成功率の高いナンパスポットをご紹介

ナンパの成功率が上がるスポットとナンパ方法を解説

ナンパをしてみたいけど、どうやったらいいのか分からない。どんな風に声を掛けたらいいのか分からない。

そんな人に役立つテクニックや方法を紹介しています。

ナンパを成功させたいなら、適切な場所で適切な声掛けをしましょう。

ナンパをする前に知っておくべき5つのこと

ナンパをする前に知っておくべき5つのこと

ナンパをすると決めたなら、最初から細かいやり方やテクニックや方法論に頼るのはやめましょう。

最初からうまくいくわけがありません。まずは数をこなすこと。そして何事もそうですが、基礎・基本を身に着けておくことは重要です。

ここではナンパをするときにまずは知っておくべきことを紹介します。

ナンパは声を掛ける数が重要

質より量という言葉がありますが、ナンパも例外ではありません。沢山の女性に声をかけることで見えてくるものがあります。

服装、歩くスピード、雰囲気、髪型このような情報から声をかけて立ち止まってくれる人なのかそれともスルーされるのか、はたまた暴言を吐かれるのか。たくさん声を掛けることでいろんなことが感覚的に分かるようになってきます。

インターネット上に無数に転がっているナンパ術に惑わされてはいけません。まずは街に出て声をかける。これが一番重要です。いくらテクニックややり方を身に着けたところで声をかける勇気が出なければなんの意味もありません。

特にナンパ初心者にとって大きなハードルの一つが女性に声をかけることです。このハードルは机に向かって知識を増やすだけでは絶対に身に着けることができません。

声をかけたあとにどんな話をすればいいか分からない。そもそもなんて声をかけたらいいのか分からない。そんな人がナンパ術に頼っていると思うのですが、極論なんでもいいんです。女性を安心させること、楽しませること。これがナンパのすべてです。

勉強やスポーツほとんどのことに通じると思います。ナンパを成功させたいならまずはたくさん街に出てたくさん声をかけましょう。

 

断られることに慣れる

ナンパに慣れないうちは精神的に相当なダメージを貰います。なぜならことごとく女性に断られるから。断られるのならばまだいい方です。そのほとんどが無視です。

人に無視され続けると、自分の存在が否定されている気がしてどんどんモチベーションが下がります。ナンパを断念するほとんどの人がこの断られることに慣れずに辞めていってしまっているように思います。

また周りの目も気になるんです。周りから「あいつ今ナンパして断られたな。。。」こんなことを思われているんじゃないか?と想像するとますますモチベーションは下がります。

しかしこればっかりはもう感覚がマヒするまで無視され続けるしかありません。数十人、数百人に無視され続けるとやがて自分が否定されていると思わなくなってきます。そこにあるのは無です。ナンパが失敗しても何も感じません。

また今まで感じていた周りの視線も数をこなしていくうちにやがて気にならなくなります。

 

ナンパは第一印象が大切!マイナス要因は徹底削除

先ほど、やり方やテクニックを勉強する前にまずは街に出て女性に声をかけよう。という話をしましたが、
もし一つだけこだわるとしたら第一印象です。

女性に「こいつないな」と思われないように最低限のケアをしておきましょう。何事にも第一印象は大切です。

 

ヘアースタイルは短髪がベスト

髪型はさわやかな短髪が一番好印象です。できるだけおでこを出すようなヘアーセットにしておきましょう。間違っても長髪や中途半端に長い髪の毛は控えましょう。よっぽどイケメンでない限り好印象には映らないでしょう。

髪色は基本は黒でも問題はありませんが、顔の系統によってはちょっと茶色がかった方がよく見える場合もあります。とくに顔が濃い人は黒髪がきつく見える場合があるので、茶色の方がおすすめです。

 

服装はシンプルなジャケットが無難

服装はあまりごちゃごちゃしていないシンプルなジャケットスタイルがおすすめです。仕事で使っているようなスーツであっても全然問題はありません。事実、仕事帰りにスーツ姿でナンパスポットに行く人もかなりの数います。

