ナンパに適している居酒屋の特徴をご紹介

居酒屋でナンパする方法を解説!狙い目の女性とは?

居酒屋ナンパでもっとも重要なのがお店選びと声を掛けるタイミングです。

それに加えてナンパに適している女性の特徴をおさえておけば高確率で成功できるはずです。

この記事を参考にしてぜひ、居酒屋ナンパにチャレンジしてみてください。

 

話ではよく聞く居酒屋ナンパ。友達の成功談を耳にしながら、「俺も居酒屋ナンパしてえ」と思わず考えてしまう男性も多いのでは?

そこで今回は、居酒屋ナンパを絶対に成功させる方法を徹底的ご紹介したいと思います。

ナンパに適した居酒屋選びから具体的なテクニックまで、余すところなくお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

なぜ居酒屋ナンパは成功しやすいのか?

居酒屋ナンパはナンパ初心者に特にオススメ

ストナンなどと比べ、居酒屋ナンパは比較的成功率が高い方法だと言われています。ナンパ初心者に居酒屋ナンパが勧められるのはその為です。

ここでは、なぜ居酒屋ナンパは成功しやすいのか、その理由をご紹介していきたいと思います。

 

理由①:酔っている女性はナンパしやすい

皆さんにも経験があるでしょうが、お酒は人を解放的にします。素面の時には声を掛けられてもスルーするのに、お酒が入っていることによってノリが良くなり、ついナンパを受け入れてしまう女性は少なくありません。

また、女性の約6割が「酔うとエッチしたくなる」というデータもあり、居酒屋ナンパはワンナイトラブにも非常に繋がりやすい方法と言えます。

男性がお酒を飲んでいても、なんら不審でないところもメリット。勇気の出ない方は、とりあえず数杯ほど空けてから、テンション上げめで居酒屋ナンパを敢行しましょう。

 

理由②:ナンパしやすい店の雰囲気

雑多というか、カジュアルというか、居酒屋の独特な雰囲気は女性の警戒心を薄める効果もあり、居酒屋ナンパの成功率を上げてくれます。

ストナンは場所が屋外ということで色々と警戒されがちですが、その点、居酒屋ナンパは室内で、かつ周りにも人がおり、女性がリラックスした状態で話を聞いてくれます。アルコールも程良く入っていますしね。

もちろん、ナンパに適さない居酒屋もありますが、女性が緊張から解放された状態でナンパできるのは、居酒屋ナンパの大きなメリットのひとつと言えます。

 

理由③:スルー率が低い

ナンパをする際に最も精神的にくるのが、無視。声を掛けても、返事をするどころか、眼すら合わせてくれないとなると、「おや、俺ってばいつの間に透明人間に?」と現実逃避したくなるほどの羞恥と辛苦に襲われます。

しかしその点、居酒屋ナンパはスルー率が低い。移動できない店内ということで、程度の差こそあれ、必ず何かしらのレスポンスはもらえます。

ナンパにおいて話を聞いてもらうことは関係構築の第一歩。他の方法だと、このチャンスすら得るのが難しい。スルーされないことは、居酒屋ナンパの特権です。

 

ナンパに最適な居酒屋の特徴

ナンパに適している居酒屋の特徴をご紹介

居酒屋画像

比較的成功率の高い居酒屋ナンパですが、どの店でも通用するわけではありません。ナンパに適した居酒屋というのが、この世には存在しているのです。

ナンパに最適な居酒屋の特徴をご紹介します。

 

特徴①:居酒屋が賑わっている

客の声や音楽で賑わいのある居酒屋、こういった場所は非常にナンパに適しています。

なぜなら、基本的に悪目立ちしがちなナンパでも、雑音が多かったり、客が自分のテーブルにのみ集中している居酒屋で行えば、その雰囲気に上手く紛れることができるからです。

これは、実は女性目線から見ても大きなメリット。ナンパする側と同じくらい、される側も周囲の視線を気にします。中にはそれが原因で断る人もいるほど。

しかし賑やかな居酒屋だと、その騒音が良い隠れ蓑になってくれ、女性がナンパに応じてくれる率もアップします。

最近だと「鳥貴族」や「磯丸水産」などがこの特徴に当てはまる為、居酒屋ナンパを実践したい方はぜひお試しください。

 

