オフレとは?

オフレはどんな関係?オフレの探し方や作り方、セフレに移行する方法までまとめてご紹介

オフレという言葉を聞いたことがあります?オフレはお風呂フレンドの略称で、一緒にお風呂に入ることを目的とした異性の友人関係のことです。セフレやソフレ(添い寝フレンド)などは聞いたことがあるかもしれませんが、オフレはあまりなじみがありませんよね。こちらの記事では、オフレの作り方からオフレからセフレに昇格するための方法、出会いの注意点などを紹介します。

この記事でわかること

  • オフレは一緒にお風呂に入る異性の友人関係のこと
  • 関係によっては普段遊んでいる女友達をオフレにすることも可能
  • オフレはTwitterや出会い系サイトで探すことができる
  • オフレには自宅のお風呂に一緒に入る関係と一緒に銭湯に行くだけの関係の2種類ある
  • オフレをセフレにしたい場合はスキンシップから徐々に関係値を深める
  • 相手の身体を触っても嫌がられない場合セフレになる可能性は高い
  • 掲示板や出会い系サイトでオフレを探す場合金銭目的の女性に注意する

オフレとは?

オフレとは?

オフレとはずばりお風呂フレンドのことです。セフレやソフレなどは聞いたことがあるかもしれませんが、オフレはなかなか聞きなれない言葉ですよね。事実、若者の間で最近流行出した一種の友達関係なので無理はありません。私も最初にこの言葉に出会ったときは驚きました。

オフレつまりお風呂フレンドは、ただ一緒にお風呂に入る異性の友達のことを指します。一緒にお風呂に入っていちゃいちゃすることはありません。友人同士なので雑談くらいはすると思いますが、性的な関係はなく一線ははちゃんと守る関係です。

男同士や女同士が一緒に銭湯に行くようにオフレ関係になっている男女は当然のように一緒にお風呂に入り、身体を流しあいます。男女の友情を超えてしまうとそのような境地に達するのかもしれません。

上記のように自宅のお風呂に二人で平気で入るディープなオフレもあれば、一緒に銭湯に行くだけのソフトなオフレも存在します。このソフトなオフレは銭湯が好きだけど周りに一緒に行ってくれる人がいない。そんな男女が銭湯に行く関係のことを指します。

当然、銭湯の中では男女でお風呂が分かれているため、一緒にお風呂に入ることはありません。あくまで銭湯に一緒に行くことを目的としたオフレです。

オフレと出会う方法

Twitterでオフレと出会う

友達からオフレに発展するケース

新しく出会うのではなく、すでにいる友達がオフレになるケースがあります。「オフレとは?」の項目でも少し説明しましたが、これはよっぽど仲の良い男女のケースしかありえません。普通の友達に「一緒にお風呂入らない?」と言ったところでほとんどの場合は引かれてしまうか、冗談としてしか受け取ってもらえませんので注意しましょう。

無理やり言葉にすると、仲の良い男性友達よりもさらに仲の良い女性友達といったところでしょうか。プライベートなことは何でも話せるのはもちろん、自分の弱みまですべてさらけ出せるような女性友達がいた場合、オフレになれる可能性は非常に高いです。

裸どうしの付き合いをしようと話を持ち掛けてみてください。念願のオフレをGETできるかもしれません。

Twitterでオフレと出会う

Twitterでオフレと出会いたい場合2つの方法があります。一つ目があなたから積極的にオフレ募集の投稿をする。二つ目が検索欄で「オフレ」もしくは「お風呂フレンド」と入力し、オフレに興味を持っているアカウントにアプローチをしていく方法です。

実際に検索してみると以下のような投稿を見つけることができます。

 

Twitterでは女性もオフレ探しをしています。お互いの利害関係が一致しやすいので、Twitterでのオフレ探しは有効です。

また裏垢女子に対してオフレを打診する手段も有効的です。いきなりセックス要望するよりもハードルが下がるため確率は高くなります。またオフレという言葉がまだ新しいため、興味本位でオフレになってくれる可能性もあります。

そもそも裏垢女子はセックスを目的にアカウントを所有しているケースが多いため、一緒にお風呂に入るくらい容認してくれる可能性は高いです。逆に物珍しさから積極的にオフレになりたいと言ってもらえるケースもあるでしょう。

