ハッピーメール 出会い系体験談

ハッピーメールでオタク女性とセックスをした話

投稿日:

ハッピーメールで地味系のセフレ探し

ハッピーメールは登録者が「1700万人」で、出会い系サイトの中でも最も登録者が多いサイトです。

 

ハッピーメールの次に登録者が多い出会い系サイトはPCMAXとYYCの「1000万人」なので、いかにハッピーメールの登録者数がずば抜けているかが分かりますよね。

 

ハッピーメールは登録者がかなり多いので女性のタイプも豊富!

 

女性ユーザーにはギャル系女性も地味系女性も登録をしていますので、明るい女性が好きな男性も真面目な女性が好きな男性もハッピーメールを使えば満足のいく相手を見つける事が出来ます。

 

私は以前にハッピーメールを使って「オタクの地味系女性」と出会って結果的にセフレにした事があるので、地味系女性が好きな男性の方に向けて今回は「ハッピーメールで地味系の女性と出会ってからセフレにした経験談」についてご紹介していきます。

 

趣味の合う女性をピュア掲示板で探した

ハッピーメールを使う際は「プロフィール項目」をしっかりと書くのが大事。

 

ハッピーメールのプロフィール項目はPCMAXの「100の質問」「裏プロフィール」のように多く無いので、プロフィール項目を全て記入するのは簡単!

 

女性はプロフィールが未記入だらけの男性をみると、情報が無さ過ぎて警戒をしてしまうので、プロフィール項目はしっかりと記入をするのが大事です。

 

プロフィール写真も清潔感があり笑顔が爽やかなものを掲載するのが大事。

 

女性は何だかんだ言って爽やかイケメン(雰囲気イケメンも含む)が大好きなので、私もプロフィール写真はしっかりとしたものを載せるようにしています。

 

プロフィールをしっかりと作成できたら、掲示板機能を利用して女性を探します。

 

ハッピーメールにはピュア掲示板と大人の掲示板(アダルト掲示板)の2種類があるので、そのときに求めている女性のタイプによって使う掲示板を使い分けていますね。

 

ピュア掲示板には「全国メル友」「メル共募集」「今からあそぼ」「恋人募集」「友達募集」「ミドルエイジ/シニア」「ピュア画像掲示板」「ヲタ友/ヲタ恋」のカテゴリー。

 

大人の掲示板には「今スグ会いたい」「大人の出会い」「大人の恋人関係」「刺激的な出会い」「大人のメール&TEL」「大人のメール&TEL(全国版)」「ミドルエイジ/シニア」「画像掲示板」「同性愛」のカテゴリーがあります。

 

現在では援デリ業者の特徴、割り切り女性の特徴、キャッシュバッカーの特徴などをしっかりと理解しているので、大人の掲示板も堂々と使えています。

 

地味系女性と出会ったのは1年前の話(2017年)なので、援デリ業者の特徴は知っていましたが「地味系女性はピュア掲示板にしかいないだろう」と感じたので、ピュア掲示板で地味系女性を探す事に!

 

ハッピーメールは「1日1回各カテゴリー書き込み無料」のサービスを行っているので、私はピュア掲示板の「恋人募集」「ヲタ友/ヲタ恋」で「茨城の29歳男性です。地味系女性とお食事をしたいです!ちなみにゲーム・アニメ・マンガ好きです」と書き込みをしました。

 

そしたら次の日、ある女性からメッセージが来ました。

 

女性「こんにちは!ヲタ友/ヲタ恋カテゴリーの書き込みを拝見しました。私は千葉のオタク女子です!年齢は27歳で〇〇さんよりも2歳年下ですね~!オタク男性の方にとても興味があるのでメッセージを送らせていただきました!」

 

私は茨城の県南住みで千葉にめっちゃ近い。しかも女性も茨城よりの千葉なので会うのは簡単。これはチャンスだと感じ私はこの女性にアプローチをする事に!

 

女性のプロフィールから業者かどうかを確認

早速私は、女性のプロフィールから援デリ業者・割り切り女性・キャッシュバッカーじゃないかを調べる事にしました。

 

女性のプロフィール写真は顔の半分以上を星のマークで隠していますが、とても真面目そう。

 

援デリ業者はココでモデル級の美人や、おっぱいやお尻をアピールしている写真を載せているので援デリ業者の可能性は低い。

 

次にプロフィール項目の確認。

 

使用端末はiPhoneなので援デリ業者の可能性は低い。一通りプロフィール項目をチェックしても、エロ用語や割り切り用語(苺、条件あり)などの単語も見当たらなかったので、援デリ業者・割り切り業者の可能性も低い事が分かりました。

 