パーカーにジャージといったあまりにもラフなスタイルだと、キャッチもしくは陰キャラ扱いされる可能性があるので要注意。

連絡先を交換することをゴールに設定する

ナンパをする際は必ずゴールを設定しましょう。そして設定するべきゴールは連絡先の交換です。中にはナンパしたその日に飲みに行ってホテルまで行く人もいますが、初心者には少しハードルが高めです。まずはLINEを交換することをゴールにしましょう。

なぜゴール設定が必要かというと、話をダラダラと続けてしまい、女性に飽きられるリスクがあるためです。多くの女性はこのあと予定があります。話をすること自体はいいけど今は時間がないという女性も多いでしょう。そのためには目的をもってそこまで最短距離でいく必要があります。

連絡先交換がゴールだと話のテンプレートも作りやすいのでおすすめです。

ナンパを習慣化する

ナンパをすると決めたらなるべく毎日しましょう。少し時間が空いてしまうと感覚が狂います。例えば声をかけるタイミング、話をするテンポ、話題のチョイスなどなど。

1日1人や2人でも構いません。とにかく毎日ナンパすることが重要です。習慣化ができればあなたの感覚はどんどん研ぎ澄まされていくはずです。女性に断られても精神的にダメージを受けにく身体により早く近づくことができます。

 

比較的成功率の高いナンパスポットのご紹介

成功率の高いナンパスポットをご紹介

ナンパのほとんどが無視もしくは断れると分かっていても、やはり少しでも成功率は上げたいものです。そこで成功率を1%でも上げるためのナンパスポットをご紹介したいと思います。ポイントは女性が多い場所に行くこと。そして女性も出会いを求めているような場所に行くことです。

 

ナイトクラブ

最初にオススメするのはナイトクラブです。ナイトクラブのいいところはナンパをするのが当たり前の空間であることです。ナイトクラブに遊びに行く人は、ダンスを踊る、とにかくお酒が飲みたい、異性と話をしたい。大抵このどれかに当てはまります。お酒が飲みたいと異性と話がしたいはセットになっている場合が多く、多くの人が出会いを求めてナイトクラブに遊びにいきます。

そしてお酒が適度に入っているので、相手女性のノリが良いこともナイトクラブをオススメしたい理由のひとつです。問題があるとすれば、ライバルが多いこと。クラブにはあなたのライバルになりそうなイケメンが多いです。当然、そのイケメンたちもナンパを目的にナイトクラブに来ています。

女性はナンパをされるのが当たり前のため、相手が選び放題の環境にいることも理解しておいてください。ちょっとかっこいい、面白いくらいでは、なかなか女性の心は動きません。声をかけるハードルは低いが女性を落とせる確率も低いのがナイトクラブです。

 

ポイント

ナイトクラブでナンパ待ちをしている女性はバーカウンター付近にいることが多いです。クラブに付いたら真っ先にバーカウンターに行き、ドリンク待ちをしている女性に声を掛けましょう。あなたもエンジンをかける必要があります。テキーラで乾杯をして気持ちを高めていきましょう。
うまくいけば、入店5分で連絡先を交換することができます。

またトイレ待ちしている女性もねらい目です。人気のナイトクラブの場合、女子トイレが劇込みします。暇そうにスマホを触っている人も多いので、割と気軽に声を掛けることができます。

 

HUB

HUBはナイトクラブと少し似ているところがありますが、ナイトクラブほど競争率は高くありません。また音楽が爆音で鳴っていないので、話をしやすいのもHUBのいいところです。クラブほどイケイケな空間はちょっと気が引けるが、男の人に声をかけられたい層が集まっているので、
初心者はクラブよりもHUBの方がオススメです。

春の季節は大学生がこぞって遊びにくるので、お店がにぎわっていることが多く、ナンパの練習場所としてもオススメ。HUBは外国人が多いことでも有名です。もしかしたら白人美人とセックスができるかもしれませんので、外国人を狙いたい方はぜひHUBに行ってみてください。

