セックスしたい

今すぐセックスしたい!すぐにヤレる女性との出会い方を紹介

ムラムラしてるのに、肝心のセックス相手がいない。そんな今すぐセックスしたいあなたのために、すぐにヤレる女性との出会い方を徹底的にご紹介します。「今すぐセックスしたい!」ふとそんな衝動に駆られる時って、ありますよね。即ハメを成功させるコツや注意点も同時にお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • セックスがしたい方は出会い系サービスやハプニングーを利用すると高確率でできる
  • セックスがしたい方はクラブやバー、SNSを利用すれば無料でセックスができる
  • セックスがしたい場合、ワンナイトラブを成功させるコツを身に付けておくべき
  • 下ネタにオープンな女性、優柔不断な女性はセックスしやすい
  • お酒に酔った状態はノリが良くなるのでセックスしやすい
  • 「明日予定がない」アピールをする女性はセックスをしたがっている可能性が高い
  • 出会い系やSNSでマッチングした女性にぼったくられることがあるので注意する
  • マルチ商法やFX・仮想通貨ビジネスへの勧誘に注意する

 

セックスがしたい時におすすめのサービス

セックスしたい

まずは今すぐセックスしたい時に、オススメのサービスをご紹介します。ここでお伝えするサービスはどれも基本的に有料ですが、そのぶんセックスへとつながりやすい。自分の懐具合と相談した上で、ぜひご活用ください。

出会い系サービスを利用する

今や出会いの定番として日常に浸透している、出会い系サービス。一般には恋活や婚活目的のサービスとして知られていますが、実はセフレやワンナイトラブの相手を見つけるのにも適しています。

セックス相手を見つけるのに出会い系サービスを利用するメリットは、以下の3つ。

  1. ユーザー数が多く、出会いの数も豊富
  2. 誰にも知られずにセックス相手を探せる
  3. スマホのみで完結するので、利用場所を選ばない

ユーザー数が1000万人を超えているサービスもあり、出会いの数は文字通り断トツ。性欲を持て余しがちな女性がこっそり登録してもいるので、即ハメ率は非常に高いと言えます。ベッドに寝転がりながらや、通勤時間などに気軽に利用できるのも、大きな魅力ですね。

なおいわゆるマッチングアプリと呼ばれるサービスは、あまりオススメできません。こういったアプリは恋活・婚活がメインで、セックス相手を探すのには向いていないのです。アダルト目的で利用するなら、必ず出会い系サービスにしましょう。

恋活・婚活パーティに参加する

恋活や婚活パーティーに参加するのも、1つの手ですね。パーティーに参加しているということは、出会いを積極的に求めているということでもあり、大人の関係につながりやすいと言えます。

 


ただし恋活・婚活と名前にある通り、パーティに参加するのは基本的に真剣な出会いを求めている女性ばかりです。中には「交際してからでないとセックスはできない」という人もいるでしょうし、セックスをした結果、交際や結婚を迫られる場合もあります。

意外と参加費が高いのも、デメリットの1つです。安くて3000円、高いパーティーだと1万円近くの参加費を取られる場合もあり、あまりお財布には優しくありません。

セフレ探しのみというよりかは、恋活や婚活を兼ねた活動をしたい方にオススメのサービスですね。

風俗・ソープを利用する

今すぐセックスしたいのなら、いっそ風俗やソープを利用してしまうのも良いでしょう。お金を払えば確実にセックスできる上、プロなのでテクニックも保証済み。無駄な時間が一切掛からないのも、大きなメリットですね。

しかしご存知の通り、風俗やソープは料金が高い。おいそれと利用できるサービスではありません。

またどんなに頑張ってもセフレ化できない点も、デメリットとして挙げられます。その場限りの性欲発散ならともかく、ムラムラするたびに数万を払っていては、どれだけ稼ぎがあっても足りません。

もし定期的なセックス相手を探しているなら、その利用料を出会い系サービスにつぎ込んだ方が、最終的には良い結果が得られるはずです。

ハプニングバーに行く

初対面同士の突発的な行為を楽しむ、ハプニングバー。様々な性癖を持った人が集まる場所としても知られるこちらのサービスですが、アダルトなハプニングが前提でもあるため、出向けばほぼ必ずエッチな行為が楽しめます。