出会い系サイトでオフレと出会う

出会い系サイトでもオフレを探すことができます。探し方は基本的にはTwitterと同じで自分からオフレ相手を募集する方法と、オフレを募集している女性にアプローチをする方法があります。

自分からオフレ募集をかける場合は、掲示板で投稿するもしくは日記コンテンツを利用しましょう。掲示板投稿は利用者が多くの女性の目に留まりますが、一方で投稿がすぐに流れてしまうデメリットもあります。日記は掲示板ほど多くの目に留まりませんが、プロフィールに訪れた人に見てもらうことが可能なので、長期的に募集を掛けることが可能です。

ですので、どちらか一方だけ使うよりも掲示板と日記の両方を使った方がより効率的にオフレ相手を探すことができます。

実際に出会い系サイトでオフレをGETしたひとの口コミがこちら。

最高にオススメ!キーワードでの詳細検索ができるので、オフレがすぐに見つかります。女性登録者はエッチ度を記入できるので、お風呂からエッチに持ち込まれたくない方はエッチ度を低くしておきましょう。スタイル検索も出来るので細マッチョやポッチャリ、ナイスバディな異性もすぐに見つかります!

出典:https://www.kingodyssey.com/dk/016/?fbclid=IwAR0TlhlcXoPQ6EjZJ4OY-G1F7V1qBerBCe-bJ4DOpwvfS-K_9c7MM_FzHSM

掲示板でオフレと出会う

2020年7月時点でオフレ募集専用の掲示板はオープンしていないようです。ただ一般的な掲示板ではオフレ募集のスレッドが立ち上がっているのがいくつか確認できました。

<オフレ募集掲示板>

家族風呂で一緒にお風呂入って色々お話したり背中流しあったりしませんか?

出典:https://bakusai.com/thr_res/acode=10/ctgid=112/bid=743/tid=7851892/

しかし、全体的にスレッドの数は少ない印象。出会い掲示板ではそこまで活発にオフレ募集は行われていないようです。

ソフトなオフレなら今すぐにでも作れる

オフレと一緒に銭湯に行く

ここまで自宅のお風呂に一緒に入るハードなオフレの話をしてきましたが、銭湯に一緒に行くことを意味するソフトなオフレであれば今日からでも作れる可能性があります。なぜなら女友達に「一緒に銭湯行かない?」と聞くだけで済むからです。

最近のスーパー銭湯は特に質が高く、いろんな種類のお風呂がありサウナ施設も充実しています。サウナーという言葉がバズっていることからサウナに通う女の子も増えているそうです。

むしろ積極的についてきてくれる女の子の方が多いでしょう。

オフレからセフレに関係を移行する方法

オフレからセフレへ昇華する方法

続いてオフレからセフレに昇格する方法について解説します。一緒にお風呂まで入る関係にまでなったのならできればセックスまでもっていきたいですよね。ただ正直そこまでハードルが高いものではありません。大きく手順を間違わない限りほぼほぼセックスは可能です。

今回はオフレと言っても自宅のお風呂に一緒に入るところまで関係が深まっているハードなオフレという前提で話を進めていきます。

自然なスキンシップ

最初のステップはスキンシップです。これがないとなかなか関係を先に進めることができません。そしてまずはなるべく下心が見えないようなかたちでオフレ相手の身体に触れることから始めましょう。オススメのスキンシップは「オフレ相手の身体を洗う」です。

一緒にお風呂に入っているのだからその環境を活かさない手はありません。またお風呂に入っているのだからオフレ相手の身体を洗うことを手伝う行為は非常に自然です。ただいきなりオフレ相手と向かい合って身体を洗うとなると少し違和感があるので、背中を流す程度にしておきましょう。それでも十分相手の身体に触れることができますし、スキンシップは可能です。

キスができればゴールはもうすぐ

相手の身体に触れることができたら次はキスです。これはもう雰囲気づくりがすべてです。お風呂に入りながらトークを楽しんだ後、恋人のように後ろからぎゅっと抱きしめてキスをしてみましょう。

