ワクワクメールの激ポチャ女の写メ

ワクワクメールで出会った激ポチャ女にパイズリしてもらったw

出会い系サイトではいろんな条件女性を検索することができるものが多いです。

 

そんな中で今回はぽっちゃりな女性をターゲットにして検索してみました。

 

経験上ぽっちゃりの女性は意外と条件面ではお手軽で楽しめることが多い気がします。

 

ちょいポチャくらいなら全然大丈夫なのですが中にとてつもない方もいますので見極めも大切です。

 

そんな中見つけたのはこちらの女性です。

ワクワクメールでみつけた激ポチャ女

プロフの写真を見る感じはまぁぽっちゃりだろうなぁ・・・

 

という印象です。

 

まぁそんな女性を探してるからまぁいいか。ととりあえず連絡してみることに。

何通かサイトのメールでやりとりしているとラインのIDをゲットしたので早速やり取りすることにしました。

ワクワクメールの激ポチャとのLINE

待ち合わせ場所は女性の家の近くの公園を指定してきました。

 

実はこの公園の付近はホテルがすぐ近くにある場所。

なんだか業者の可能性も出てきましたが値段が安いので気にせず話を進めていきます。

 

女性の提示条件が高い場合はその時点で断るのもまた大切です。

 

損はしたくないですからね。

 

サイトのプロフ以外の写メも要求してみるのもいいかもしれません。

 

最近のアプリでは加工の技術もすごいので加工してないものも見ておきましょう。

 

ただあんまりしつこく要求するとやり取り自体もできなくなりますので注意してください。

 

そんな中で送られてきたのがこちらの写メです。

ワクワクメールの激ポチャ女の写メ

うーん。何とも微妙。

 

サイトのプロフの完全版的な写メです。

 

まぁ胸を見せてくれたのでよしとしましょう。

 

胸の形もいい感じなので明日時間だけ合わせて待ち合わせ場所に向かうことにしました。

 

指定された公園はかなり大きな公園です。

 

そして人もたくさんいます。

 

そんな中女性を載せてホテルへ行くなんてなかなか勇気がいります。

 

いろいろ考えながら車を走らせて無事に到着。

 

早速ラインをしてみると女性もすでに待ち合わせ場所に到着しているとの事。

 

自宅の近くならばそりゃそうだ。なんて思いつつこちらの車の特徴を教えて女性が来るのを待っていると、後ろからそれらしい人影が近づいてきて助手席の窓をノックします。

 

ふと見てみると・・・

 

うーん。ぱっと見ではわからないけど明らかに大きい女性が居ました。

 

いきなりドアのロックを解除すると乗り込んでくる人もいるのでとりあえず窓を開けてみると

 

女性「こんにちは。サイトの方ですよね?」

 

ワシ「はい。そうです。こんにちは。」

 

話す漢字は普通だったのでドアを開けて車に乗せてすぐそこのホテルへ向かうことにしました。

 

車で3分くらいのところだったと思いますw

 

移動中少しだけ話をしましたがとても気さくで話しやすい感じです。

 

この点はいいですね。

相手にもよりますがコミュニケーションをまともに取らない人もたまにいます。

 

そういう人に当たるとやはり楽しさも薄れます。

 

そうこうしているうちにホテルの駐車場へ到着しました。

 

外観はかなり年季の入ったホテルです。

 

女子曰くこのホテルは安くてまぁまぁ広いとの事。

 

安い分にはありがたいです。

 

で早速部屋を決めて向かうことに。

 

1部屋3000円はかなり破格です。

 

部屋に入ると女性がそそくさとお風呂にお湯を張りに向かいます。

 

慣れてるなぁ・・・

 

と思いつつソファで腰を掛けてお風呂のお湯が溜まるまでトークすることに。

 

なんでも女性は結婚していて旦那とはしばらくご無沙汰で欲求不満が溜まってるのでサイトで発散しているらしいです。

 

世の中そんな女性ばっかりだったらいいのに・・・

 

そのストレスからめちゃめちゃ食べるようになり太ってしまったらしいです。

 

ありがちといえばありがちです。

 

現段階ではそこまで太っているようには見えませんが、本人曰くすごいらしいです。

 

そんな話をしているとお風呂のお湯が溜まったみたいなので2人で入ることにします。

 

脱衣所で服を脱ぐのかと思いきやその場で脱ぎ始めました。

 

それを見て愕然としました・・・

 

ワクワクメール激ぽちゃ女の体

 

マジかよ。ワシより腹肉すごいことになってるじゃん・・・

 

それに胸ももらった写メと全然違うし・・・

 

やられた・・・というよりやっちまった・・・

 

まさかここまでとは・・・

 

しかし今更お断りをできる状況ではありません。

 

女性はもう裸です。

 

ワシはまだ服は脱ぎ掛けですが・・・

 

こうなればやるしかない!

