ワクワクメールはセフレ探しに最適なアプリ

【正しいセフレの作り方】誰でも簡単にセフレができる方法を徹底紹介

セフレを作りたいなら、すぐにワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXのいずれかに登録をしましょう。

これらのサービスは、他のアプリと比較してセックス、セフレを目的として女性が多く集まっているのでセフレを作るには最適です。

またあなたが思っているよりもお金がかからないのもポイント。ぜひお試しください。

 

かの偉人はこう言いました。

セフレを作ることは数学の問題を解くことと似ている

公式と知識、そして少しの閃きを持ってさえいれば、答えは誰にでも導き出せる、と。

そんなわけで今回は、正しいセフレの作り方と題しまして、誰でも簡単にセフレができる方法をご紹介したいと思います。

数学が苦手な方でも簡単に実践できるので、セフレの欲しい男性はぜひお試しください。

 

セフレ相手に出会う方法

セフレの作り方を知るには、まずセフレとの出会い方を知っておかなければなりません。出会えなければ、どんなに良い作り方を知っていても宝の持ち腐れですからね。

セフレ相手に出会う方法をご紹介します。

 

職場・バイト先

職場では長い時間過ごすのでちょっとしたことがきっかけでセフレになる可能性がある

職場やバイト先はセフレの宝庫。仕事を共にすることで信頼関係が芽生え、それがふとした拍子であらぬ方角へと向かってしまうのは、ままあることです。

しかし、職場やバイト先でのセフレ関係がこじれやすいのもまた事実。噂が広まれば居心地は悪くなるし、関係を解消した後も顔を合わせなければならないというストレスは、なかなかにくるものがあります。

上手くいけば、ほとんど労力を掛けることなくセフレが作れる方法ですが、反面、社会的な信用を失墜することもある。くれぐれもご注意ください。

 

社会人サークル

社会人サークルは一つのことを共有するばなのでセフレが作りやすい

基本的に人は、ひとつの物事を共有すると仲が深まりやすい。社会人サークルなんてまさにそれで、年齢も職場も違う男女が仲良くなれるのは、あるひとつの目的に向かって、全員が同じ方向を向いているから。

しかしだからこそ、セフレも作りやすい。

社会人サークルには出会いを求めている女性も多い。セフレ関係になるのはさほど難しくありません。

しかしサークルというだけあり仲間意識は強く、こじれた場合に四面楚歌となるリスクも。地域に根差したサークルもあり、その場合、悪評は致命的なダメージになり得る。セフレ目的でサークルに参加するにしても、自宅とも職場とも離れた場所で活動しましょう。

 

街コン

街コンは出会いの場なのでセフレを作りやすい

街コンもまた、セフレの作りやすい方法です。女性が出会いを求めているのは明白なので関係が進めやすく、セックスをするのは比較的容易。

しかし、街コンに参加するのはどちらかというと真面目な出会いを求める女性。セフレだと思っていたら付き合っていることにされた、なんてことも十分起こり得ます。

また、一時期の流行りが過ぎ、街コンは今や下火状態。ますます本気度の強い女性しか集まらなくなってきていますので、遊び目的で参加したら蜘蛛の巣にひっ捕らえられた、なんてことにならないようお気を付けください。

 

クラブやバー

クラブやバーでは女性に声がかけやすくお酒も入っているのでセフレを作りやすい

数ある出会いスポットの中でも割と女性に声を掛けやすいクラブやバー。お酒が入っているということもあり、ナンパのハードルは低く、それゆえセックスにも持ち込みやすい。

がしかし、こういった場所にいる女性の眼は非常に肥えています。なにせクラブやバーに顔を出すのは、そこそこ自分に自信のある男性ばかり。もはや普通のイケメンですら太刀打ちできません。

ハードルが低そうに見えて、意外とシビア。セフレの作り方としては、万人にオススメできる方法ではありません。

 

趣味や習い事

趣味の集まりでは好きなことを共有するので急激に距離が縮まりセフレに発展する

最近、プライベートを充実させることに重きを置く女性が増えており、趣味や習い事の場もれっきとした出会いの場になりつつあります。

英会話、料理教室など、世の中には様々な習い事がありますが、その中でもオススメなのはジム。

スタイル維持の為にジムに通う女性は多く、昼間なら人妻、夕方以降なら独身の社会人を狙えます。何かのプログラムに申し込むことで容易に顔見知りになることもでき、セフレ作りの場としてはかなり有能です。

