ワクワクメール 出会い系体験談

ワクワクメールで出会った家出ギャルにハメてきたw

投稿日:

仕事終わりの電車の中でムラムラしていてふと正面を見たら若い女性が大股開きで座っていてパンツが丸見えな光景を見て あ 出会い系やろう。

 

と思い早速若い子をターゲットにして調べていると気になる子を発見しました。

ワクワクメールのギャルのプロフ

 

年齢は18歳。若すぎるくらいですが今日はそんな気分なので問題ないです。

 

ただ気を付けなければならないのは高校生の18歳の可能性があることです。

 

そんなこと性交してしまうとおまわりさんのお世話になってしまいます。

 

なのでしっかり身分証を見せてもらいます。

 

で早速メッセージをしてみることにしました。

ワクワクメール家でギャルとLINE1

条件も待ち合わせ場所も僕の望んでいるものと大体OKなのでそのまま話を進めます。

 

そこで気になったのが デカイカバンを持っています。というメッセージ。

 

デカイカバン。どんな大きさでいったい何が入っているんだ・・・

 

と一瞬考えましたが今のも性欲が大爆発しそうだったんで深くは考えませんでした(中学生か)

ワクワクメールの家でギャルとLINE2

黒シャツに赤の短パン。

 

妄想が膨らみすぎてもうよくわかりませんがさっさと会いに行こうと思い準備をしますがここでまさかの交通違反でおまわりさんに声を掛けられるトラブル(お前が悪い)

 

待ち合わせ時間に遅れてしまいました。

 

21時を少し過ぎたところで待ち合わせの駅に到着。

 

ロータリーに車を停めて女性にメッセージをしてみるとすでに到着していてる様子。

 

今からこちらに向かってくると返事が返ってきました。

 

すると教えてもらった服装の女性がでかいキャリーを引きづって近づいてきます。

 

車の助手席をノックしてきたので窓を開けると

 

女性「ワクワクの方ですか?」

 

「そうだよー。今開けるね。」

 

と迎え入れます。

 

キャリーは後部座席に置いてもらいいざホテルへ出発。

 

ホテルまで10分くらいかかるのでしばらく談笑することに。

 

「ほんと大きい鞄だね。なに入っているの?」

 

女性「あーこれですか。実は家出してきたんですよね。親に出て行けって言われて・・・」

 

「え そうなの?サイトとかしてて大丈夫なの?」

 

女性「お金稼いでるんですよね。私働いてないし。」

 

なんと家出してきた女性でした。

 

そりゃあカバンも大きいはずです。

「え 今日の宿とかはどうするの?」

 

女性「あー一応シャワー付きの満喫を予約してあるから大丈夫です。」

 

「満喫に泊まるんだね。」

 

女性「はい。だから22時半くらいまででお願いしたいんですよね。」

 

「ラブホに泊まる?明日僕休みだし。お風呂もあるしご飯も食べれるし。

そしたら駅まで送っていけるよ?」

 

女性「え 良いんですか?助かります♡」

 

急遽お泊りが決定しましたw

 

次の日休みでよかったーと思いつつ下着の替えと飲み物とかを買いにコンビニ寄ってから向かうことにします。

 

ホテルに到着すると部屋は数部屋だけ空いていたのでとっとと決めて部屋に向かうことに。

 

今回はお泊りになったので少し広めの部屋をチョイスして向かうことに。

 

部屋に入るとさすがに最上階の部屋。

 

めちゃくちゃ広いです。

 

仕事終わりのいうこともあったのでさっさとお風呂に入りたかったのでお湯を溜めておくことにしました。

 

その間女性はキャリーからいろいろ荷物を出してセッティングしていますw

 

そんな光景がまさか今日見られるとは思わなかったのでなんかうれしいです。

 

荷物を出し終わるとソファに座ったので僕も横に座りしばらく談笑することにしました。

 

「親と喧嘩でもしたの?」

 

女性「私は家にずっと居るから文句言われてたんですよね。あんまりにもうるさかったからしばらく家を離れようかなって思って。」

 

「そうなんや。まぁ言われすぎるのもつらいよね。」

 

女性「そうなんですよ。私もわかってるんですけどね・・・」

 

なんて女性の愚痴を聞いていたら

 

「お風呂が沸きました。」

 

とアナウンスが。

 

「お風呂どうする?先はいる?一緒に入る?w」

 

と聞いてみると

 

女性「私先に入りたいです!」

 

「じゃあ待ってるねw」

 

と先にお風呂に入ってもらいます。

 

しばらくすると呼び出し音が鳴り響きます。

 

なんだなんだ?と思いながらお風呂に向かうと

 

女性「一緒に入ります?」

 

