注意点

メンズエステでの本番行為は、確かに興奮します。イケナイことをやっている背徳感は、たまらないですよね。しかし一方でメンズエステでの本番には、いくつかのリスクも付きまといます。

メンズエステで本番する際の、注意点をご紹介します。

違法行為になる可能性も

なぜメンズエステでの本番行為は、禁止されているのか。それは法律によって定められているからです。

ではどんな法律に違反しているのか、該当するものは大きく分けて2つ。1つ目は「風営法」です。性的なサービスを行う場合、この風営法の届け出が必要となるのですが、その条件はなかなかに厳しい。そこで届け出を行わずに性的サービスを行う、いわゆる違法店がメンズエステ界隈にも数多く存在するのです。

2つ目は「売春防止法」。実はメンズエステでの本番行為は売春に当たる可能性があり、これは風俗などにも適用されます。

以上2つの法律を上げましたが、実際はこれらに違反した容疑で客が逮捕されることは、ほとんどありません。しかしもう1つ特に気を付けなければらない法律があり、それが「強制性交等罪」。

記憶に新しいのは、俳優の新井浩文が逮捕された事件ですね。マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性行の罪に問われています。

メンズエステで本番が行われるのは、大抵が密室。そこで「レイプされた」と女性が主張すれば、それを否定できる証拠は何もありません。もちろん肯定もできないのですが、こういった事件では痴漢と同じく女性の主張の方が通りやすく、男性は一気に不利な状虚に陥ります。

このようにメンズエステでの本番は、法律違反となる可能性があります。本番に臨む際は、重々お気を付けください。

出入り禁止にされる可能性あり

メンズエステで本番をした結果、その店から出入り禁止を言い渡される可能性もあります。

メンズエステでの本番行為が法に反することは上でも述べましたが、それで被害を受けるのは、ほぼ店側のみ。警察に立ち入られ、最悪、営業停止となってしまう可能性もあります。

そうならないためにも、メンズエステの運営側としては、本番行為を持ちかけるような客は一刻も早く排除。場合によってはセラピストにも処分を言い渡し、店内の秩序を守りたいと考えているのです。

また本番行為そのものだけでなく、本番をしつこく交渉する行為も、出禁の対象となります。無理だと思ったら、すぐに引きましょう。引き際を弁えておくことも、メンエスでの本番を目指す上で、また大切な要素です。

後から多額の金銭を要求されることもある

メンズエステに勤務する女性の中には、店側にナイショでこっそり本番をしているセラピストもいます。

しかしこれはなにも、タダで性欲を発散させてくれるわけではありません。中には行為が終わった後に「お小遣い」を要求してくる従業員もおり、それを拒否されると、「レイプされたと報告する」と脅してくる方も、わずかですが存在します。

いつもと同じ金額でセックスまでしていたら、割りに合わない。こう考える女性の気持ちは、十分理解できます。本番の交渉をする時は、事前に金額に関しても相談しておくと、後々トラブルにならずに済むでしょう。

生ですると性病にかかる可能性も

メンズエステで本番がしたいなら、コンドームは必ず持参しましょう。本番に応じるような女性は、他の客ともセックスしている可能性が大。どこでどんな性病を移されているか、分かったものじゃありません。

もちろん本番は許しても、生ハメはNGなセラピストが大半です。しかし全員が全員そうではなく、「生で良いから多めにちょうだい」と、交渉材料として生ハメを持ちかけてくる女性も中には存在します。