 

ポイント

ナイトクラブと同じですが、こちらもドリンク待ちの女性に声を掛けるのがベストです。クラブと違ってテーブル席がいくつかあるので、ドリンクを購入したらそっちに移ってゆっくり話すのがオススメ。HUBはピーク時間になると、身動きができなくなるくらい人であふれかえります。

そうなるとゆっくりと話せる環境ではなくなるので、連れ出しもしやすいです。ピーク時間より早めにいきターゲットと盛り上がる、人が多くなってきたら移動するのがベストでしょう。

 

海はナンパスポットとして最適な場所

夏のナンパスポットといえば海です。行くところに行けばそこは無法地帯で、声をかけた30分後には車でセックスなんてことも珍しくありません。ビーチ一体がラブホテル化しています。女性も水着で開放的な気分になっていて、さらにお酒を飲んでいるものだからこれ以上のシチュエーションはありません。ナイトクラブのように狭くてうるさい居心地の悪い空間ではないため、ゆっくり話をすることが可能です。

海でナンパするならとにかくノリの良さと面白さが重要です。イケメンでなくても口さえ達者であれば、即セックス可能です。ただ問題なのはナイトクラブ同様ライバルが多いこと。身体をがっちりと鍛えている人も多いのでマッチョに惹かれる女性も多いです。

しかし、ビーチには多くの女性が遊びに来ているのでそこまで悲観的になる必要はありません。じっくりナンパしていきましょう。即セックスできるようにできれば大きめの車で行くことをオススメします。そのため海でのナンパはチームプレイが基本です。

 

ポイント

先ほども紹介しましたが、海でのナンパはチームプレイです。例えば3人で行った場合、3人組を狙うのがオススメです。女性もセックスが目的である可能性も高いので、かんたんに雑談を済ませたらエロトークに移行しましょう。

 

ストリートナンパ

ストリートナンパをする場合は、ナンパしやすいスポットを事前に徹底的に調べておきましょう。例えば東京であれば、
以下のナンパスポットが有名です。

  • 渋谷センター街
  • 表参道交差点付近
  • 銀座コリドー街
  • 有楽町居酒屋街

ストリートナンパをする際は闇雲に声をかけてはだめ。ナンパスポットに行くだけで成功率がぐんと上がります。なぜ成功率が上がるのかというと、そこにはナンパ待ち女性もたくさんいるからです。ナンパをされたくない人に声をかけるのと、ナンパをされるのを待っている人に声をかけるとどっちが成功率が高くなるのかは一目瞭然ですよね。

地方都市でも必ずナンパスポットと呼ばれる場所が少なからずあると思います。まずは下調べをしたうえで街に出ましょう。

 

ポイント

ストリートナンパの場合、相手女性にその気がないからこそ難しい。ここがナイトクラブやHUBなどと異なる点です。できるだけ警戒心を解いてあげて、一緒にいて楽しいと思わせるような行動と発言をしましょう。

 

最初のひと声を決めておく

ナンパをする前に最初のひと声を決めておく

ナンパは悩めば悩むほど声をかけづらくなります。なので最初のひと声を決めておきましょう。それだけで最初の一歩が踏み出しやすくなります。ネットで調べると複数の声掛け方法が紹介されていますが、2つあれば十分だと思います。鉄板の声掛け方法を紹介しますので参考にしてみてください。

女の子に警戒されずにナンパする方法と、ストレートにナンパをする方法の両方を紹介しています。

すみません、○○に行きたいのですが

最初に紹介するひと声は、ナンパと気づかれずに女の子に声をかけていく方法です。ナンパをするとき、いくつかハードルがあるのですが最初のハードルは女の子に話を聞いてもらう、立ち止まってもらうことです。