女性にメッセージを送りアプローチ

結果的に業者の要素がなしと判断を行い、私は女性にメッセージを送り返す事にしました。

 

私「こんにちは!メッセージありがとうございます!〇〇さんもオタクなのですね!私もマンガ・ゲームオタクです!ちなみにどのようなマンガが好きですか?私はジャンプ系が好きですが、マガジンのダイヤのAや七つの大罪なども読んでいますよ~」

 

女性「こんにちは!そうなんですか!私も昔から兄の影響でジャンプ読んでいますよ!ジャンプは当たりが物凄く多いですよね!流石って感じ!」

 

私「お~!〇〇さんもジャンプが好きなのですね!話めっちゃ合いそう!ちなみに腐女子が好きそうなBL系とかは好きなのですか?」

 

女性「BL系はあまりですね・・・。そっち系の漫画は苦手です」

 

私「なるほど~。ちなみにアニメとかも好きなのですか?深夜アニメとか人気なもの多いですよね?」

 

女性「アニメはあまりですね・・・。マンガ派なので」

 

私「ほおほお、アニメじゃなくマンガ派なのですね~。テレビゲームとかはちなみにやりますか?」

 

女性「テレビゲームはやりますよ~。これも兄の影響なのですけど。スイッチ・プレステなどのゲームやっています!」

 

私「私もスイッチやプレステ大好きです!マンガもテレビゲームも好きとは、立派なオタクさんですね!」

 

女性「ですね超オタクです(笑)というか人と遊ぶのが苦手なので、結果的に1人で楽しめるマンガ・テレビゲームなどになっちゃうんですよね」

 

私「分かります。ゲームでは人に気を使わなくて良いですからね~。ちなみに〇〇さんは茨城に来たことはありますか?」

 

女性「茨城はあまり無いですね~。インドア派なのであまり外に出なくて千葉にばかり引きこもっています(笑)」

 

私「ほおほお。あ、話も長くなりそうですから連絡先交換しませんか?サイト内だとポイントの方がちょっと(笑)」

 

女性「そうですね!私ももっと話をしたいので連絡先交換しますか!」

 

こうしてお互いに連絡先を交換しました。サイト外でも話やはやはりマンガとゲームの話ばかり。

 

話を聞くと女性はかなりの人見知りらしいですが、メールや電話ではかなり明るい感じだったので、話をしていてとても楽しかったです。

 

話をしていく内にお互い「実際に会って喋りたいね」となってきたので、私たちはお互いの空いている日に実際に出会ってデートを行う事になりました。

 

カフェでトークを行いアイスブレイク

デート当日。私は電車に乗り女性の住んでいる千葉の駅まで行く事に。

 

千葉は茨城と違いかなり都会なので、駅の周りには飲食店もありますし遊ぶ場所も多いので、デートには持ってこいですね。

 

待ち合わせ場所のカフェの外に行くと、そこにはメガネをかけたおとなしそうな地味系女子が私に向かって手を振っていました。

 

私「こんにちは!〇〇さんですよね!」

 

女性「はい!〇〇です!冴えない女ですみません(笑)」

 

私「いえいえ、とても清純そうで真面目さが伝わってきます!」

 

女性「ありがとうございます(笑)はあ~緊張する~」

 

私「自分も緊張しています(笑)あ、早速カフェでお食事しますか!」

 

女性「そうですね!外だと暑いですし(笑)」

 

女性はかなり真面目そうな女性でした。しかし今回のデートの為か、服装をかなりオシャレにしてきていました。

 

ちなみに女性は胸はDカップ程ありお尻もまあまあ大きく、巨乳・巨尻好きの私からしたら及第点のボディでした。

 

早速、私は女性とワンナイトラブを行うため、カフェで女性との距離を縮めつつ評価を上げる事に!

 

私「〇〇さんは人見知りと言っていましたが全然そんな感じしないですね。とても愛嬌ありますし」

 

女性「そうですか。ありがとうございます(笑)八方美人なだけで、実際は人と喋ると気を使っちゃうんですよね~」

 

私「いや、それは逆にコミュニケーション能力が高いですよ。それによって周りは楽しい雰囲気で喋れるのですから」

 

女性「そうですかね~。でも結果、それで自分が疲れちゃって、どんどんと友達から距離を置いちゃうんですよね」

 

私「なるほど~。確かに良い人ほど疲れる世の中ですからね。ちなみに、経理の仕事での人間関係は順調ですか?」

 

女性「そうですね~。職場は良い人ばかりで助かっています」

 

私「そうですか。それは良かった!」

 

その後も、女性とは学生時代の話やマンガ・ゲームの話を行いました。

 