 


しかし複数プレイやアブノーマルプレイなど、様々なプレイが楽しめる一方で、客同士のコミュニケーションが重視される側面もあり、風俗やソープのように、店に入ればそのままセックスができるというわけではありません。

また店によっては単独男性の入店がNGだったり、入店はOKでも、入会金と入場料合わせて数万円取られる店もあり、ハードルはなかなか高めです。

インスタントなセックスというよりかは、雰囲気や出会う相手との交流も楽しめる方に、オススメのサービスです。慣れると非常に面白い場所でもありますので、試しに1度行ってみると良いでしょう。

無料でセックスする方法

無料でセックスする方法

続いては、無料でセックスする方法をご紹介します。コスパが良い反面、いくつかデメリットも存在するので、そちらも同時にお伝えします。

元恋人に連絡をする

別れた元カノがそのままセフレになるのは、世間的にもよくあること。「久し振り」と連絡を取れば、そのまま昔を懐かしむように再会、簡単にホテルまでいけるかもしれません。

 


かつては恋人関係だっただけに、身体の相性は保証済み。後腐れのないセックスができるのもメリットで、性欲発散のみを目的とした関係で、かつてはできなかったアブノーマルなプレイにもチャレンジできたりします。

しかし下心丸出しな元カレからの連絡を嫌悪する女性も、中にはいます。元カノを通じて、そういった行為が仲間内に伝わる可能性もあるので、連絡を取る時はひとまず下心を封印し、近況を訊ねるくらいからスタートすると良いでしょう。

クラブ・バーでナンパする

クラブやバーは、ワンナイトセックスの宝庫。男性はもちろん、ナンパされるために来ている女性も多く、即ハメの期待値は非常に高いと言えます。

しかしクラブやバーに来るような男はイケメンだらけで、それだけに女性の眼も肥えまくり。フツメン以下ではまず相手にされず、ホテルに連れ込むどころか、まともに話すのすら難しかったりします。

路上でのナンパより難易度が低いのは確かですが、慣れていないと精神的なダメージを負うだけで終わってしまうことも。チャレンジする時は、それ相応の覚悟を持って臨みましょう。

SNSでセックス相手を探す

Twitterやインスタグラムなど、無料で利用できるSNSでセックス相手を探すのも1つの方法ですね。特にTwitterはユーザー数が出会い系以上に多く、上手くいけば複数のセックス相手を確保することもできます。

実際にSNSを使って、素人の女性を喰いまくってる男性は存在します。いわゆる「裏アカ男子」というやつですね。

 


しかしSNSでセックス相手を探すのは想像以上に難しく、そして面倒。とにかくライバルが多い上に、ネカマや冷やかしなども横行していて、時間帯効率が良いとは言えないのが現状です。

とはいえSNSがセフレ探しとして優秀なのは事実。今すぐに成果を求めず、他の方法と並行して利用するなど、長い目で使ってみると良いでしょう。

掲示板サイトでセックス相手を探す

掲示板サイトとは、

掲示板サイトでセックス相手を探す

こんな具合に、掲示板に募集を書き込んだり、あるいは女性の募集に連絡を取る形で、異性との出会いを求めるサイトです。

無料で利用できる上、アカウントの登録も必要なし。使い方もLINEのIDやメールアドレスを載せるだけと非常に簡単で、実際数多くの男性がこういった掲示板サイトを利用しています。

しかし正直あまりオススメはできません。というのもこういったサイトにまともな女性はほとんどおらず、連絡がきたとして、その大半はネカマか冷やかし。中には悪質な詐欺サイトへと誘導する「業者」と呼ばれる存在もいたりして、どう転んでもセックスに繋がることはないのです。