歩いている女の子に声をかけるのはハードルが高いのでなるべく立ち止まっている人に声をかけるようにしましょう。ナンパスポットや待ち合わせ場所に行くと、立ち止まってスマホを触っている女の子がたくさんいると思います。誰かを待っている人はターゲットとして最適です。彼氏を待っているケースもありますが、臆せずに声を掛けましょう。

ターゲットが決まったら、「すみません、○○に行きたいのですが」と声をかけます。

女の子に警戒されないためには、ナンパであると気づかれないことが大切です。その方が会話が長続きをします。この声掛けパターンはかなりの確率で女の子に警戒されずある程度会話を継続することができます。

ただ問題がひとつだけあり、道を尋ねる流れから女の子の連絡先を聞くまでの流れを作ることが難しい点です。そのため、もごもごしないように会話のルーティンを最初から作っておくことをおすすめします。

ポイントは共通点を見つけることです。例えば、○○からこっちに引っ越したばかりで道が分からなくて、、、という会話をしたとします。確率は低いかもしれませんが、仮に女の子が同じ出身地だった場合盛り上がると思いませんか?このように道を聞きながら雑談をしつつ、共通点が見つけられるように会話を発展していきましょう。

 

すごくタイプだったので声をかけました

次はストレートにナンパであることが伝わるような声掛けです。

上記とは真逆の声掛けなのですが、これはこれでストレートに相手に誠意を伝えることができます。「すごくタイプだったので声をかけました」この声掛けのいいところは、相手の反応が分かりやすい点です。

もし仮に相手の女の子があなたに少しでも好意をもてば、すぐに連絡先を交換することができます。逆に好意をもたれなかった場合はスルーされる可能性が高いですが。ただ、「タイプです」と言われて気分を害する女性が少ないことも事実です。

この声掛けのメリットは声を掛ける量に比例して成果も変わる点です。例えばあなたがイケメンではなタイプだっとしても、100人に声を掛ければ確実に1人はあなたの顔がタイプの女性に巡り合うことができます。断られる訓練にもなるので、ナンパ初心者はこちらの声掛けの方がメリットが大きいかもしれません。

 

ターゲットを決めたら2秒以内に声をかける

初めてナンパをする際にほとんどの人がぶつかる壁の一つになかなか声を掛けられない、があります。せっかくかわいいなと思う女の子が目の前にいても断られたり無視されるイメージが先行してしまい、足が止まってしまいます。しかし安心してください。このように足が止まるのはあなただけではありません。ナンパにチャレンジしたほとんどの男性が同じ壁にぶち当たっています。

解決方法としてオススメなのが、ターゲットを決めたら2秒以内に声をかけるです。考えたらだめです。1㎜でもかわいいかもと思ったら声をかけに行きましょう。それ以上時間がたつと、やっぱりタイプじゃないかも、ちょっと身長が高すぎるかな、メイクが微妙だな。といったどうでもいいことが頭の中をぐるぐるとして、あなたの足をどんどん止めてしまいます。

断られても大丈夫です。翌日女の子の職場で一瞬話題にされるかもしれません。あなたがナンパする姿をみて痛いやつだなと数人に思われるかもしれません。でもそれだけです。次の日には100%確実にあなたのことを忘れています。

周りの人は自分のことに興味を持っていないことを心に刻んでどんどん声を掛けていきましょう。大切なことなのでもう一度言います。少しでもタイプの女の子を見かけたら2秒以内にナンパしにいきましょう。

まとめ

ナンパを成功させたいのならある程度訓練が必要です。何度も書きましたが女の子に声をかけるハードルは想像よりも高いです。

そして断られた場合の精神的ダメージはとてつもなく大きいです。

しかしその精神的ダメージを減らしつつ、ナンパテクニックを身に着けていけば挫折することなく、美女とセックスこともできるでしょう。

そのためにもまずは、住んでいる地域のナンパスポットを確認。そしてたくさんの女性に声をかけましょう。

もし断られることに疲れたら、道を尋ねるふりをして少しずつターゲット女性とお近づきになりましょう。