生でするメンズエステでのセックスは、確かに興奮するでしょう。しかしその後に待ち受けている性病のリスクを考えれば、ゴムは必ず着けた方が良いですね。

基本的なメンズエステ用語集

メンズエステの用語集

メンズエステは、ある意味特殊な世界。芸能界やIT業界と同様、その界隈でしか通じない専門用語が、さも常識であるかのように行き交っています。

ここではそんなメンズエステで使われる、基本的な用語をご紹介します。

基盤

セックスのこと。「基本サービスに本番ある」の略。お金を払わずに、セラピストと本番ができます。

掲示板や口コミなどで使われることが多いので、このワードがあるお店は本番できる可能性が高いと言えます。基盤あり=木蟻、基盤なし=木梨と表示されることも。

円盤

「お金を払えば本番可能」の略。いわゆる円交ですね。基盤と同じくネットでよく使われる用語なので、覚えておきましょう。

裏を返す

特定のセラピストのリピーターになること。ソープや風俗でも使われます。裏を返すと本番率が上がるので、積極的に行っていきましょう。

姫予約

お店を通さずに、メンエス嬢に直接予約を入れること。女性側のメリットも大きいので、これをすると割と喜ばれます。プライベートでの連絡が可能になるということでもあるので、本番率アップにも繋がります。

NN・NS

「NN=ノースキン中出し」「NS=ノースキン」の意。主に風俗やソープで使われる用語ですが、メンズエステでも用いられます。正直リスクが高いので、あまりオススメはできません。

逆の意味として、G着・S着=ゴム(スキン)ありが使われたりもします。

お茶挽き

1人もお客さんがつかないこと。メンズエステは基本的に歩合制なので、お茶を挽く=収入ゼロを指します。セラピストの中には、このお茶挽きを逃れるために本番行為に手を染める方も少なくありません。

地雷

サービスや外見が悪いなど、客にとって不満なセラピストのこと。ネットの掲示板などでよく使われるので、この用語を見かけた時は注意しましょう。

なお逆の意味の言葉として「魚雷」もあり、これはセラピストにとって嫌な客を指します。本番をするためにも、魚雷にはならないように気を付けましょう。

振り替え

実際に指名したセラピストと違うセラピストを当てられること。要するに詐欺です。メンズエステではあまり見られませんが、皆無なわけではないので気を付けましょう。

裏引き

セラピストが、お店にナイショで客と店外で会うこと。デートのみのこともあれば、本番まで行き着く場合もあります。もちろん金銭のやり取りがあるので、パパ活や円交とほぼ同じです。

お店にバレると、罰金を取られる場合もあるので要注意。

誤爆

誤って射精してしまうこと。あまり印象は良くなく、そんなつもりでなくても店によっては出禁になってしまう場合もあります。

なお中には誤爆の事実を黙っていてくれたり、「あえて誤爆」させてくれるなど、良心的なセラピストも存在します。

事故

セラピストの手が、意図せずチンコに触れること。誤爆と違い、こちらは完全に相手の過失なので、特に罰はありません。

ちなみにわざと事故を起こし、誤爆を誘発してくれる嬢もいるのだとか。

キワキワ

キワキワ=鼠蹊部のこと。鼠蹊部はチンコに非常に近い部分なので、より強い快感が得られます。ネットではこの鼠蹊部へのマッサージが多い店を「キワ店」とも呼びます。

横スカ

横がスカスカの紙製Tバック。脱毛などの際に使用されることが多いのですが、普通のTバックよりも開放感と羞恥心が強く感じられ、メンズエステでも人気のパンツです。

カエル足

うつ伏せの状態で、カエルのように足を開くこと。主に股関節付近のマッサージをする時に行うポーズです。

なお仰向けの場合は、コマネチと名称が変化。仰向けカエル足とも言いますが、こちらの方が羞恥心が高く、Mな方にはオススメです。

メンズエステで実際に本番行為をした人の口コミ

メンズエステで本番した人の口コミ

最後に、メンズエステで実際に本番行為ができた人の口コミを見ていきましょう。交渉や口説き方など、参考になる部分もあるかと思いますので、ぜひご覧ください。

Twitterでの口コミ

 


メンズエステでのセックスは、原則してはいけない行為。しかし不倫然り、青姦然り、人はしてはいけないものにこそ惹かれるもの。1度メンエスでの本番を味わったら、もう普通のセックスでは満足できなくなってしまいます。