とうれしいお誘いが。遠慮することなく入ることにしました。

 

お風呂では特にいちゃいちゃすることもなく普通に体を洗い、普通にお湯につかり、普通に出ます。

 

ほんと普通の混浴でした。

お風呂を上がると女性がベッドに座っていたので隣に座ります。

 

少しだけ話をしていると

 

女性「どうします?今からします?朝にしますか?」

 

と聞いてきたので

 

「今しよwで朝もできたら頑張ろうw」

 

女性「いいですよw」

 

と2回戦はできそうです。

 

そのまま女性を抱き寄せてキスをしてみます。

 

するとあまり慣れていないのかなかなかうまくできません。

 

そうならばとこちらからリードしてあげます。

 

すると少し慣れてきたのか少し気持ちよさそうです。

 

そのまま押し倒し女性を責めてあげます。

 

まずは首筋から胸までを軽く舐めてあげます。

 

するとすごく反応しています。

 

若い子のこんな反応は見ているだけで最高ですw

 

乳首を丁寧に舐めてあげると声を出し始めて感じてくれています。

 

女性「私 乳首弱いんです♡」

 

「そうなんだーw じゃあもっと責めるねw」

 

とさらに優しくやらしく攻めてあげると喘ぎ声がさらに大きくなりました。

 

あんまり胸ばかり責めていても突っ込まれそうなので胸を責めつつ片手をパンツに持っていきます。

 

するともうすでに濡れ濡れです。パンツの上からでもわかります。

 

下着を汚してしまうのもあれなんで速攻で脱がしてあげます(ただのせっかち)

 

ゆっくりと指を入れてみるともう準備万端なご様子。

 

胸を責めるのをやめて女性のあそこへかおを近づけます。

 

クリを指で責めつつ舐めてあげるとものすごい甘い声で喘ぎます。

 

聞いてるだけでフル勃起です。

 

しばらく責めていると

 

女性「あん。イキそう。イってもいいですか?」

 

「うん。どうぞ。」

 

と責め続けていると体が揺れ始めてやがて激しく痙攣ののち絶頂したみたいです。

 

女性はぐったりしていますが僕の性欲はもう大爆発中。

 

早くフェラをしてほしかったので女性を起こしてフェラをしてもらいます。

 

が。

 

よほど気持ち良かったのかフェラに力がありません。

 

でも股間は正直なものでフル勃起です

 

あまりにもぐったりしていたので女性を寝かしゴムを付けてそのまま挿入します。

家でギャルに正常位挿入

ぐったりしながらもしっかり感じているみたいで可愛い声で喘いでくれます。

 

しかもこの子。めちゃくちゃ締まりがいいです。

 

さらにあそこはヌルヌル。

 

そのまま突いていると再び喘ぎ声が激しくなりイってしまったみたいです。

 

そのイク瞬間の締め付けがものすごく気持ちがいいです。

 

僕はまだ行く気配はなかったので今度はバックの体勢になってもらって再挿入。

 

この子とのバックは相性がいいみたいでめちゃ気持ちいいです。

 

胸をもみながら動きを激しくして見るとキュンキュン締め付けてきます。

 

このままでは僕もイってしまいそうだったので再び正常位に戻します。

 

もう女性はイキ過ぎて訳が分からないみたいなのでそろそろラストスパートをかけます。

 

クリを触りながら激しく動いて突き続けます。

 

そうすると女性の締め付けが再び強くなってきたのでこのままイクことに。

 

「出すよ!」

 

と声を掛けましたが無反応w

 

そのままゴムに発射!

 

自分でもわかるくらい大量に出ました。

 

女性はもうぐったりを通り越してますw

 

ゆっくり抜いてティッシュで拭いてあげてから女性に添い寝をしていたら二人ともそのまま就寝・・・

 

朝は僕のスマホのアラームで二人一緒に起床します。

 

女性が起きて一言。

 

女性「おはようございます・・・気が付いたら寝ちゃいましたね♡」

 

「だねwめっちゃ気持ち良かったよw」

 

なんて話をしながらホテルのモーニングを頼み二人でテレビを見ながら食べました。

 

その後歯磨きをしてシャワーを浴びに二人で浴室へ。

 

昨日はやらなかった洗いっこをしていろいろいたずらして楽しく入りましたw

 

体を綺麗にしてからお風呂を出て二人で着替えてしばらくのんびりしてからホテルを出ることに。

 

その後女性とはたまにあってはお泊りして楽しませてもらっています。

 

やはり若い子の体は最高ですw

-ワクワクメール, 出会い系体験談

出会い系将軍公式ツイッター

Copyright© 出会い系将軍 | 出会い系サイトを徹底比較!あなたにおすすめの出会い系サイトを教えます , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.