出会い系テクニック

ワンナイトラブの相手ってどうやって探したらいいの?様々な探し方を解説

投稿日:

恋愛というのは相手に嫌われない為に、気を使ったり、駆け引きなどを行う事になるので、とても面倒ですよね。

しかも、日本では男性が女性のお金を払うのが当たり前というような風潮もあるので、彼女を作る事により、お金の出費もどんどんと嵩んでしまいます。

結婚をしたとしても、長年夫婦生活を行っていく内に「倦怠期」に入ってしまい、奥さんとセックスレスになったりします。

男性は何歳になっても女が大好き。

しかし、奥さんとセックスレスとなっては性欲を上手く発散出来ずにフラストレーションばかりが溜まってしまいますよね。

その結果、恋愛は面倒だけど女性とHをしたい男性や、奥さんとセックスレス状態になっている男性は「ワンナイトラブをしてくれる女性」を欲し始めます。

では、ワンナイトラブ相手を探すにはどうすれば良いのか?

ワンナイトラブ相手を探す方法が分からない人の為に、今回は「ワンナイトラブ相手の探し方」についてご紹介していきます

ハプニングバーに通ってヤリマンを探す

ワンナイトラブ相手を探すのに「ハプニングバー」はかなりオススメです。

ハプニングバーでは、半裸の人が歩いていたり、客同士がフェラやディープキスをし合っているのが当たり前。

もちろん、ハプニングバーに通っている女性は性欲溢れるヤリマンが多くいるので、お互いに意気投合をする事で、プレイルーム(セックスルーム)へ行き、そのままワンナイトラブを行う事が出来ます。

ハプニングバーの良い所は、この店内でセックスが出来るという事ですね。

ハプニングバーの中にはAVが流れているので、店にいるだけでもムラムラしてきます。

そのムラムラをラブホテルまで我慢をせず、プレイルームで発散できるというのはかなりありがたいですよね。

しかも、ハプニングバーには大人のオモチャ(電マなど)が置いてありますし、コスプレ衣装も置いてあるので、Hのレパートリーを増やす事が可能。

コンドームが安っぽい、ぶ厚い質な物なのはマイナスですが、それ以外は素晴らしいです。

さらに、お店によってはプレイルームに「のぞき穴」がある店舗もあるので、自分のHを他の人に見られたいという人にもハプニングバーはオススメ!

ちなみに、ハプニングバーでは「連絡先の交換はNG」なので、女性からもしつこく連絡先を聞かれる事もございません。

なので、ある意味、ハプニングバーは「ワンナイトラブの為にあるようなお店」と言えますね。

出会い喫茶でお目当ての女性を指名する

出会い喫茶でも、ワンナイトラブ相手を探す事が可能です。

出会い喫茶のシステムは、男性側がマジックミラー越しに好みの女性を選び、個室の喫茶スペースに女性を呼びます。

その後、10分ほどトークをして、お互いにデートをしたいとなったら、そのまま共に外出出来るので、相手によってはそのままラブホテルへ行く事が出来ます。

なので、女性を指名する際は、軽そうな女性を選んだ方が良さそうですね。

明らかに「私真面目です!」「ワンナイトラブなんて嫌です!」と顔に書いている人は敬遠するのが正解です。

ちなみに、出会い喫茶の利用料は、男性は有料ですが、女性は無料なので、女性のお客さんも結構います。

「女性が多いのは良いけど、男性が有料ってどれくらいお金かかるの?」と感じますよね?

某出会い喫茶を例にすると「入会金10,800」「60分ごとに4,320」「延長30分ごとに2,160」となっています。

値段の方は少し高いかもしれませんが、出会い喫茶では、女性には男性を指名する権利は無いので、男性有利という意味では、値段が高いというのは仕方ないのかもしれないですね。

相席居酒屋に通ってヤリマンを探す

今流行の「相席居酒屋」でもワンナイトラブ相手を探す事が出来ます。

相席居酒屋とは名前の通り、異性同士が相席になって話を行う居酒屋!

男性は有料ですが、女性は無料で使える事から、多くの女性客がお店に訪れます。

相席居酒屋を使う女性の用途は「真剣に婚活する為」「セフレを作る為」「ゴハンをタダで食べる為」と様々ですが、運よくセフレ相手を探しに来ている女性と相席になれたら、ワンナイトラブチャンス!

積極的に話しかけて、相手に好印象を与えるようにしましょう!

相席居酒屋は居酒屋なのでアルコールも勿論置いてあります。

もしかしたら、婚活目的で来た女性もアルコールの力によって、ワンナイトラブをOKしてくれるかもしれません。

ちなみに、相席居酒屋は2人以上で行くのがお店のルールなので、知り合いを誘ってお店に訪れてくださいね。

もし、相席になった相手に興味が無い場合は、トイレに行く振りをして、受付に席替えを頼めば大丈夫です。

出会いバーでエロそうな女性にアプローチ

バーの中には「出会いバー」と言われている、出会い目的で使われているバーがあります。

出会いバーの多くは「スタンディングバー」で、歩くのが自由!