特徴②:店員と客 or 客同士の距離感が近い

店員と客が気さくに話していたり、客同士の距離感も物理的に近い居酒屋は、非常にナンパのしやすい環境が整っています。

こういった店はお酒を飲みながらのコミュニケーションが当たり前で、声掛けのハードルが異様に低い。ナンパしようと意気込まずともナンパができてしまうので、初心者にはかなりおすすめです。

「恵比寿横丁」や新宿の「思い出横丁」がこれに当てはまりますが、客はもちろん女性だけではありません。

また、複数で店を訪れている女性が多いので、居酒屋ナンパを試みる場合は男性側も複数人で臨むと良いでしょう。

 

特徴③:立ち飲み居酒屋

最近は1人でお酒を飲む女性も多く、立ち飲み居酒屋でもその姿をよく見かけます。

立ち飲みの良さは、気軽に声を掛けられる雰囲気と、それ込みで楽しみにきている女性の存在。ある意味、ナンパ待ちのような感じなので、ハードルは低いと言えます。

吉祥寺にある「ハーモニカ横丁」や、居酒屋ではありませんがスポーツバーの「HUB」などがおすすめ。前者は雑多な雰囲気、後者はノリと高いテンションの中でのナンパを楽しめます。

立ち飲みはサクッと飲んで、サクッと去る場。1度声を掛ければ、2軒目にも繋がりやすい。どんな女性がいるのか確かめる意味も含めて、ぜひお試しください。

 

居酒屋ナンパを成功させやすい女性の特徴

居酒屋ナンパを成功させやすい女性の特徴をご紹介

女性画像

どうせ居酒屋でナンパをするのなら、より成功率の高そうな女性に声を掛けたいですよね。

そこで、ここでは居酒屋ナンパを成功させやすい女性の特徴をご紹介したいと思います。店内を観察していると、特徴に当てはまる女性が実は結構いたりするので、見つけた時はチャンスと思って積極的にアプローチしましょう。

 

特徴①:既に酔っている女性

人にもよりますが、酔っている女性はノリが良く、声を掛けても割と受け入れてくれやすい。居酒屋ナンパにおいてこれ以上のターゲットはおらず、見つけたら真っ先に声を掛けにいきたい存在です。

ただし泥酔している女性はNG。その場で会話やお酒を楽しむだけならともかく、ワンナイトのセックス狙いとなると、最悪、警察沙汰にもなりかねません。

ナンパは最低限のコミュニケーションがあって初めて成り立つ行為。酔っているにしても、ほろ酔いくらいの女性を狙うと良いでしょう。

 

特徴②:複数人で飲んでいる

赤信号みんなで渡れば怖くない、ではありませんが、人は複数人でいるとリスクや警戒心を感じにくくなり、突然のナンパにも「えーどうするー」と言いながらも応じやすい傾向にあります。

特に2~4人だと中にはノリの良い女性もおり、他の乗り気でない友達をせっつくような形でテーブルを囲うことも可能です。

しかし中には純粋に女子会を楽しんでいる人たちもいるので注意。複数人で飲んでいるからといってすぐにナンパするのではなく、少し様子をみて、大丈夫走なら声を掛けてみましょう。

 

特徴③:退屈そうにしている女性はナンパしやすい

スマホを見ていたり、周りをきょろきょろしていたり、1人で退屈そうにしている女性もまた、居酒屋ナンパに応じてくれやすい。理由は単純。寂しいから。

大衆居酒屋でひとり飲みしている女性はあまり見かけませんが、少し落ち着いた店に入ると、意外とひとりでお酒を楽しんでいる方は多い。

もしその女性が退屈そうにしているようであれば、声を掛けてみるのも一興。「僕も1人なんですけど、良かったら一緒に飲みませんか」などとナンパしてみると、意外と成功してしまうかもしれませんよ。

 

特徴④:ファッションが緩い

ファッションが緩い女性は、股も緩いと言われています。ここでいうがファッションが緩いとは「隙がある」という意味で、統一感がなかったり、あるいは胸元や脚などがルーズな服装のことを指します。

外見、特にファッションはその人の内面がよく現れます。居酒屋などではファッションに注目してみるのも良いかもしれませんよ。

 