 

でも徹底的に受けにまわる!

 

と心に決めてお風呂に向かうことに。

 

これは自分のせいでもあります。

 

むしろ女性に非はありません。

 

などとお風呂で思いながら体を洗います。

 

その後一緒に湯舟に浸かりますが案の定溢れました。

 

まるで洪水でも起きたかの如く流れていきました。

 

でも肩まで疲れるお湯は残っているんです。

 

不思議なもんですねぇ。

 

などとしているうちに体が温まったのでお風呂を出ることに。

 

体を拭いている光景を近くで見ているとなかなか迫力があります。

 

このあともっと迫力あるんだろうなぁ。

 

と考えながら体を拭きます。

 

そしてバスローブを羽織ってそのままベッドへ寝ころびました。

 

寝ころんでいるワシの隣へおもむろに女性が来ます。

 

悔しいかな、なかなかいい匂いがします。

 

匂いフェチなワシは不覚にも反応してしまいました。

 

しかしひたすら受けに徹すると決めたのでこちらから攻めることはほぼしません。

 

寝ころんでいるワシにキスをしてきます。

 

これが意外?に上手いです。

 

絶妙な感じで舌を絡めてきます。

 

そしてそのまま乳首を責めに来ます。

 

この舐め方もうまいです。

 

気が付くと乳首を責められながらテコキをされていました。

 

だいぶ慣れてる感じがします。

 

ですがやはりサイズがでかすぎて何とも言えません・・・

 

しかし体は正直なものでギンギンになっていました。

 

しかも危うく発射してしまいそうでした。

 

体型がちょいポチャくらいならがっつり責めたいのですが・・・

 

そうこうしていると女性が

 

女性「今度は責めてほしいな♡」

 

と要望が。

 

やっぱそうなるよねぇ・・・

 

と思いつつ責めを開始します。

 

こちらもキスをしながら乳首を責めてあげるとものすごい声で喘ぎます。

 

ラブホテルでなければ確実にクレームが来ます。

 

胸を揉もうとするのですがでかすぎて手に収まりません。

 

巨乳好きなワシですがこのサイズ感はなかなかです。

 

女性「このまま挟んでみる?」

 

とお誘いがあったので遠慮なくパイズリさせていただきます。

 

備え付けのローションを付けていざ勝負。

 

おぉ。これは気持ちいい。

 

胸の形はそこまでよくはありませんが柔らかさは抜群です。

 

女性はちゃんと胸で挟んでくれるように手を添えて

アシストしてくれています。

 

そして胸をいい感じで揺らしてくれています。

 

めちゃくちゃ気持ちいいです。

女性「どう?気持ちいい?」

 

ワシ「うん。最高。」

 

とひたすら腰を振り続けていました。

 

女性「もう少しローション追加するね。」

 

とローションを胸にたらします。

 

ローションの追加によって女性の胸はさらにドロドロ。

 

そしてめっちゃ気持ちいいです。

 

我を忘れて腰を振っているとそろそろイキそうになってきました。

 

ぶっちゃけ挿入はもういいかなぁ・・・なんて思っていたので女性にはイキそうなのを黙っておいてそのまま発射してしまおう!

 

と思いそのまま続けます。

 

そしてついに発射!

 

女性の谷間にものすごい量の精子が流れ込みます。

 

女性「え?いっちゃったの?」

 

ワシ「うん。ごめんね。あまりにも気持ちがよかったから・・・」

 

女性「えー 入れてほしかったー」

 

ワシ「ごめんねー。」

 

といいつつもそのままシャワーを浴びに行きます。

 

そうです。早く帰りたいんです。

なにを言われるかわかりませんのでこの場から一刻も早く出たいんです。

 

すると女性もシャワーに来て一緒に浴び始めます。

 

なにか言われるのかなぁ。なんて思ってましたがなにも言いません。

 

とくに会話もすることもなく二人とも着替えてそのままホテルを出ます。

 

ほぼ無言で女性を送りそのままバイバイ。

 

たぶん今までで一番の相手でした。

 

次からはぽっちゃりでもちゃんと相手を見極めてから会いに行こうと思うそんな一日でした。