出会い系体験談

満を持して臨んだ欲求不満人妻との生ハメセックス!

投稿日:

PCMAXで出会う女性は様々ですが、今回は人妻を口説いてあってきました。

PCMAXの割合の中で、最も多いのは人妻と熟女の層であり、年齢層で言うと30~40代がメインになります。

私が人妻を狙っている原因というのは、何より貞操観念が低いということが一番挙げられます。
人妻は、すぐにセックスをしてくれるような人が多く、セックスレスの女性が多いので、セックスがしやすいんです。

そして何より、PCMAXには熟年層が多いとなると、初心者でも簡単に狙えると思うのでいつも手を出しています。
そういう理由があって、今回は人妻を狙うことに決めたわけです。

実際に会うことができた女性ですが、28歳の女性でした。

相手がフレンドリーな人ということもあって、出会うまでの時間はそこまでかかりませんでした。

そこで、今回はその女性とのなれそめからセックスまでの体験談を語っていきたいと思います。

複数の女性に送って一人の女性だけから返信が

PPCMAXで女性を探していましたが、その日ばかりはどうしても時間がかかってしまいました。
というのも、中々好みの女性を見つけることができずに、見つけたとしても業者や割り切り募集の人ばかりだったのです。

掲示板liteを使ってもそういう女性しか表示されなかったので、正直困っていました。

それに、人妻を見つけるとなると、年齢設定のみしか行わない掲示板liteでは検索が難しいと判断しました。

そこで、キーワード検索に移行。
キーワード検索の中でも、人妻というキーワードを入力して検索。

PCMAXでトレンドキーワード検索

とにかく会ってセックスをしたいという気持ちでいっぱいだったので、貞操観念が低そうな人妻を狙いに定めることになったのです。

様々な女性が表示されたので、ひとまず気になる人にかたっぱしからメッセージしました。
アクションが来れば、その人に狙いを定めるという形で進めていくことに。

10人にメッセージを送ったうち、3人返信が来ました。
2人は、二通目のメッセージを送った段階で終了。

残りの一人は今回会う女性になります。

欲求不満人妻のプロフ

内容を見る限り、責められたい願望のある女性でした。

人妻の掲示板

詳しい内容を見てましたが、不倫していた相手から責められてそのセックスにハマってしまったという変態人妻でした。

引っ越してから関係が終わってしまったということもあり、セフレを募集しているのは一目瞭然ですね。

女性「メッセージありがとうございます!良かったら仲良くしてください!」

無難な感じで返信が来たところで、彼女とのやり取りが開幕することになります。

知り合って5日で会う約束

女性と知り合ってから、頻繁にやり取りをしていました。
しかし、相手が人妻だということを忘れずにしなければなりませんでした。

いつバレてもおかしくない状況で、やり取りをしていたのです。

トラブル防止のため、やり取りはPCMAXだけにとどめておいたのです。
ライン交換は、ふとした時にスマホを旦那に見られてしまったりすると、トラブルになってしまいますからね。

やり取りの回数も結構増えて、色々な話をしていたので5000円程度ポイントを消費していました。
さすがに、消費しすぎていたので、そろそろ会う約束をしないとと思っていました。

そこで彼女に会う話を持ち掛けてみることにしたのです。

男性「そういえば、今週の土日とかって暇だったりします?」
女性「暇だよ!旦那も出張でいないし、普通に会えるよ!」
男性「そうなんですね!なら、土曜日の夜から会いましょうよ!」
女性「いいよ!用事あるから少し遅れるかもだけど、、、」

こうして、相手と会う約束をすることができました。

結構仲良くなってたので、もう少し早い段階で約束できたとも思いました。

土曜日の夜から会うとなれば、相手とお泊りの可能性も高くなるということです。

お互い翌日予定がないということもあって、ひとまず会ってから予定を立てることにしました。

居酒屋デートから流れでホテルに

人妻と居酒屋

待つこと三日、当日になって待ち合わせ場所に向かいました。
最初は、どうなるかと思っていましたが、何とか会えてよかったです。

待ち合わせ場所に到着して、彼女を待っていると一通のメッセージが。

女性「もう少しで到着するよ!待っててね!」

待ち合わせ時間19時から少し遅れていましたが、気にしませんでした。

連絡が来て待つこと10分程度、到着した連絡をもらいました。

待ち合わせ場所を指定していたので、待つこと数分、一人の女性から話しかけられたのです。

女性「○○さんであってますか?間違ってたらごめんなさい」

やり取りしていた彼女でした。

スタイルは普通体系であり、胸は大きめ。
ショーパンをはいていて足を露出しているのがエロかったです。
黒髪ロングということもあり、清楚っぽい見た目で、調教されたいと思っているような女性では到底思えなかったです。

時間も時間だったので、予約していた居酒屋に行くことにしました。

居酒屋に到着してからは、お酒を飲むなどしてそれぞれの時間を楽しみました。
いい感じに酔ったところで、会計を済ませて外に出ることに。

時間もあったので、彼女と何をするか話していると、彼女のほうからお誘い。

女性「この後予定とかってある?」
男性「ないですよ!」
女性「じゃあ、ちょっと休憩しない?w」

そう彼女が言い放ってから、私はそっとタクシーを呼びホテル街に向かったのです。

ホテルに到着して豹変する彼女

ホテルに到着して、彼女は即座にシャワーを浴びに行きました。
彼女が上がってから、私もシャワーを浴びて準備。

浴び終わって、ベッドに向かうと彼女はすでにベッドインしていました。

すると、彼女は一人でオナニーをしているではありませんか。

我慢できずに、一人でしている姿に少し萌えてしまい、そのまま鑑賞することに。

いい感じに気持ちよくなっている彼女を見て、私もその姿に勃起。

興奮が冷めやらないまま、彼女のアシストをすることにしました。

調教願望があるといっていたので、電マを使い乳首責めを結構。

女性「もっともっと!もっとしてほしいの!」

まさに調教されたい願望を出してきて、それに興奮してしまい乳首責めをしていました。

前戯もそろそろ終わりにして、次は挿入の時間です。

人妻と開脚正常位

僕も勃起していましたし、ビンビンになっていたのでそのまま挿入。

生ハメを決行すると、彼女はいい感じにヨガっていました。
ピストンを繰り返して、彼女のおまんこを刺激していると、彼女から要望が。
女性「後ろから激しくついてほしい!」

そういわれたからには、彼女の願望に答えるまでですよね。

お尻を突き出している彼女に興奮しつつ、ビンビンになったチンポを再度挿入。

締まりも正常位よりかアップして、ピストンをするたびに締め付けてくるのがわかります。

人妻とバックセックス

責められたいといっていたので、後ろからスパンキング。

痛いのも好きなようで、しっかり感じていました。

そして、最後は中でフィニッシュ。
人妻に中出しするのは少しリスクが高かったですが、気にしませんでした。

一夜限りで終了

彼女とのセックスの愛称は良かったのですが、何よりも人妻ということが突っかかっていました。

会うまでは、旦那にバレなければいいやと思っていましたが、会ってからはそうはいきませんでした。

ここで、中出しをしたことを後悔してしまったので、そのまま連絡をせずフェードアウト。

人妻とセックスをするときは、様々なリスクがつきものになってくるので、くれぐれも人妻とセックスするときは、注意するようにしましょう。

-出会い系体験談

出会い系将軍公式ツイッター

Copyright© 出会い系将軍 | 出会い系サイトを徹底比較!あなたにおすすめの出会い系サイトを教えます , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.