特徴⑤:靴やバッグなどに無頓着な女性

パッと見のファッションはきちんとしているのに、よく見ると靴やバッグ、持ち物が汚れていたり、あまり手入れされていない様子が伺える。

こういった女性は見た目だけきっちりしていて、内面はルーズである傾向が強く、細かい点を気にしないことから、非常にセックスに持ち込みやすい。色んな意味でのだらしなさが、端々から漏れてしまっているのです。

また、大きいカバンを持っている子も狙い目。

大きいカバン=物がたくさん入っている=整理整頓できない=だらしない

カバンの中がぐちゃぐちゃな女性も同様なので、居酒屋ナンパの際は周囲の女性をよく観察してみましょう。色んな発見があると思います。

 

居酒屋ナンパを成功させるテクニック

酒屋ナンパを成功させるテクニックをご紹介

居酒屋ナンパの基本的なステップは以下の通り。

  1. 声を掛ける
  2. 一緒にお酒を飲む
  3. LINE交換 or お持ち帰り

この際、居酒屋ナンパを成功させる具体的なテクニックをご紹介します。どれも簡単に実践可能で、かつ効果的なテクニックなので、ぜひ参考にしてください。

 

テクニック①:週末の居酒屋に出向く

週末の居酒屋はお客さんでいっぱい。翌日が休みということで羽を伸ばしている女性も多く、より解放的な気分になっているので非常にナンパがしやすいと言えます。

狙い目は金曜日よりも、土曜日。金曜は居酒屋が混雑し過ぎていて、逆に声が掛け辛いのです。その点、土曜は程良い混雑具合でナンパしやすく、また昼飲みしている女性を狙えるのも大きなメリット。

平日の活動も悪くはありませんが、翌日に仕事があるとやはり敬遠されがち。サクッとナンパしてLINE交換できたら上々の成果と言えるでしょう。

 

テクニック②:人数を合わせる

居酒屋ナンパにおいて人数は非常に重要。男性側が多ければ威圧感や警戒心をもたらしてしまうし、逆に女性側が多ければ、その余った人に気まずい思いをさせてしまうことになります。

ナンパ相手を吟味する際は、こちらの人数プラスマイナス1人を目安にすると良いでしょう。それ以上だと効率が悪くなってしまいます。

居酒屋ナンパは複数で行うことで成功率がグンとアップします。できればピンで行動するのではなく、友人などを誘った上でナンパを敢行しましょう。

 

テクニック③:居酒屋ナンパはタイミングが重要

やたらめったらに声を掛けても、ナンパは成功しません。居酒屋ナンパの声掛けは、タイミングが非常に重要なのです。

  • 女性がどれくらい酔っているのか
  • 場の空気感

観察すべきはこの2点。

女性が酔っていればそれだけナンパに応じてくれる可能性は高くなりますし、場の空気も暖まっていればいるほど、ノリと勢いで押し切りやすい。

初めはなかなか難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきます。絶好のタイミングを見逃さないようにしましょう。

 

テクニック④:ナンパに成功・失敗したら居酒屋を移動する

ナンパした居酒屋にずっと居座るのは得策ではありません。空気がマンネリ化し、場が白け、つまらないと思われてしまうからです。

ナンパが成功してテーブルを共にできたら、タイミングを見計らって店を移動しましょう。空気をリセットすれば、再び新鮮な気持ちでコミュニケーションを開始でき、トーク力不足を誤魔化すことができます。

この際、相手の女性が終電を気にするようであれば、無理に引き留めることはしないように。しつこいナンパはご法度ですからね。しかしLINE交換だけは忘れずに行いましょう。チャンスはまた次回に持ち越し、というわけです。

 

居酒屋ナンパで声を掛けるタイミング

意外と難しい、居酒屋ナンパにおける声掛けのタイミング。タイミングによってはせっかくのチャンスをふいにしてしまうこともあり、不安ですよね。

そこで、ここでは居酒屋ナンパで絶対に失敗しない声掛けタイミングをご紹介します。ぜひ勇気を持って、お声掛けください。

 

女性がトイレから帰ってくるタイミングでナンパ

女性がトイレに立ち、帰ってくるタイミングで話しかけると、良い具合に2人きりになることができます。この際の声掛け例としては、

「凄くキレイだなと思って、声かけちゃいました」
「トイレって、ここで合ってますか?」

などなど。ナンパ初心者の方は下の例を会話のきっかけにすると良いでしょう。

なお、トイレに行くタイミングはNG。女性の本来の目的はトイレ。「早く行きたいんだけど」とイライラさせてしまいます。

 

