出会った女の子

PCMAXでゆるフワガールと出会った体験談

PCMAXでは、出会うことができないという声も多数存在しサクラや業者が非常に多いという声を耳にすることがあります。

実際、私も利用する前まではそうでしたが、いざ出会ってみるとそういうことは微塵も感じさせてくれませんでした。

今回利用したのは、ピュア掲示板のほうであり純粋に出会いを求めている女性と出会うことができました。

純粋に出会いを求めているということもあって、女性にも近づきやすかったですしアダルト系ではないという前提があるので、女性も警戒心を抱くことなく近づいてくれました。

そこで今回は、私が実際にPCMAXを使って出会うことができた女性の話をしていきたいと思います。

きっかけは日記から

PCMAXの、ピュア掲示板で同年代の人を検索していると色々な女性が恋活を募集していることがわかりました。
女性も女性で、彼氏を作りたいのか結構必死な人も多くて、何度も投稿している人もいたのです。

その中で、数名に絞ってプロフィールなどを見てどの女性に連絡するか迷っていた時に、一人の女性の日記を目にしました。

出会い系のプロフ

結構日記を更新している女性で、PCMAXを頻繁に利用していることが分かったので気になってずっと日記を見てしまいました。

そして翌日、その女性に足跡をつけていたせいかメッセージが届いていたのです。

「足跡ありがとうございます。良かったらやり取りしませんか?」

相手からメッセージをもらっていたので、こちら側からもアクションが起こしやすかったので一安心でした。

「こちらこそありがとうございます!日記が気になって機能ついつい全部見ちゃったんですよw」

「そうなんですね!w 結構日記更新してるのでうれしいです!ありがとうございます!」

そういう馴れ初めがありつつ、彼女に日記を見ていることを伝えることができたので、よかったです。

第一印象は、ただ日記を見てくれていた人という印象だと思います。

意気投合してラインを交換

彼女と仲良くなるのは案外早く、同年代ということもあって話が合うということですぐに意気投合していきました。

1週間くらいで、敬語がタメ語にかわりそこあら距離感も徐々に近くなっていきました。

また、やり取りにおいて若干の変化が起き始めたのです。

PCMAXでやりとりをしていたのですが、彼女から一言。

「そういえば、このアプリって外で開くの恥ずかしくない?」
「確かに、そうだよね。あまり外では返さないことにしてる。」
「あれだったらでいいんだけど、よかったらライン交換しない?」

そういわれて、彼女とラインを交換することになりました。

私の経験上、利用しているのが恥ずかしいからラインを交換するというケースは結構存在して女性ならではの理由だと思います。

それに、ピュア掲示板で出会った女性だからこそ余計にそう感じてしまったのでしょう。
恋愛をも目的に登録しているのに、何かやましいサイトに登録しているのではないかということを第三者に思われたくないのでしょう。

ラインに交換してからは、当然ポイントがかからないのでよかったです。
移動までにかかった期間は2週間弱で、ポイントもそこまで消費しませんでした。

数千円で移動することができたので、ひとまずは安心です。

仲良くなってきたということもあり、会う話もちらほら出るようになりました。

本当に会えるかどうかは別として、出会いがPCMAXということもあって若干お互い抵抗していた部分はあるともいます。

実際に、お互いそういう話もやり取りをする中で話していたので、余計にそう思いました。

ですが、会わないことには始まらないので誘ってみることにしました。

LINEでのやり取り

無事誘うことに成功し、彼女と会うアポイントを取ることができました。
ひとまず、約束をすることができたので一つの段階はクリア。

あとは会う日だけを待つこととなりました。

初対面でいきなりラブホに宿泊!?

会う当日になって、彼女とやり取りをしていると近くのスーパーまで来てくれるとのことでした。
時刻は6時と結構早めの時間帯であり、会ってからどうするか決めるところでした。

そして、6時になり待ち合わせ場所であるスーパーに行きましたが、彼女の車がわからなかったので連絡。

すると、車種を教えてくれてその車を探してみると見つかりました。
彼女が載っていることが確認できて、挨拶。

「初めまして!○○です!ちょっと遅れちゃった。」
「大丈夫だよ!全然待ってないし!」
「どこ行く?まったく何も決めてなかったよねw」
「そうだねw ごはん食べた?食べてなかったら食べ行こうよ」

ひとまずご飯を食べに行くことになり、彼女とのデートが開幕したわけです。

ご飯を近くのレストランで済ませて、時間は8時と遅くなってきたのでどうするか相談。

行きたい場所を彼女に伝えて、移動してもらうこと2時間。
隣の県まで運転してもらい、時間は10時になっていました。

時間も時間だったので、ホテルに宿泊することになりました。

ラブホに泊まる

初めて会ったのに、ラブホに宿泊するという大胆さはさすがにびっくりしました。
そういう雰囲気になることもありましたが、さすが手を出さずにそのまま就寝。

明日のデートに備えることになったのです。

彼女との花園デート

起きて、私が行きたいといっていた花園に行くことになりました。

幸い天気は晴れて、温かい空気が差し込んでいたので服装もそこまで着こまなくても良い恰好でした。

彼女は、花柄のワンピースを着ておりまさに花園に適した格好です。

花園についてからは、お互いがしたいことをしていました。
初めて会ったのに、初めて会った感じを感じさせてくれませんでしたし、周りから見ればカップルさながらだったと思います。

出会った女の子

実際に女性に会ってみて、お互いのすることを満喫することができましたし、女性も女性で今回のデートにかなり満喫していたので良かったです。

実際に会ってみると、話題も尽きずに閉園まで彼女と楽しむことができました。

時には、彼女と手をつないだりもしてまさにカップルと言わんばかりのことをしていたと思います。

彼女も彼女で、何も抵抗せずに私に近寄ってくれたのは良かったですね。
実際に、出会ってる場所がPCMAXということもあって、出会い系サイト=怪しいというレッテルが張られている分、どうしても危険な部分はあったと思います。

しかし、それを全く気にしない態度をとってくれる彼女とは、本当に一緒にいて気が楽になりました。

お花

私が目当てにしていた花も見ることができましたし、お互い見たい花や行きたい場所を共有することができたので、久々にデートというものを満喫することができました。

その後彼女とどうなった?

彼女とのデートは終わり、二泊三日のデートプランは終了しました。
初めて会ったのに、ホテルに二回も宿泊するという大胆さでしたが、何も気にせず彼女と過ごすことができたのは彼女だからだと思いました。

そのあとも、彼女とラインを継続して次にどこに行くかという話をしている段階です。

まだ付き合うという段階ではありませんが、タイミング的にも仲の良さからしても告白をしなければならないという段階まで来ています。

相手もおそらく待っていると思いますし、アプローチをかけてみるべきだと思っています。

今回のデートは、PCMAXがきっかけでしたが実際に出会うことができましたし、本当に会えると思っていなかったので意外でした。

アダルト掲示板よりも、ピュア掲示板のほうが出会いに対して積極的な人が多いのは確かです。
実際に彼氏を募集している人が多いので、恋活として使っている人も多々います。
そういう人を狙うという意味でも、ピュア掲示板を使ってみるのも一つの方法でしょう。