とはいえ、ジムにくる女性が求めているのは、あくまで運動。声を掛けられても迷惑に思う人が大半です。

これは他の趣味や習い事の場においても言えることで、場違いな活動は悪目立ちしがち。追放されたり出禁になるリスクがあることも、重々ご承知ください。

 

出会い系サービス

出会い系サービスがもっともセフレを作りやすい

ネットで気軽に出会いを求められる出会い系サイトやマッチングアプリ。これまで様々な方法をお伝えしましたが、実のところ、これらの出会い系サービスこそが、最もセフレ作りに適した方法といえます。

というのも、出会い系サービスは効率性とコスパが圧倒的に高い。

セフレの作り方を知る上で、この効率性とコスパは切っても切り離せない最重要課題。その点において、出会い系サービスは他の方法と比べて群を抜いています。

どんな方法を試してもセフレができなかった。そんな男性でも、出会い系サービスを駆使すれば簡単にセフレが作れる。まさに救世主のような存在です。

 

出会い系サービスが効率的でコスパがいい理由

なぜ出会い系サービスは効率的かつコスパが良いのか?

セフレの作り方において右に出るものがいないその理由を、詳細にお伝えします。

 

可愛い女性が選び放題

出会い系にはブスしかいない。以前よりまことしやかに囁かれる噂ですが、果たしてこれを見てもそう言えるでしょうか。

出会い系サービスは可愛い子の方が多い

出会い系にブスしかいない、というのは真っ赤な嘘です。むしろ可愛い女性の方が多い。

可愛ければ可愛い程、女性は現実で縛りが強くなる。男友達とセックスしようものならいきなり彼氏面され、セフレを作ろうものなら、どこから情報が漏れたのか、容易にヤリマンだのビッチだのといった噂がSNSを中心に飛び交う。

だから容姿に優れる女性ほど、出会い系に頼る。現実とまるで接点のない、ネットの出会いに。

今や可愛い女性ほどネットでセフレを探す、そんな時代なのです。

 

複数の女性に同時アプローチ可能

同時に複数の女性を口説く。現実ではほぼ不可能な所業も、出会い系サービスでは十分に可能です。

出会い系における基本コミュニケーションはメール、あるいはLINE。膝を突き合わせて口説く必要はなく、スマホの画面をただ黙々とタップするだけで関係性を深めていくことができるので、複数の女性への同時アプローチが可能なのです。

また、現実でそんなことをすれば容易にバレ、修羅場間違いなしですが、出会い系においてそれはあり得ません。そもそもアプローチしている女性同士に接点がなく、バレる要素が皆無というのもありますが、それ以前の問題として「出会い系において複数同時進行は当たり前」、この認識が男性のみならず女性にも浸透しているからです。

だからといって、その事実をあえて相手に伝える必要はありませんが、これは効率性という面において非常に大きなメリットと言えます。

 

やり取りが面倒な場合はすぐに止められる

現実でのセフレ作りが面倒なのは、関係を解消した後も何らかの形でその相手と関わる必要があるから。円満解消ならまだしも、少しでもこじれた場合はダイレクトに悪影響を及ぼすので手に負えません。

しかしその点、出会い系サービスはほんの数回、スマホをタップしただけで関係の清算は完了。面倒だな。そう思ったらすぐにセフレをやめ、また別のセフレを探すことができます。

後腐れがないというのは、セフレの作り方において大切な部分。現実での信頼、信用が高い男性ほど、このありがたみがよく分かるはずです。

 

セックス・セフレ目的の女性が集まっている

現実のセフレ作りが困難な最大の理由って、何だと思いますか?

それは、相手の本心が見えないからです。

職場然り、ジム然り、現実での出会いの場は、基本的に他のことをメインに行う場所。だから声を掛けるまで互いの目的が合致しているかなんて分かりませんし、それゆえ効率性が極端に落ちる。

しかし、出会い系サービスは違います。

出会い系へのイメージといえばアダルトなものが大半を占めますが、これは男性だけでなく、女性にとっても同様。にも関わらず出会い系に登録するということは、もはや何を目的としているかは言わずもがな。

つまり、出会い系に登録しているという時点で目的の合致は明白。だからこそ出会い系ではセックスがしやすいし、セフレも作りやすい。当たり前です、乗り越えるべき最大のハードルが、アプローチする以前に取っ払われてるわけですからね。

出会い系サービスは、セックスやセフレを求める男女の集まる場所。こんなに分かりやすくて効率性もコスパも良い場所、他にはありません。

 

セフレ探しに最適な出会い系サービス

出会い系サービスがセフレ作りに適しているのは分かった。でも具体的にどのサイトやアプリで活動すれば良いの?