お酒や料理をお裾分け

お酒や食事をあえて多めに頼んで、「頼み過ぎちゃったんだけど、良かったらどうですか?」と声掛け。ナンパのきっかけとしては非常にポピュラーな方法です。

相手の女性も驚きはするでしょうが、タダで貰えるとあって喜んでくれます。もちろんこちらの下心は完全に見透かされているでしょうが、それゆえ、

貰ってくれる=ナンパOK

の方程式が成立しやすく、その後の発展に繋げやすい。

なお、当たり前のことですが食べ掛けや飲みかけはNG。ナンパ用に新しく料理を頼むと、成功率も高くなります。

 

レジで会計中にナンパ

帰り際を狙うのは居酒屋ナンパの常套手段。特に出入り口付近で溜まっている、あるいは周囲をきょろきょろしながらゆっくり歩いている女性は狙い目。まだ飲み足りないという気持ちに乗じて、声を掛けましょう。

ちなみに、このタイミングで声を掛けるなら店内で何らかの接点がなければなりません。眼が合っていたり、軽く話していたり。

トイレで声掛け、からのレジで会計中の締め。このコンボは割と有用。「ああ、さっきの」といった具合でナンパすれば、存在を知られている分、警戒心の薄い状態で声掛けを行うことができます。

 

脈あり!?居酒屋ナンパで攻めるべき時

攻めるべきか、引くべきか。居酒屋ナンパにおいては時に、このような決断を迫られる時があります。

ここでは、そんな居酒屋ナンパで絶対に攻めるべきタイミングをご紹介。脈ありの波動を感じ取ったら、そのチャンスを逃さず、しっかりと掴み取って下さい。

 

眼が合う

違うテーブルで飲んでいる時、ふとした瞬間に眼が合う。これは相手の女性もこちらを気にしているサインかもしれません。

もちろん勘違いである可能性もあります。小学生にありがちな勘違い。なので、声を掛ける前に微笑みかけるなどして事前の確認をしておくことをおすすめします。

微笑みが返ってきたら、ナンパのチャンス。お酒や料理をお裾分けする口実でも作ってあげて、声を掛けにいきましょう。成功率は、そう低くはないはずです。

 

誘いに応じるか迷っている

居酒屋でナンパをした時、女性同士がよく「えーどうするー」などと顔を見合わせたりしますが、これは絶好のチャンスです。

というのも、女性がこういった言葉を発する時は「受け入れるかどうか」を迷っているのではなく、

「私は別に良いけど、あなたは?」

という確認を眼でしているだけだからです。あるいは「あなたがオッケーって言ってよ」と軽い女と思われるリスクを他人になすりつけようとしているのですね。

いずれにせよ、女性の「どうする」はポーズでしかありません。居酒屋ナンパにおいてこのセリフはGOサイン。存分に攻めましょう。

 

声を掛けた瞬間のノリ

ノリの良さは声で分かります。明るく、張りのある声であればテンションが上がっているという証拠。ナンパを受け入れる準備も万全ということで、完全に攻め時です。

反対に、声を掛けた時、目を伏せ、伺うように互いを見ている女性は旗色が悪い。声を掛けた瞬間にノリの悪い女性がその後、改善を示す可能性は著しく低い。

もし攻めるべきか迷ったら、とりあえず声を掛けてみましょう。決断はそれからでも遅くありません。

 

絶対NG!居酒屋ナンパで撤退すべき時

いくら成功率の高い居酒屋ナンパでも、時には失敗します。引き際を弁えて、いらぬ精神的ダメージを負わないようにしましょう。

居酒屋ナンパで絶対に撤退すべきタイミングをご紹介します。

 

ナンパ直後にシンプルに断られる

「結構です」とか「そういうのいいんで」と断られることは、居酒屋ナンパでもよくあります。無視やスルーでない分、非常に良識的な反応ですね。

断られたら、引き下がらずにすぐに引き下がりましょう。しつこく食い下がっても何も良いことはなく、むしろ店に迷惑をかけたり、周囲から白い目で見られたりと、デメリットだらけです。

声を掛けて断られたら、その店は出ましょう。女性も居心地が悪いでしょうし。決して同じ店で別の女性をナンパしたりはしないよう、お気を付けください。

 