なので、自分の好みの女性の脇に行って話しかける事が可能です。

バーは雰囲気がイケイケですし、お客さんもフレンドリーなので、異性に話しかけても何ら不思議でない空間。

なので、もしワンナナイトラブが出来そうな女性がいたら、積極的に話しかけた方が良いです。

出会いバーのお客さんの中には、アルコールでハイテンションになっている女性もいるので、もしかしたらワンナイトラブの誘いに快くOKを出してくれるかもしれません。

街コンに参加しそのままワンナイトラブ

街コンは気軽に参加できる事から「軽い女性」が紛れている場合があります。

しかも、街コンは都会だけでなく地方の田舎でもやっているので、出身地問わずに参加出来るのが良いですね。

街コンの中には1人で参加が出来るものもあるので、もし知り合いにワンナイトラブ相手を探している事がバレたくない人は、1人で参加出来る街コンに参加した方が良いです。

男性の場合「6000~8000円」程の料金がかかってしまいますが、1回の街コンで多くの女性と会話が出来るので、そこは仕方ないですね。

ちなみに、私もこれまで街コンに多く参加をしてきましたが、女性から電話番号交換を催促してくる事はほとんど無かったです。

面倒な事は男性に任せるのが当たり前と感じているのか、積極的に連絡先交換を催促してくる女性は少ないので、もし気になる女性がいたらコチラ側から積極的に連絡先を聞くようにしてください。

合コンに参加でヤリマン女性を見極める

合コンでもワンナイトラブ相手と出会う事は出来ます。

合コンは知り合いと一緒に行う事になるので、その日にワンナイトラブを行う事は難しいかもしれませんが、連絡先を聞く事が何よりも大事なので、しっかりとヤリマンぽい女性を合コンで見極めて、連絡先を交換してください。

合コンではエロい会話も普通に出るので、アルコールの力もあり、もしかしたら「実はこの子、めっちゃ性欲高いのよ」とエロ情報をポロリしてくれるかもしれないです。

なので、もしエロ話になったら、しっかりと集中して女性陣の中にワンナイラブが出来そうなヤリマンがいないかを見つけてください。

ちなみに「合コンをしたいけど知り合いに女性がいない」という人の場合は「合コンセッティングサービス」を使うのが良いですね。

合コンセッティングサービスは、名前の通り、合コンの日程や場所をセッティングしてくれるサービスです。

合コンをする女性メンバーは自分でサイトから検索をしても良いですし、サイト側が見つけてくれます。

ナンパでイチかバチか!

これは少し度胸がいりますが、ナンパをする事でもワンナイトラブ相手をゲットする事が出来ます。

ナンパをする際は、清潔感のある服を着用し、丁寧な感じで話しかけるのが大切!

そして、ナンパは「忍耐力」が大事でもあります。

声をかけて雑な対応をされても挫けずに、次の女性にアタックをする。これがナンパの基本です。

ナンパに慣れてくると、対応が良い女性や悪い女性が分かってくるので、段々と成功率も上がってきます。

ちなみにナンパをする際は真面目そうな子よりギャルっぽい女性の方が対応が良いのでオススメ!

「ごはんおごるよ!」と声をかけて「ありがとう!行く行く~!」となったら、ワンナイトラブチャンスです。

ネットの掲示板を駆使する

ネットには多くの「掲示板」があります。

ワンナイトラブ相手を探す場合に使える掲示板は「セフレ募集掲示版」「家出@宿探し掲示板」などですね。

これらの掲示板は無料で使えるので、お金を使わずにワンナイトラブをしてくれる相手を探し出す事が出来ます。

ただし、無料で誰しもが書き込めるからこそ「ネカマ」「サクラ」「援デリ業者」などが潜んでいる可能性があるので、もし相手とメッセージなどで接触をして、怪しいと感じたら深く関わらない方が良いです。

相手がネカマやサクラで無い、一般女性なのか判断がつかない場合は、事前にスカイプやテレビ電話などで相手の顔を確認するのが良いですね。

一般女性だったら、写真やプロフィール通りの女性がその誘いに応じてくれるはずですから。

出会い系サイトにはヤリマンが一杯

出会い系サイトにはヤリマンや痴女が多く登録をしています。

私もコレまで出会い系サイトを使って多くのワンナイトラブ相手やセフレを作ってきました。

顔がそこまでカッコ良くない私でもワンナイトラブ相手を作れましたし、口コミサイトでも「童貞の俺が出会い系サイトで童貞卒業できた!」という書き込みが多く見られます。

なので、顔に自信が無い人でも童貞の人でも出会い系サイトを使えばワンナイトラブ相手やセフレを作る事は大いに可能なのです!