試しに1度使ってみるのはアリですが、大切な個人情報を晒したり、怪しげなサイトに登録しないように。最悪、架空請求などの犯罪に巻き込まれる恐れがあります。

ワンナイトラブを成功させるためのコツ

ワンナイトラブ成功のコツ

ここまでセックス相手がゲットできるサービスやスポットをご紹介してきましたが、そこを利用するだけで自動的にセフレができるというわけでは、もちろんありません。それにはちょっとしたコツが必要なのです。

ワンナイトラブを成功させるためのちょっとした、しかしそれでいて非常に重要なコツをご紹介します。

下ネタにオープンな女性を狙う

もしセックスしたいと思っている女性がいるのなら、その人にさりげなく下ネタを振ってみましょう。それにノリ良く反応してくれるようであれば、ワンナイトラブ成功率は非常に高いと言えます。

下ネタにオープンということは、性に対するハードルが低いということでもあります。そうなると当然セックスに対するハードルも低く、ワンナイトラブへの抵抗もほとんどありません。

もちろん下ネタにオープンな女性全員が、ワンナイト肯定派というわけではありません。中には単純にノリが良いだけだったり、下ネタと実際の行為は別と考えている方も、少なくありません。

しかし下ネタは、ワンナイトラブが行けるかどうかの指標でもあります。いきなりホテルに誘うのではなく、まずは下ネタを振ってみて反応を確かめてみましょう。

優柔不断なメンヘラを狙う

メンヘラのセックスのしやすさは、あまりに有名ですね。褒めたり、慰めたりして相手の承認欲求を満たせばそれだけでセックスができる、超優良物件です。その主な特徴を、簡単にご紹介しておきます。

  • 深夜に活動している
  • 自虐めいた呟きや投稿をしている
  • 呟きや書き込みの頻度が異常に多い
  • 極度のさびしがりや・かまってちゃん
  • 感情の起伏が激しい

出会い系やSNSの普及した今、メンヘラを見つけるのは非常に容易です。ネットほど、メンヘラが目立つ場所はありません。

 


しかし既にご存知の方も多いと思いますが、メンヘラは危険な存在でもあります。1歩間違えれば、警察沙汰になることもあるので、関係を持つのはワンナイト程度に留めておきましょう。

お互い酔っ払った状態を作る

お酒以上に、ワンナイトラブに最適な状況を作り出せるものはありません。お酒には良いムードを作る他、判断能力を低下させる効果もあり、それを利用して、非常に簡単に女性をホテルに連れ込めます。

 


ただし飲み過ぎにはご注意を。飲み過ぎると、肝心な時に下半身が立ってくれなかったりして、非常に情けない思いをする羽目になります。

また飲ませ過ぎた女性をホテルに連れ込む際も、注意が必要です。もし相手の記憶がない場合、合意なき性行として、レイプ認定される恐れがあります。

お酒を飲む時は、せめてほろ酔い程度に。適度な飲酒はセックス時の快感を増幅させる効果もあり、セフレ化も夢ではありません。

セックスしたいとはっきりと誘う

下手に策を弄するよりも、男らしく「セックスしたい」と告げた方が、女性の反応が良い場合もあります。なんだかんだ女性は肉食系に弱いもの、力強い誘いに思わず首を縦に振ってしまうものなのです。

もちろん知り合って早々に誘うのはNG。誘うのはあくまで、最低限の関係ができあがってからです。

また「ヤリたい」などの、下品な表現もできるだけ避けた方が良いでしょう。言葉選びは結構重要で、ちょっとした表現1つで、女性の気持ちが一気に冷めてしまうことも十分にあり得ます。

どうしても最後の詰めが上手くいかない時は、思い切って「セックスしたい」と誘ってみましょう。その意外なほど高い成功率に、あなたもビックリすること間違いなしです。

女性がセックスしたいと思うタイミングと特徴

女性がセックスしたいと思うタイミング

性欲は男女平等に備わっているもの。時に女性の方から、さりげなくセックスに誘ってくる場合もあります。

ここでは女性がセックスしたいと思うタイミングと、その特徴をご紹介。女性からのムラムラアピールを、見逃さないようにしましょう。

ボディタッチが多い

ボディタッチの多さは、ムラムラの表れ。口では直接誘えないから、「そっちから誘って」と、行為でセックスアピールをしているのです。

人によってはスキンシップが多いだけの場合もありますが、それはそれでチャンス。女性が好意を持っていない男性にボディタッチをすることはないため、セックスに誘えば高確率でホテルに連れ込めます。

