その他出会い系サイト

ハイスペックマッチングアプリveveとは?どんな人におすすめか?

投稿日:

veveは最近サービス開始したマッチングアプリです。既存会員の多い出会い系アプリはなんとなく嫌だ、どうせなら最新のサービスを試してみたい、といった方もいるでしょう。そこでこのページでは、veveのサービス内容や運営会社情報について解説します。

 

veveは最近流行りのFacebook連動型マッチングアプリなので、Facebookアカウントがあれば登録は簡単です。ただし登録後に独自の審査があるので、そういったことについても解説していきます。

veveってどんなアプリ?

veveはまだサービス稼働してから日の浅いマッチングアプリであるため、情報があまりないのが現状です。コンセプトとしては「上質な婚活」で、ハイクラスなアッパー層を対象としています。

 

コンセプトとして打ち立てられているだけでなく、veveに登録する際には入会審査があります。この入会審査の内容がかなり特殊で、「過半数以上の異性会員からの承認」によって審査をパスすることができます。

 

既存の登録ユーザーが審査するという点でもかなり特殊ですが、なおかつ過半数の承認が必要なので、たしかにアッパー層向けのマッチングアプリと言えそうです。審査項目は「顔写真」「職業」「年収」「年齢」の4項目となっています。

 

何を基準に判断するかは既存の異性会員によるので一概には言えませんが、おそらく顔写真で判断されるかと思います。女性ユーザーが登録する際は特にほぼ確実に顔で判断され、男性ユーザーが登録する場合は年収も考慮されるかもしれません。

 

まだveveの利用者が少ないため今後どうなるかはわかりませんが、本当にハイスペックなアッパー層が集まるのかどうかは少し疑問と言えるでしょう。なぜなら年収については当然嘘を書くことも可能で、容姿についても写メを加工するなどして対応できるからです。

 

ただし写メなしで登録することはほぼ不可能になり、明らかに違和感のある写メを使用しているユーザーも最初に排除されます。つまり、ハイスペックのアッパー層を集めるという観点ではうまく機能するか微妙ですが、業者を排除するという観点ではveveは非常に優れたシステムを採用しているのかもしれません。

 

運営側に業者は以上の意図があるかどうかはわかりませんが、審査システムによって、結果的にユーザーの安全性は高まっています。

veveの機能

veveでは、以下のような機能が搭載されています。

 

・詳細な条件による異性検索。

・近くにいる人の「つぶやき」がわかる。

・「いいね」で気持ちを伝えることができる。

・マッチングが成立すると「メッセージ」のやり取りができる。

・いいねの上位交換として「ダイヤ」を贈ることができる。

 

入会時の審査に加え、veveには上記のような機能があります。他のマッチングアプリと比較すると、特別変わった機能はないと言えるでしょう。強いて言うなら「ダイヤ」という機能は他のマッチングアプリにはありませんが、似たような機能があるマッチングアプリもいくつか存在します。

 

やはり審査方法がveve最大の特徴で、今後どのように利用されるのか、どういったユーザーが増えるのか、といった点で楽しみなポイントになります。

veveの料金

veveの料金については以下のようになります。ちなみに以下に記載するものは男性ユーザーの料金で、女性ユーザーはすべて無料です。

 

・有料会員

1カ月プラン 4,900円/1カ月

3カ月プラン 13,600円/3カ月(1カ月あたり約4,500円)

6カ月プラン 23,800円/6カ月(1カ月あたり約4,000円)

 

・VIP会員

VIP会員オプション 1,500円/1カ月

 

・ポイント料金

100ポイント 480円

300ポイント 1,080円

500ポイント 1,600円

 

料金は以上のようになりますが、たしかにアッパー層が集まるハイスペックマッチングアプリなので、多少月額料金は高いかもしれません。しかし、それでも他のマッチングアプリの倍も掛かるわけではなく、だいたい月額で数百円~千円くらいの違いになります。

 

なので、お金持ちしか支払えないような金額ではないと言えるでしょう。またVIP会員についてですが、VIP会員になると以下のような機能が付きます。

 

・毎日のログインボーナスが300ptになる。

・確認できる足あと件数が100件になる。

・検索画面で優先的に上位表示される。

・ログイン状態を隠すことができる。

・検索表示のソート項目が増える。

 

以上のような機能が付きますが、VIPというよりは便利機能のようなイメージです。VIP会員になったからVIP待遇されるというわけではなく、便利機能が増える、といったところです。

veveの運営会社情報

veveの運営会社情報は以下になります。

 

・事業者

株式会社W-ENDLRSS

・所在地

大阪市中央区南船場3丁目6番10号 エミネント心斎橋ビル5階

・責任者

水谷貴博

・電話番号

06-6210-4946

・メールアドレス

veve@w-endless.com

・インターネット異性紹介事業届出済み

受理番号:62180005000

・平均年齢

27歳

・男女比

6:4

 

運営会社情報は以上のようになります。会社情報がネット上に出ているだけでなく、求人情報も見つかりました。つまり、かなりオープンにサービス運営しています。少なくとも、怪しい出会い系業者ではないということです。

 

これだけオープンに運営しているため、運営会社がサクラを雇うようなことはまずないでしょう。また上記の審査制度により業者も紛れ込みにくくなっているので、安全性については優良マッチングアプリと言えます。

結局どんな人におすすめ?

veveのサービス内容や運営会社について見てきました。まだ利用者が少ないためどのようなユーザーが増えていくかわからない部分もありますが、印象としては「ハイスペック、アッパー層を謳っている割にはそこまで厳選されるわけではない。」といったところでしょう。

 

ユーザーによる審査なので、写メを盛ってルックスを良くして、年収を少し高めに書けばすぐに登録できそうな感じです。月額料金もそこまで高いわけではないため、高収入でないと支払えないような金額ではありません。

 

システム上は上記のような印象ですが、やはりveveのコンセプトの影響から、男性は美人好き、女性はイケメン金持ち好きが集まる傾向は予測できます。システム的にはそこまで美人、イケメン、お金持ちでなくても登録できるのですが、ユーザーの好みがそこに集中する可能性は高いです。

 

たとえばマッチングアプリを使用してるユーザーのなかには美人が好きなわけではない、イケメンが好きなわけではない、お金持ちでなくても良い、といったユーザーも数多く存在します。

 

しかし、そういったユーザーはveveには登録しない可能性が高いです。veveに登録するのは美人、イケメン、お金持ち好きが多いと考えられるため、やはりそういった人が有利でしょう。

 

写メを盛ったり年収を高めに書くことでカバーできますが、どうしても実際に会うと特にルックスはすぐにバレます。なので、無理に嘘で塗り固めてveveに登録するよりは、他のマッチングアプリを選んだ方が良いかもしれませんね。

 

逆に美人、イケメン、お金持ち、といった条件に当てはまる方は他のマッチングアプリよりも人気が集中する傾向にあるでしょう。こういった条件に当てはまる方はどのマッチングアプリを使っても出会えなくて困ることはないのかもしれませんが、veveだとより楽しめます。

 

なので、veveをおすすめできるのは、美人、イケメン、お金持ち、といった条件に当てはまる人です。

-その他出会い系サイト

出会い系将軍公式ツイッター

Copyright© 出会い系将軍 | 出会い系サイトを徹底比較!あなたにおすすめの出会い系サイトを教えます , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.