逆に出会い系サイトの中には「童貞好きの痴女」がいるので、出会い系サイトを使ってワンナイトラブをするにあたり、童貞というのは「武器」になります。

童貞好きの痴女と会いたいがために、童貞じゃないのに童貞と言って近づく人もいるくらいなので、童貞は出会い系サイトの中では処女のような扱いをしてもらえるのです。

ちなみに、出会い系サイトを使ってワンナイトラブ相手を探す際は「掲示板」を使う事が多くなると思うのですが、掲示板には「ピュア掲示板」「アダルト掲示板」の2種類があります。

ワンナイトラブ相手を探すとなると「アダルト掲示板」を使うのが良いと感じますが、確かにアダルト掲示板でもワンナイトラブ相手を探す事は可能です。

しかし、アダルト掲示板には「援デリ業者」という闇風俗集団がたくさん潜んでいるので、援デリ業者に引っかからない為の知識があまり無い人は、アダルト掲示板を使うのはオススメ出来ないです。

なので、安全にワンナイトラブ相手を探したいのならば「ピュア掲示板」を使った方が良いです。

ピュア掲示板には「純粋な恋愛を求めている女性」「異性友人を求めている女性」「すぐに会ってくれる男性を求めている女性」など、多くのタイプの女性がいます。

ここで狙い目は「すぐに会ってくれる男性を求めている女性」です。

このような女性は寂しさを紛らわす為に、男性との出会いをかなり欲しています。

なので、初めはH目的で会った訳では無いけど、男性との繋がりを途切れさせないために、Hで関係性を繋ぎ止めようとしてくる事が良くあるのです。

なので、ワンナイトラブ相手を探す際は、人に飢えている女性にアプローチをするのが良いですね。

人に飢えている女性以外でも、食事だけのつもりだったけど気分が変わってワンナイトラブを行ってくれる女性は結構いるので、ピュア掲示板でワンナイトラブ相手を探す事は大いに可能なのです。

SNSで知り合った異性とワンナイトラブ

SNSを使っていないと「え?何でやってないの?」と驚かれるくらい、SNSは世の中に普及してきましたよね。

実はSNSは婚活ツールとしてもとても優秀で、SNSをキッカケに恋人が出来たり結婚が出来たりしている人は世の中に多くいます。

なので、もしSNSをやっていない人がいたら「Facebook」「ツイッター」「インスタグラム」「mixi」など有名な物に登録をして、共通の趣味を持つ異性にアプローチをしてみるのが良いですね。

仲良くなる事により「実際に会おうよ」となり、あわよくばそのままラブホテルへ行くという流れは意外と多くある事です。

無料アプリで寂しがり屋女性をゲット

「モバゲー」「アメーバピグ」などの無料アプリでもワンナイトラブ相手を探す事が出来ます。

無料アプリはいわば「寂しがり屋の集いの場」です。

実生活で人に飢えている人たちが、アバターという仮の自分を装いネットの中で友人を作る事が出来るのが、無料アプリの醍醐味!

私も以前に「モバゲー」を使っていましたが、モバゲーでは多くの知り合いを作る事が出来、その中には、私に対して「Hをしたい」と迫ってくる女性もちらほらいました。

ある程度のコミュニケーション能力と小奇麗なアバターを使えば、無料アプリで女性と仲良くなる事は可能なので、もしモバゲーやアメーバピグを使いワンナイトラブ相手を探したい人は、まずは女性友人から作っていく事をオススメします。

日雇いバイト先でもワンナイトラブ相手と出会える

日雇いバイトを通じてワンナイトラブ相手を探す事も可能!

男性の場合は、女性の多い事務系の日雇いバイトを行う事により、多くの女性と出会う事が出来ます

仕事という同じ目標を共に目指す事により、仕事が終わった頃には仕事仲間とかなり仲良くなっている事も多くあるので、もし仕事仲間にヤリマンぽい女性がいたらアプローチをするのも良いですね。

まとめ

このように、ワンナイトラブ相手と出会う場所・方法は世の中にたくさんあります。

女性というのは人前では清純さを主張してきますが、実際は男性と同じでエロいです。

しかも女性は30歳を超えるとホルモンの影響で、性欲は思春期の男性並みになりますので、もしワンナイトラブを狙うのならば熟女の方が適しています。

ワンナイトラブは面倒な駆け引きもいらないですし、奥さんがいてもこっそりと行えるので、セックスに飢えている人たちにはオススメ!

なので、自分と体の相性が合う良いワンナイトラブ相手を探してくださいね!

-出会い系テクニック

出会い系将軍公式ツイッター

Copyright© 出会い系将軍 | 出会い系サイトを徹底比較!あなたにおすすめの出会い系サイトを教えます , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.