明日予定無いアピール

もし女性が何の脈絡もなく「明日休みだけど、何も予定ないんだ」と言い始めたら、それは絶好のセックスチャンスです。

 


「予定ないアピール=夜遅くまでOK or お泊りしたいな」の等式が成り立ち、99%の確率で、その日の内にセックスまで持ち込めます。

もちろんただの報告の場合もあるので、焦りは禁物。「次どこに行こうか?」など探りを入れつつ、女性の真意を確かめましょう。

酔った勢いで手を繋いでくる

酔った勢いで、女性の方から手を繋いでくる。これはもうあからさまなセックスアピールですね。まさに「このままホテルに連れて行ってくれてもいいよ」の合図です。

同じく腕を組んでくるのも、セックスアピールの1つです。「異性の身体に触れる=人肌恋しい」ということなので、そのままさりげなくホテル街に誘導しましょう。

なおこの際「ホテル行く?」などと、野暮なことを言ってはいけません。女性の身体を引くように、無言でラブホテルに入店。これこそが女性の求める最良のエスコートです。

男性の匂いを褒める時

匂いと性欲には、密接な関係があります。イイ匂いのする異性とはセックスの相性が良いとよく言いますが、それはなんと事実で、実際スイスで行われた実験でも、それは証明されています。

「生物は、自分となるべく異なる遺伝子を持つ相手と交配することで、より強い生命力を持った子孫を残そうとする傾向があります。その遺伝子を見分ける方法がにおいなのです。スイスにあるベルン大学のクラウス・ウィトキンス博士が、大学生の男女を対象に、男性が2日間着続けた木綿のTシャツのにおいを女性たちに嗅いでもらい、好感度のある順番に並べるという実験を行いました。このTシャツ実験で、産む性である女性たちはMHCという免疫をつかさどる遺伝子の値が遠い男性のTシャツほど、『好きなにおい』と回答したそうです」

出典:https://zexy.net/contents/lovenews/article.php?d=20131118

遺伝子が遠い人とのセックスは、より優秀な子孫を残すために、本能レベルで快感を得やすくなっているのです。

つまり女性があなたの匂いを褒める時、それは無意識の領域であなたに性的な魅力を感じているということ。匂いを褒められたら接近して、さらに匂いを嗅がせましょう。そうすれば本能に従って、最高のセックスができるはずです。

出会い系やSNSでセックスする際の注意

SNSや出会い系でセックスする際の注意点

出会い系やSNSは、確かにセフレ探しにピッタリ。「セックスしたい!」と思って、すぐに相手が見つかるのは、この2つくらいのものです。

しかし時にそのスピーディーさが、大きなアダになることも。出会い系やSNSでセックスする際の注意点をご紹介します。

ハイエナ女子に高額請求されることがある

出会い系やSNSは男女の出会いの場であると同時に、ハイエナ女子の格好の狩場でもあります。

ハイエナ女子とは、簡単にいうとタカり行為を行う女性のこと。男の財布でひたすら飲食やショッピングを楽しみ、自らの懐を一切痛めることなく、欲求を満たす悪魔のような女性を指します。

これでセックスできるならまだ救いはありますが、ハイエナ女子はひどくずる賢い。自らの欲求を満たし終えたら適当な理由をつけてさっさと退散してしまい、挙句の果てにラインもブロックされてしまいます。

お金を貢いだところで、その先にセックスは待っていません。居酒屋などで奢るならともかく、過剰なほどの出費を要求されたら、それはハイエナ女子の証拠。財布が空になる前に、解散した方が良いでしょう。

ぼったくりバーに連れていかれることがある

ハイエナ女子と同じくらいよく見かけるのが、ぼったくりバーに男性を連れて行く女性。「知り合いがやってるとこだから」と連れていかれたら最後、とんでもない額の料金を請求されてしまいます。

 


