医療事務員とのLINE

ハッピーメールで知り合った医療事務員を生ハメしてきた!

出会い系サイトでは、基本的に男性が責めないとメッセージに発展しません。

しかし、プロフィールなどを充実させておくことで、相手からメッセージが来るようになります。

趣味を充実させたり、会う条件などを充実させたりすることで相手からアプローチを受けるのです。

ここでポイントですが、趣味はあくまでも女性受けが良いものを狙うということです。

自分の趣味を記載したとしても、出会いに発展することはありません。

女性にとって興味のないものなら、意味がないからです。

今回、私は女性受けがいいようなプロフィールを作成して、ハッピーメールで女性からのメッセージを待ってみました。

すると、なんと5通もメッセージが届いたので、その中から女性を厳選。

実際に会うことができた人がいたので、その体験談を語っていきましょう。

ハッピーメールに届いた複数のメッセージ

他の出会い系サイトに比べると、ハッピーメールは女性からのメッセージの数が多いです。

場合によっては、そこから発展するケースもありますし、業者やサクラ等のトラブルに遭う可能性も考えられます。

そこで、プロフィールを徹底的に作成して、女性からメッセージが来たので一部を見せたいと思います。

業者と思われるメッセージ

この女性は、見ただけで業者だということがわかりますね。
相手からセックスレスだと公言してくるのは怪しすぎます。

それに顔文字も不自然です。

ちなみに居住地の設定は大阪なので、横浜は近くありません。

業者メッセージ短文

この様に短文で送ってくる人もいます。
こういう人は、大体が業者です。

返信したとしても、別サイトに誘導させられます。
また、ラインのIDなどを教えてきて、追加を促されるのです。

やり取りしてても不毛な時間が過ぎるだけなので、注意しましょう。

業者や割り切りのメッセージ

長文で送ってくる人は、ほとんどが業者や割り切りです。
この女性も、セフレを探しているとのことですが、思わず返信したくなりますよね。

しかし、人生はそこまで甘くありません。

この様に女性から誘ってくるケースはまず考えられません。

会ったときに誘ってくるならまだしも、会う前にメッセージの段階で誘ってくるのは考えられないのです。

ハピメの利用停止メッセージ

実際にやり取りしていた人が、アカウント停止処分を食らったという表記です。

勧誘目的で登録したりすると、運営から目をつけられれば強制退会させられてしまいます。

もしも怪しい人がいれば、運営に通報してみると良いでしょう。

ハピメの医療事務員の写メ

今回出会うことになった女性は、この女性です。

カフェ巡りを趣味に設定して、それに反応してきてくれた女性です。
プロフィールを見た感じ、業者っぽくなかったので決めました。

職業は、医療事務をやっているということだったので、休日休みが固定。

時間的もあっていたのでこの女性にすることにしたのです。

やり取りしてすぐにライン交換して会う約束

ハッピーメールで知り合ってから、3日やり取りをしました。
趣味の話で意気投合することができたのか、すぐにライン交換の話になりました。

きっかけは、写真を送るという話が出たからです。

カフェ巡りが趣味だという彼女は、オススメのカフェを紹介したいといってきました。
しかし、ハッピーメールの写真送付機能は限りがあるので、送れないという話からライン交換。

ポイントにして2000円分程度で交換することができました。

平均で3000円ほどかかってしまいますが、2000円はだいぶ節約したほうです。

そして、ラインを交換してから、カフェについての話。

正直、そこまで詳しくありませんでしたが、彼女に合わせる形で近くのカフェを調べていました。

出てきたカフェに目星をつけたりして、オススメのカフェとして紹介しました。

医療事務員とのLINE

それが彼女にとって気に入ったらしく、そこに行きたいといってきたのです。

ラインで日時調整をしてから、会う約束をとることができました。

一週間もかからなかったので、かなりポイントも節約です。

あとは、彼女とカフェ巡りをするのみだったのです。

お酒が入って彼女の家に招かれる

当日になって、彼女と待ち合わせしている梅田駅に向かいました。

昼ということもあって、正直紹介したカフェが空いているかどうか心配でした。

空いていなかったら、別のカフェに行けばいいと思いながらも、彼女を待つことに。

彼女からついたというラインを受けたので、待ち合わせ場所に行きました。

一人の女性が待ち合わせ場所に立っていたので声を掛けました。

出会い系サイトでやり取りしていた彼女だったのです。

黒いレースのブラウスに白い花柄スカートを着ていた彼女は、スレンダーな体系でした。
医療事務をしているとのことでしたが、やはり色白でしたね。

胸はそこまで大きくありませんでしたが、どこか大学生っぽく見えましたね。

そして、目的のカフェに向かいましたが、混雑していたので取り消し。

近くのお好み焼き屋に入って、食事をすることになりました。

医療事務員とお好み焼きデート

老舗のお好み焼き屋ということもあり、少し古臭く感じました。

しかし、無邪気にお好み焼きを作りながらはしゃいでいたので、楽しそうでした。
カフェよりもこっちのほうが私は好みだったので結果オーライです。

お酒も進み、度数が高いお酒ばかり頼んでいたということもあり、お互いすぐに酔ってしまいました。

会計を済ませる頃には、完全に酔っぱらってしまっていたのです。

そして、外に出て彼女と話していました。

男性「いっぱい飲んだね~結構酔ったわ~w」
女性「わかるwちょっと横になりたいねw 家来る?」
男性「いいの?!いくいく!」

この流れで彼女の家に向かうことになりました。

酔った勢いで彼女と生ハメセックス

酔った勢いというのはすごいもので、簡単に彼女の家へと行くことができました。

やはり、お酒が入ると寛大になるというのは誰しもがそうですね。

部屋の隅にベッドがあり、そこで二人して寝転がってしまいました。

しかし、お互いお酒が入っているということを忘れてはいけません。

大人二人がベッドに入ると、きまって行われることはセックスです。

お酒も回っていて、お互い意識もうろうとしながらキス。

イチャイチャタイムが開幕しました。

彼女もそれにこたえてくれて、積極的にキスをしてきます。

いつか、お互いは全裸になっていました。

そして、彼女は私のチンポを手コキして立たせたところで騎乗位で挿入。

医療事務員と騎乗位

服の上からはあまりわかりませんでしたが、意外と胸がある彼女でした。

腰遣いもうまくて、男性経験も多そうでしたね。

腰を振っては、刺激を与えてくれる彼女に快感を感じつつも、次は私が彼女を責めました。

正常位とバックどっちがいいか聞くと、彼女はバックがいいと答えました。

そのため、バックで挿入。

医療事務員とバックの体位

ボディラインが細く、それでもお尻が大きいということもあって、かなり興奮しましたね。

締まりも良かったので、一安心です。

ピストンするたびに、快感が押し寄せてきます。

そして、20分ほど腰を振っていると射精するときがやってきました。

中で出すのはまずかったので、彼女のお尻にかけることに。

医療事務員の尻に射精

充実したセックスをすることができたので、一安心です。
相性も良かったので、彼女はセフレになりました。

セックスをしてから、一夜過ごしてその翌朝に解散しました。

関係は継続しており、今度こそはカフェ巡りをしたいと思っています。

しかし、彼女との目的はセックスをすることなので、即ホテルでも構いません。
幸い、彼女の家が近かったということもあって、家でセックスできましたが、声を我慢していたのが気になりました。

今度は、ホテルで思いっきり声を出してセックスしてほしいものです。