女性はしっかりとこちらの話にリアクションを取ってくれて、かなり良い子なのが分かりましたね。

 

カフェのお金も「割り勘で良い」と言ってくれて経済面でも自立しているのも素晴らしかったです。

 

本屋でイチャイチャしながらマンガトーク

カフェの後は、駅前のデパートでデートを行う事になりました。

 

デパートには本屋があったので、早速2人はマンガコーナーへ。

 

私「ワンピースの新刊出ていたのか。知らなかったわ~」

 

女性「先週でたばかりですよ。ちなみに私は買いました(笑)」

 

私「そうなんですか~。気付かなかったです(笑)ちなみに〇〇さんのオススメなマンガとかあります?昔のやつでも良いですし、最近のやつでも良いのですが」

 

女性「う~ん。どれかな~。ベタだけどハガレンとかかな~」

 

私「鋼の錬金術師ですか~。あれおもしろいですよね!作者女性なのビックリしました」

 

女性「ですよね~。女性であのような作品書けるのはセンスありまくりです」

 

私「他には何か好きなマンガありますか?」

 

女性「う~ん。なんだろうな、ジャンプ系以外だと、ラブホの上野さん、コウノドリ、にこたま、かくかくじかとかも・・・」

 

私「なんとなく聞いた事もあるやつもあるけどあまり分からない(笑)」

 

本屋ではお互いのオススメの漫画を紹介しあってイチャイチャしました。

 

ノリで「ふたりH」の話をしようとしたのですが、相手はギャル系じゃない真面目な女性なので、そこはやめました(笑)

 

ゲーム屋でもイチャイチャゲームトーク

デパートの中にはゲーム屋さんもあったので、本屋の次はゲーム屋さんに行く事に。

 

私「スマブラのWIIU相変わらず高いな~。まあまあ前の作品なのにやっぱ人気のあるのは違うな~。〇〇さんはスマブラとか好きですか?」

 

女性「スマブラは小さい頃やっていましたけど、下手過ぎてそれ以降やってないです(笑)」

 

私「スマブラはキャラクターはカワイイのばかりですけど、実際は格闘ゲームのようなものですからね~。女性には難しいかも」

 

女性「そうなんですよ~。なので私はFFやドラクエのようなRPGばかりやっています」

 

私「ほおほお、RPGなら確かにコマンドとかいらないですからね~。それ以外にも好きなゲームソフトとかあるの?」

 

女性「かなりありますよ!どうぶつの森、テイルズ系、モンスターハンター、マインクラフト、キングダムハーツ、とか好きなの一杯です(笑)」

 

私「ほおほお、たしかにカワイイ系のゲーム多いね~。VRとかやらないの?」

 

女性「ビビりなのでVRはやらないです(笑)」

 

ここでもお互いにゲームトークが弾み、長い間話をしていました。やはり趣味が同じだと話が弾みやすくて良いですね。

 

その後はゲームセンターへ行って二人でUFOキャッチャーやメダルゲームで楽しみました。UFOキャッチャーで取ったぬいぐるみを女性にプレゼントをしたら物凄く喜んでくれらのでコチラも嬉しくなっちゃいましたね。

 

エロ話をしたら意外とノリノリでラブホへ行く事に

デパートデートの後は駅前のベンチで恋愛トークを行いました。

 

初めは軽い恋愛話を行ったのですが、意外と女性は恋愛話にノリノリでコチラの小さいシモネタにも笑ってくれたので、ディープなHな話を振る事に。

 

私「〇〇さん俺のしょうもないシモネタにも笑ってくれて助かります!」

 

女性「それは女性だって性欲はありますからね(笑)あと、出会い系サイトに登録をしているという事はある程度Hに興味があるという事だと感じますよ」

 

私「そうか、確かに。じゃあ初体験とかの話聞いて良い?初体験は何歳の時?」

 

女性「私かなり遅いですよ。大学3年のときですかね~。高校の時に彼氏がいましたがそのときは、彼氏とすぐに別れたのでHはしなかったですね」

 

私「ほおほお、大学の頃の彼氏は〇〇さんからアタックしたの?」

 

女性「いえ、向こうからです。ゼミが同じで一緒にゼミの課題を行っていく内に仲良くなって、ゼミの終わりに食堂でこくられました(笑)」

 

私「食堂(笑)それはまた凄い所で。でも嬉しかったでしょ?」

 

女性「それは嬉しかったですね。でも結果的に大学卒業後はお互い就職をしてしまい、結果的に会う回数も減り別れてしまいました」

 

私「なるほど~。就職がキッカケか~。ふむふむ。これも聞いて良いのか分からないけど、初Hはやっぱり良かった?」

 