出会い系やSNSで出会う場合、男性がお店を選ぶケースが大半を占めます。一般的なデートでもそうですが、プランを決めるのは大抵が男性で、女性が積極的に店を指名することは、あまりありません。

にも関わらず、女性が特定の店に連れて行こうとする。これは十中八九、何かの思惑が隠れています。もちろんお金を取られるだけでセックスはできませんので、お店を提案された時点で、何かしら理由をつけて帰ってしまった方が得策でしょう。

<絶対に入ってはいけない!「ぼったくりバー」-楽しい気分が一転、高額請求->

客引きに勧誘されて入った飲食店で、事前には想像もしていなかった高額な料金を請求される、いわゆる「ぼったくりバー」に関する相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。

 相談内容を見ると、さまざまな手口が見られます。いずれの事例でも、支払いを強く求められ、消費者が仕方なく支払ってしまうことがほとんどです。また、高額な請求に後になって気付く事例もあります。

出典:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160317_2.html

マルチ商法やFX・仮想通貨ビジネスに勧誘されることがある

見知らぬ相手とスマホ1つで繋がれる出会い系やSNSは、マルチ商法を始め、怪しげなビジネス勧誘の温床にもなっています。

 


実際、筆者も経験したことがありますが、やり口がなかなか巧みなんですよね。カフェでお茶していたら、偶然を装って友人(という名の勧誘者)が合流。そこから延々と話を聞かされる羽目に陥りました。

明らかに怪しいので引っかかることはまずありませんが、難点は、出会う前に見抜くのが難しい点。会ってから判断するしかないので、大きな時間の無駄となります。くれぐれも興味を示したり、怪しげなセミナーに参加したりしないよう気を付けましょう。

<投資被害にご注意ください!>

◆「上場確実ですので、必ず儲かります! 元本も保証します!」
◆「△△社の株(社債など)を買ってくれたら、あとで高く買い取ります。」
◆「被害を回復してあげます。その代わり、別の商品(□□社の株式・社債など)を買ってください。」
◆「郵便や宅配便等で現金を送付してください。」
◆「金融庁(その他公的機関名)の者ですが・・・・」

これらは、入金・送金後に連絡が取れなくなるなど詐欺的商法の可能性が高いため、取引を見合わせることをおすすめします。このような勧誘を受けた場合には、金融庁金融サービス利用者相談室、または証券取引等監視委員会情報提供窓口に情報をお寄せ頂くとともに、最寄りの警察署にご相談ください。

出典:https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/attention.html

性病を移されることがある

出会い系やSNSで知り合った女性とセックスできた! やった!

で終わらない可能性があるのも、ネットの怖いところ。後日チンコがヒリヒリするなと思ったら見事に性病を移されていて、しばらくセックスどころか、オナニーすらままならない生活が続く可能性もあります。

出会い系やSNSで出会った相手とセックスをする女性は十中八九、他の男ともセックスをしています。初対面でホテルに付いてくる女性なら、尚更です。

不特定多数の男とセックスすれば、そのぶん性病を移されている可能性が高くなるのは道理。そしてそんな女性とセックスしてしまえば、容易に性病を移されてしまうのも、また道理です。

性病への対策は、ただ1つ。きちんとゴムをしましょう。安全日だと言われても、ピルを飲んでいると言われても、ちゃんとコンドームを着けるのです。それだけで性病のリスクは、グンと低くなります。

今すぐセックスしたいならとにかく行動あるのみ!

セックスしたいなら行動あるのみ

「今すぐセックスしたい!」頭ではそう考えているのに、実際に行動に移す人はそう多くありません。そんな簡単に、セックス相手が見つかるわけない。内心ではそんな風に、諦めてしまっているからです。

しかし現実はあなたの想像している以上に、セックスに満ちあふれています。それこそ、少し行動すればすぐにワンナイトラブ相手が見つかるくらいには。

今すぐセックスしたいなら、とにもかくにも行動あるのみです。行動なき未来に、セックスはありません。今回ご紹介したすぐにヤレる女性との出会い方を駆使して、あなたも最高のセックスライフを手に入れましょう!