 


セックスはできなかったけど、手コキやフェラでヌイてもらえた。これは実際、よくあることです。「本番はしてあげられないけど……」みたいな、いわゆる慈悲の心ですね。

しかし1度ヌイてもらえたなら、それはチャンスです。1度抜いたことで、女性の中でそれに対するハードルはダダ下がり。つまり本番への敷居も低くなっており、ここで押せば本番できる可能性は非常に高い。

ちなみにこれは交渉の参考にもなりますね。いきなり本番を頼むのではなく、まずは手コキなどから始める。1度の来店で落とすのではなく、段階的にステップを進めていくのも、1つの手です。

 


これは女性の口コミですね。実体験とはまた別ですが、本番行為を行っているセラピストがいることを、女性側の目線から語ってくれています。かなり反感を覚えているようですが、そういった存在がいるのは、男性にとっては非常にありがたいものです。

Yahoo!知恵袋での口コミ

90分コースで行ったのですが普通に抜いてくれました。いわゆる手〇キってやつです。
その担当の人いわく、抜いてあげるとなると違法になっちゃうから、あくまで施術中に誤ってイッてしまったということにしてるんです!ということでした
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13203831513?__ysp=44Oh44Oz44K644Ko44K544OG44CA5pys55Wq

メンズエステでの本番は違法ですが、なるほどそういう抜け道を用意しているんですね。いわゆる誤爆、というやつです。

上でも述べましたが、手コキまでしてくれたならその先もしてくれる可能性が高い。手コキとセックスではハードルの高さが違いますが、「施術中に誤って入ってしまった」という建前も、あるいは通用するかもしれませんね。

自分は健全メンズエステで最後までできました。
担当してくれた女の子と下ネタで盛り上がって、それから痴漢等の話をしていたら、恥ずかしそうに自分の痴漢体験とか話し始めて、その間俺は女の子の脚やお尻を触り始めて、胸へタッチ。胸へのタッチはダメですよと言われたが、お尻や脚は拒否するそぶりもなく、徐々にスカートの中へ。下着に到達して見えなかったけどたぶんクリを触っていたらちょっと反応し始めて、女の子から内緒ですよと手コキからフェラしてくれて、その流れで最後まで。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12177714347?__ysp=44Oh44Oz44K644Ko44K544OG44CA5pys55Wq

会話はやはり重要ですね。本番をするには、セラピストとの良好な関係が必須。それを築くためには言葉でのやり取りが最も簡単かつ、効率的です。

いきなりボディタッチをしては、セラピストもビックリしてしまいます。まずはこの口コミのように、会話で雰囲気を作りましょう。その雰囲気に流されてくれる女性セラピストは、意外と少なくありません。

ブラックオプションで本番が有ります。『女の子によります。』
それが目当てで通い詰めてしまいます。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1072834170?__ysp=44Oh44Oz44K644Ko44K544OG44CA5pys55Wq

本番できるかどうかは究極のところ、女の子による。これは真理です。本番ができるお店があっても、女の子によっては無理ですし、逆に本番できないお店でも、相手によっては最後までしてくれる場合もあります。

このあたりの見極めは、やはり場数を重ねるしかありませんね。メンズエステに通い、セラピストをよく観察しましょう。本番できるかどうかが見極められるようになると、交渉成功率がグンと上がります。

メンズエステで背徳的な本番行為を楽しもう!

メンズエステでの本番行為は、本来タブーです。女性セラピストにとっても、そしてお店にとっても。

しかしだからこそ、燃える。もしメンズエステでのセックスが合法だったら、ここまでの興奮は得られなかったし、本番行為を行うためにお店の見極め方を考えたり、テクニックを習得したりもしなかったでしょう。

今回の記事でご紹介した方法を使えば、必ずメンズエステでセックスができます。メンエス嬢を落として、ぜひメンズエステでの背徳的な本番行為をお楽しみください。