そんな疑問を持つあなたに、セフレ探しに最適な出会い系サービスを3つご紹介。どれか1つに専念するも良し、3つ全てに登録するも良し。

どのサイトも効率性抜群ですので、ぜひお試しください。

 

ワクワクメール

ワクワクメールはセフレ探しに最適なアプリ

運営実績20年、会員数750万人を誇る老舗の出会い系サイト。

このワクワクメールの最大の特徴は、なんといってもSNS感覚で出会いを求められる点。Twitterのような呟き機能や日記などが無料で利用でき、ごく自然に女性ユーザーと関係を深めることができます。

また、メイン会員層が10代~20代半ばと若いのもこのサイトの特徴のひとつ。セックスに興味津々な年頃の女の子はセフレにしやすい上に、自分好みのセフレにも開発しやすい

ワクワクメールはいわば、出会えるSNS。裏アカ代わりに利用する女性も多いので、セフレ作りにはもってこいのサイトです。

 

ハッピーメール

ハッピーメールはセフレ探しに最適なアプリ

累計会員数なんと2000万人超の規模を誇るハッピーメールは、その業界断トツの会員数を駆使した出会いの多さが最大の特徴。

出会いが多い=セフレ候補が見つかりやすい。単純な物量作戦でも十分セフレを量産できるので、玄人はもちろん、初心者の男性にもかなりオススメ。

年齢層は幅広く、その日の気分で狙う女性をオールラウンドに変えられるのも特徴のひとつ。女性への知名度も高いので、ハッピーメールに登録しておけばまず出会いに困ることはないでしょう。

とりあえずセフレが欲しい。ハッピーメールはそんな男性にオススメです。

 

PCMAX

PCMAXはセフレ探しに最適なアプリ

アダルト超特化型出会い系サイト、それがPCMAX。

このPCMAXはアダルト専用プロフィールや即ハメ専門の期間限定掲示板など、他サイトに比べてアダルトな機能が豊富、それゆえ断トツにセフレが見つかりやすい。

年齢層も幅広く、女子大生から熟女まで、好みのセフレがゲット可能。またアダルトに特化しているがゆえ、アブノーマルプレイに興味津々な女性も在籍、変態的な性癖を満たすこともできます。

色んなセックスを楽しみたい、PCMAXはそんな男性にオススメと言えます。

 

セフレにしやすい女性を見極める方法

セフレにしやすい女性。それが事前に分かったら、良いとは思いませんか?

そんな期待の声に応え、ここでは出会い系サービスでセフレにしやすい女性の特徴を3つご紹介します。これらの特徴をしっかり頭の中に叩き込んで、ぜひ実践に活かしてください。

 

プロフに「寂しい」と書いている

プロフィールの自己紹介文に「寂しい」とか「彼氏と別れたばかり」とか、あとは「つまらない」と書いてある女性、これは高確率でセフレにできます。

これらの言葉を分かりやすく変換すると以下の通り。

寂しい → 心の隙間を埋めて欲しい
彼氏と別れた → フリーだから遊びたい
つまらない → 刺激が欲しい

自己紹介に何を書くかは、その人の自由。つまり、上記のような言葉を、女性は書かないという選択もできます。

しかし、あえて書く。なぜか。これらが、彼女たちの内なる本心だから。出会い系に求める最も大切なことだから。

プロフに寂しいと書いている女性はセフレにしやすい

なぜこの女性はこんな言葉をプロフに書いているのか。その裏側を少しでも考えるようになると、相手の求めていることが察しやすくなり、効率的なセフレ作りに繋がります。

 

自己紹介文が短い

「よろしくお願いします」とか「暇つぶしに登録してみました」とか、そういった極端に自己紹介文の短い女性を、出会い系の男性は敬遠する傾向にあるのですが、逆です、こういった女性にこそ積極的にアプローチした方が良い。