ナンパしても明らかに白けている

声を掛けた瞬間もそうですが、一緒に飲み始めて場の雰囲気が白け始めたら、それはもう撤退のタイミングかもしれません。

同性同士で話している、頻繁にスマホを見ている。これが女性の白けのサイン。居酒屋ナンパにおいて白けた空気ほどきついものはない。

2軒目に移動するなどして改善される場合もありますが、一度冷えた空気を戻すのは至難の業。素直に撤退して別の女性をナンパをした方が、あるいは良いかもしれません。

 

居酒屋で泥酔している

上でも少し触れましたが、泥酔している女性に関わるのは止めておいた方が良い。介抱しなければならない場合もありますし、人によっては記憶がなく、不審者に間違われる可能性もあります。

ニュースでもよく聞きますよね。泥酔させた上に云々と。警察のお世話になりたくないのであれば、居酒屋ナンパでは健全に、程良く酔っている女性を狙いましょう。

 

居酒屋ナンパからワンナイトラブした体験談

居酒屋ナンパからワンナイトラブを成功させた体験談

友人2人と共に出向いた居酒屋、そこに良い感じに酔った3人組の女性グループがいて、思わず声を掛けちゃいました。

「ちょっと料理頼み過ぎちゃったんだけど、良かったらどうです?」

頼みたての料理をお裾分けに行くと、「えー」「いいの?」などときゃいきゃい騒ぎながら、女性たちはそれを受け取ってくれました。見た目は30代手前くらい。十分にイケる。

それから程なく、僕は再び女性たちの元に出向き、

「こっちも3人なんですけど、良かったら一緒に飲みませんか?」

と誘いました。すると女性たちはニヤニヤと笑いながら、互いに目配せし合う。

「えー、どうする?」
「料理ももらっちゃったしねー」
「ナンパ、されちゃう?笑」

突然のナンパにテンションが上がっている女性陣。もちろんナンパは成功しました。居酒屋の中は満席だったので、6人で別の店へ移動。

その店も居酒屋然とした雑多な店だったのですが、それ以上に雑多だったのが僕たちの会話。中身がないにも程があって、わたがしでももう少し噛みごたえあるよな、といった塩梅でした。

しかし酒に浮かされたようなそのやり取りに、テンションはぐんぐん上がり、店を移動して小1時間経つ頃には、僕たちは勢い任せに店を出ていました。

「次、どこ行くー?」
「カラオケか、バーか……って、あれ」
「どしたの」
「あいつら、どっか行っちゃった」

気付けば友人2人は、女性の友人2人と共に行方をくらましていました。まあ、そういうことなんだろう。僕は思い、そして彼女も同じ考えを抱いたように「ほんとだ」とくすくす笑いました。

終電はすぐになくなっている。僕たちはどちらからともなくラブホテルに入りました。アルコールが入ってくらくらというより、もはやぐらぐらする頭でも避妊のことは念頭にあって、

「やだ、偉い、ゴム着けてくれるの?」

というさもワンナイトは生ハメが当たり前といった風情のセリフを耳に、僕はしっかりコンドームを着けて、セックスをしました。

翌朝、ホテルを出て、改札で別れる。その後、LINEで女性から連絡がきて、僕はその時に初めて、彼女がめぐみという名前であることを知りました。

「あんま覚えてないけど多分楽しかったー、また飲もうね」

僕はそのメッセージに「ぜひ」とだけ送る。

その後、友人たちに話を聞いたところ、なんと向こうは4Pをしていたとのことでした。酒に酔った末の、ドロドロ4P。ほんと居酒屋ナンパは夢がありますね。

 

居酒屋ナンパはハードルが低くておすすめ!

居酒屋ナンパは様々あるナンパ方法の中で、最も成功率の高いもののひとつです。初心者でも声を掛けやすく、かつ失敗によるダメージも浅い。

もちろん店への迷惑とか、そういうことは考えなければいけません。マナーなきナンパは、もはや犯罪と同義ですので。

しかし、それを差し引いても居酒屋ナンパは非常におすすめです。アルコールが入っている状態でナンパできるのは、居酒屋だけですからね。そりゃ成功率も高くなります。

あなたもぜひ、居酒屋ナンパをお試しください。ワンナイトラブの実現も、夢ではないはずですよ。