女性「痛かったですけど、でも男性と初めて体を触れ合ってムフフって感じでした(笑)ちなみに〇〇さんの初体験はどうでした?」

 

私「そりゃもう、ギンギンでしたよ。即発射で2戦目突入でした」

 

女性「ストレート過ぎ(笑)」

 

私「エロ話のときが〇〇さん1番嬉しそうじゃないですか」

 

女性「そうですね(笑)もしかしたら性欲高めなのかもしれないですね(笑)」

 

私「もし、もしだよ?これからラブホへ行こうって言ったら?」

 

女性「大丈夫ですよ!私もその気できょう家出ましたし(笑)」

 

まさか地味系女性がシモネタにノリノリで話をしてくれるとは。さらにラブホの誘いもすんなりOKとは。

 

やはり真面目そうな女性でもセックスに飢えているのですね。

 

女性は年齢を増すごとに性欲が増すと聞きますが、女性も30間近だったので、ムラムラしていたのかもしれませんね。

 

地味系女性とのセックスは下手だったけど楽しかった

早速、私と女性はラブホへ向かう事に!

 

それぞれシャワーを浴びて、その後はAV鑑賞

 

私「〇〇ちゃんはAVとか普段は見るの?」

 

女性「そうですね。最近は女性用のAVがありますからそちら。男性用のAVはやっぱり女性用と違って激しいですね」

 

私「そうだね。男性用はひたすらエロに特化しているからね(笑)」

 

女性「そうですね」

 

私「どう、ムラムラしてきた?」

 

女性「結構(笑)」

 

AVで女性をムラムラさせたらいよいよセックス開始!

 

私は早速女性をベッドに倒して豪快にキスをしました。ディープキスでは女性も結構乗り気でベロを出してきたので、隠れスケベぷりを存分に発揮!

 

ディープキス中にDカップの乳を存分に揉みしだき、その後は乳をしゃぶる事に専念。

 

女性は真面目っぽいのに、喘ぎ声は超セクシーで乳を堪能している時点で我慢汁は超出ました。

 

その後は女性にフェラをさせましたが、セックス経験が少ないので、フェラはあまり上手くは無かったですね。

 

それでも頑張って口や手でペニスをシゴいてくれる姿はとても可愛くて、私はそこまで女性の頭をさすりながら「ありがとう」と感謝の言葉をかけました。

 

フェラの次はクンニ。

 

クリトリスを舐めるだけで女性は「あん」と喘ぐので、かなり感じやすい体質なのが分かりましたね。

 

その後は腕が疲れるまで手マンを行い女性を喘ぎまくらせました。

 

手マンが終わったころには、私は腕がヘトヘト、女性も感じまくりで声をかけても返事があまり返ってこない状態。

 

私はお互いが落ち着くまで再びディープキスを行う事に。

 

ある程度キスを堪能したら、その後はいよいよ女性に挿入。

 

私「じゃあ、挿入しますね。うわ、めっちゃ〇〇ちゃんのマンコ濡れている」

 

女性「あまり凝視しないでくださいよ(笑)」

 

私「じゃあ挿入します」

 

女性「う~~ん・・・」

 

私「痛く無いですか?」

 

女性「大丈夫です。きもちいです」

 

私「じゃあ、腰振るよ」

 

女性「はい」

 

私は女性と抱き合いながら腰を振りまくりました。女性は喘ぎながらご満悦な顔をしていて会った時の真面目な女性とはまるっきり正反対。

 

このギャップがたまらなく良く、私はギャルとのセックスとは違う楽しさを感じましたね。

 

セックス後は女性から「もっと近くに来て」と言ってキスをおねだり。セックス後もラブラブ状態でその日のHは終わりました。

 

まとめ

その後も女性とは定期的に連絡を取ったりデートを行う仲になりました。

 

私は初めはセフレとして会ったつもりだったのですが、趣味も相性も合うので結果的に恋人関係になる事に!

 

このように地味系女性もハッピーメールには登録をしています。

 

さらに、地味系女性・オタク系女性でも出会い系サイトに登録をするくらいだから性欲はある程度あるので、即ハメも充分に狙えます。

 

お互いの趣味が合うとデートで仲良くなりやすくなり、よりラブホへ誘える可能性が上がるので、地味系女性をセフレにしたいなら「住んでいる場所が近くて趣味が同じ女性を狙う」のが良いですね。

 

地味系女性の多くは男性経験が少なく、男性の体を欲している場合が多いので、意外とエロエロだったりするのですよね。

-ハッピーメール, 出会い系体験談

出会い系将軍公式ツイッター

Copyright© 出会い系将軍 | 出会い系サイトを徹底比較!あなたにおすすめの出会い系サイトを教えます , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.