なぜなら、自己紹介文短い系女子ほどセフレにしやすいものはないから。

自己紹介文が短い女性ほどセフレにしやすい

なぜ彼女たちは情報量の少ないプロフを書くのか。それには大きく分けて2つの理由があります。

・都合の良い関係を求めているから
・後ろめたいから

都合の良い関係、つまりセフレ。特に深い関係でなく、セフレを求めているからこそ、最低限、あるいはそれを上回す程度の情報しか開示しない。だって極端な話、セフレ関係になるのに年齢も仕事も、名前でさえ、いりませんからね。

しかしセフレという関係を求めるのに、後ろめたさを感じるのも女性の特徴。後ろめたい時、人は無口になりますよね。それと同じ。プロフ写真がないのも、その感情の表れと見ることができます。

自己紹介文の短い女性はライバルが少なく、狙い目。それでいてセフレにもしやすいので、見かけたら速攻でアプローチしましょう。

 

掲示板や呟きへの投稿頻度が高い

掲示板や呟きに何度も書き込む=暇人 or メンヘラ

どちらの場合でも、セフレにはしやすい。特に後者は優しくするだけで落ちるので、出会い系の中で最もセフレにしやすい存在といっても過言ではありません。

つぶやきへの投稿頻度が高い女性ほどセフレにしやすい

掲示板や呟きに何度も顔を出すのは、承認欲求の表れ。誰かに認められたい、褒められたい、触れられたい。その欲求が満たされないこそ、誰か声を掛けてくれないかなと、頻繁にアピールをしているのです。

もし同じ女性を何度も見かけると思ったら、とりあえずメールを送ってみましょう。案外、その日の内にセックスできたりもします。

 

初顔合わせ→セックスまでに掛かった費用

最後に、私が実際にワクワクメールを利用した時の体験談をお伝えしたいと思います。

彼女、カナコさんと知り合ったのは仕事帰りの電車の中でした。29歳のOLである彼女もまた、私と同じく帰宅途中で、お互い「今日も1日お疲れさまでした」なんて話していました。

家に帰りつく頃には、私たちはLINEでやり取りをするようになっていました。LINE交換までに送ったメール数は確か8通でした。

LINE交換:8通×50円=400円

知り合った場所が場所だけに、実際に顔を合わせるまでそう時間は掛かりませんでした。その週の日曜日、ドキドキしながら待ち合わせたカナコさんは愛嬌のある素敵な女性で、私たちはとりあえずカフェに入りました。

「結構こういうので会ったりするんですか」
「たまーに、ですかね。最後に会ったのは半年前くらいかな」
「その男性とは今も?」
「1回きりでしたねー。お互い予定が合わなくて」

小一時間ほどでカフェを出ました。

カフェ代:コーヒー×2=800円

LINEでのやり取りで、お互い既に「気軽な出会い」を求めていることは確認済み。私たちはそのままふらふらと迷い込むようにホテル街へと足を向け、そしてラブホテルに入りました。

「さっき払ってもらったので、ここは私が」
「いえいえ、それはさすがに悪いです」
「なら半分ずつでどうですか」

全額払ってもらわないのは、男の嗜み。おそらくここで「じゃあ」とホテル代を全て払わせてしまうと、「ケチだな」ということでセフレ化の芽はなくなります。

ホテル代:5000円÷2=2500円

2回戦して、その日は解散しました。

帰りの電車でLINEを送り、また会う約束を取り付ける。これでひとまずセフレ化は完了です。

色々と端折りましたが、出会い系で会う流れは大体こんな感じ。LINEで事前に口説いておくと、無駄な出費なく、ワンクッション置くだけでホテルに向かうことができます。

さて、この出会いに掛かった費用はというと、

セックスまでの費用:400+800+2500=3700円

都合3700円でセックスまでいけ、しかもセフレまでゲットできました。

これを高いか安いかと思うかはあなた次第。安いと思った方は、ぜひ出会い系をお試しください。

 

まとめ

正しい作り方を知っているか。セフレが作れるか作れないかは究極、これによります。

セフレの正しい作り方を知っている人はいとも簡単にセフレが作れますし、不幸なことにそれを知らない人は、いつまで経っても無駄な努力を続け、利き手が恋人であり続ける。

今日、あなたはセフレの作り方を学びました。おそらくこれであなたの人生は安泰です。この先、セックスに困ることはないでしょう。

末永く、素敵なセックスライフをお送りください。