熟女の乳首出し

PCMAXにいる熟女に生ハメ中出しセックスできた体験談

PCMAXは初心者でも出会うことができるということもあって、利用することも多いです。
特に、人妻や熟女なんかが多いので性癖に突き刺さるので、重宝しています。

また、人妻や熟女は結構出会いやすいということもあり、初心者なら狙うべきだと思います。

今回は、PCMAXにいた熟女と出会ってきましたが、その人が即セックスOKの人でした。
最初は、割り切りで募集している人だったので正直不安でしたが、交渉を進めていくとタダマンできる女性だったのです。

即セックスへと移行できる人は中々いないので、一部始終を紹介していきたいと思います。

PCMAXで一人のエロい熟女を発見

いつも通り、PCMAXで熟女を探していました。
色々な女性を吟味していたのですが、一人の女性を見つけることができました。

大阪の堺に住んでいるというこの女性は、既婚者で割り切りを募集している人だったのです。

熟女のPCMAXでのプロフィール

内心地雷だと思いつつも、ヤレるならいいやという感覚で近づいてみました。
利用目的というのも、不倫や浮気といったものを募集ししていて、セフレも募集しているということもあり、セックスの確率は高そうです。

熟女のPCMAXでの利用目的

相手がどういう出方で来るのかはわかりませんでしたが、割り切りを持ちかけられたら断ろうと思っていました。

気になる旨をメッセージで伝えて、返信を待ってみることにしました。

一時間ほどたったころにメッセージボックスに返信が。

彼女からの返信でした。

女性「メッセージありがとう。割り切りだけど大丈夫?」

完全に割り切りを誘われてしまったので、ここで切るのが当然です。
しかし、条件交渉をすれば割り切りじゃなくやり取りできると思ったので、そのままやり取りを継続してみることに。

これが彼女とのきっかけになります。

メッセージでは好印象それから約束

彼女とメッセージをして3日が経過しました。
最初は割り切りの条件交渉の話でしたが、私がうやむやにしていたことから、そのまま普通の話になりました。

お互いのことを知れるようなメッセージをしていましたが、特に発展することはなくやり取りだけ続いていきました。

しかし、相手とラインを交換することになったので流れで交換。

ラインに移動してからはというと、色々な会話をしていきましたが、PCMAXではすることがなかったエロい話もしていました。
相手の性癖の話もそうですが、何よりセックスの話になったときは非常に興奮しましたね。

セックスの話をしていると、その流れで会う話になりました。

熟女とのLINEやりとり

相手から誘われるのは久々でしたが、いい感じにセックスができそうでした。
しかし、前提としてあるのが割り切りということです。

もしかしたら、会ったときにお金を支払わなきゃいけないという不安もあったので、心配でしたね。

彼女に会えるならという一心でひとまず約束だけしてみることに。
当日になってから、条件交渉すればいいと思っていました。

週末になり彼女と会ってそのままホテル

当日になって、彼女との待ち合わせ場所の渋谷駅前に行きました。
向かってる途中も彼女とやり取りをしたりして、ドタキャンされることはまずないと思い、待ち合わせ場所に到着。

同じ時間で、程無くして彼女から連絡が返ってきました。
到着したとの連絡だったので、彼女を探してみることにしました。

到着した場所の写真を送ってもらっていたので、それを目印に探すこと数分。
彼女を発見することができました。

スタイルは細身でスレンダーな女性です。
見た目は、年齢が46といっていたので老けているかと思ていましたが、だいぶ若く見えました。
まさに魔性の女という感じで、私の好みだったのです。

男性「初めまして!○○です!」
女性「初めまして。今日は来てくれてありがとう」

落ち着いている様子を見せてきた彼女に、若干惹かれつつもホテルに行くことにしました。
即ホテルが事前に決まっていると、アクションを起こしやすいのでいいですね。

女性も色々考えていると思いますが、やはり一番考えていることは割り切りでしょう。
そのことについてホテルに向かう間話してみることにしました。

男性「そういえば、割り切りの件ですが・・・」
女性「今日は大丈夫よ。何も気にせずしましょう」

まさかの条件交渉の段階で、拒否されてしまいました。
金銭面で困っているとはいえ、割り切りを相手から拒否するということは、タダマンできるということです。

色々な女性がいると思いますが、こういう女性がいるものだと感心しました。
そのままホテルに向かって、ホテルに到着しました。

熟女に生ハメ中出しセックス

熟女とセックスをするのは久々でしたが、ホテルに到着してから彼女のペースでした。

ベッドに寝転がったと思えば、すぐにベッドに招いてくれましたね。
無防備に寝転がる彼女に若干興奮しつつも、彼女とキス。

音をたてながらしてくるディープキスは本当にエロかったです。

ホテル中が、永遠とキスの音で響き渡っていたので、感心しました。

それも一つの興奮する材料になったので、いい感じに勃起してきました。

すると、それに察してくれたのか、彼女はおもむろに僕のパンツを下げてフェラをしてくれました。

既婚者ということもあって、不倫セックスという背徳感を感じつつ、フェラテクを実感しました。
これも音をたてながらしゃぶってくるので、それに興奮して思わず我慢汁が出てしまいました。

しかし、ここで射精してしまうと負けだと思ったので我慢。

彼女が丁寧に前戯をしてくれたということもあって、こっちも本腰を入れて彼女を責め立てることにしました。

熟女の乳首舐め奉仕

彼女の白いパンティの上から、クリトリスを刺激。
今まで彼女のペースでしたが、完全に形勢逆転です。

見た目とは裏腹に、悶えている彼女がそこにはいました。
余裕のなくなった彼女は、エッチに悶えてエロく喘いでいましたね。

その時点でチンポは暴発寸前です。

ビンビンになったことを察してくれたのか、彼女は挿入を許してくれました。

女性「早く挿入して。ほしい。チンポほしいの」

熟女特有の色気を出してくれたので、非常に興奮しました。
その状態で、そのまま生挿入。

忘れてはいけないのが、彼女が既婚者だということ。
既婚者ということもあって、若干抵抗していた部分もありましたが、この状況を楽しもうと思っていました。

一心不乱に腰を振って、彼女を気持ちよくさせることだけを考えました。
激しくピストンをして、彼女を気持ちよくさせました。

ギンギンになったチンポは、彼女の中で脈打つように痙攣しています。
射精するのを我慢していたので、余計に暴発しそうになっていたのです。

しかし、それを我慢するのもどうかと思ったので、射精することに。

どこで出そうかと思っていましたが、ここは中と決意。

たっぷり彼女の中で出してあげました。

まんざらでもなさそうな態度をしていましたが、特に嫌がることなく受け入れてくれたので安心です。

熟女の乳首出し

一夜限りの関係でフィニッシュ

彼女とは、一夜限りの関係で終わりました。
中に出しておいて無責任ですが、人妻をセフレにするとリスクを高めてしまうことになります。

一夜限りの関係にしたほうが、お互いの関係のためになったからです。

その後ラインのやり取りをすることもなかったので、自然消滅という感じですね。
特にセックスの愛称が悪いわけでもなかったのですが、リスクを考えると少し厳しかったですね。

いろいろな女性がいると思いますが、やはり自分にとってメリットがある人をセフレにしたほうがいいですからね!