ただし何度も言いますが、これは雰囲気ががすべてですしあなたとオフレ相手との関係値にもよるので必ず成功する方法ではありません。相手はあなたとオフレ以上の関係を築くきは全くない可能性もあります。

その辺りはトークをしながら相手の心情を確かめてみてください。

目安は3回目のお風呂

オフレと一緒に自宅のお風呂に入る

キスもそうですが、目安は3回目がいいでしょう。スキンシップの延長でもう少しいろんなところを触っていちゃいちゃしてみてください。相手が嫌がらなければそれはもうセックスOKの合図といっても過言ではありません。

オフレ相手とのセックスで一番いいのは、お風呂に入っている最中にセックスができる点です。服を脱ぐ必要もないのですぐにおっぱじめることが可能です。

またオフレがセフレに昇格した際には、一緒にお風呂に入るたびにお風呂でセックスができます。

オフレと出会う際に注意したいこと

オフレと出会う際の注意点

オフレを探すために掲示板サイトや出会い系サイトを利用するのは有効な手段ですが、もしかしたら相手が純粋にオフレを探していないケースがあります。その中でも特に多いパパ活女子と風俗営業に絞って解説しますので、オフレを探す前に必ずチェックしてください。

パパ活女子の可能性

Twitterでオフレを探す際に特に注意をしてください。Twitterでセフレ、オフレ、ソフレ(添い寝フレンド)などの性的接触を目的に運用されているアカウントは金銭を目的にやり取りをしているパパ活女子の可能性があります。

何の確認もしない状態で話を進めてしまうと、実際に会った直後にお金を請求されて困惑してしまう可能性があります。相手にDMを送る際は、必ずプロフィールをチェックする、そしてパパ活女子の可能性がある場合は、事前に確認をしておきましょう。

またSNSでは安易にあなたの個人情報を相手に提供することは絶対にやめてください。LINEやカカオトークのIDだとしても悪用されてしまう可能性があります。なるべくTwitter上だけでやり取りを完結することをオススメします。

普段Twitterを使っていなくてどうしても別のメッセージアプリに移動する場合は、悪用されても問題のない捨て垢を利用する方がいいでしょう。

<SNSのセキュリティリスク>

SNSは個人情報の宝庫となっており、IDとパスワードの漏えいは貴重な個人情報の漏えいに直結する。実際にLINEなどで、プライベートに直結する個人情報や写真を共有することは少なくないだろう。こうした状況を反映して、アカウント管理が甘いユーザーを狙ったLINEアカウント乗っ取りが横行したこともあった。ユーザーにはSNSアカウントの適切な管理が求められている。

出典:https://eset-info.canon-its.jp/malware_info/special/detail/191203.html

風俗営業の可能性

出会い系サイトでオフレを探す際は特に注意をしてください。私自身10年近く出会い系サイトを利用していますが、2年くらい前を境に風俗営業を目的としたアカウントが増えてきました。実際は風俗店のスタッフがやり取りしているのか実在している風俗店勤務の女性がやり取りをしているのかはわかりません。しかし、あからさまに金銭を条件にセックスをほのめかしたり、すぐにホテルに来てほしいなどの発言をする女性が増えました。

セックスをするうえで多少の金銭が発生しても問題ない、また相手がたとえ風俗嬢だとしても気にならない場合は深く考えなくてもいいです。しかし、風俗嬢ではなく素人の女の子とマッチングしたい場合、やり取りしてすぐに金銭や条件を打診してくる女性はほぼ風俗営業なので注意しましょう。

実際にオフレを作った人の口コミ

オフレに関するの体験談を探してみたところ、以下のような口コミがありました。確かにオフレという言葉自体もなじみはありませんが、「信じられない」というほどびっくりするようなことでしょうか。もしかしたら嫉妬心もあり同僚から厳しい言葉を掛けられたのかもしれません。

私には一歳下のオフレがいます。先日、同僚に話したところ信じられないと言われました。貸切風呂に入るだけで、やましいことはありません。マッサージしあうくらいです。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13175668123?__ysp=44Kq44OV44Os

セフレほどオフレは一般化しているわけではなさそうですが、ある種のコミュニケーションを埋める手段として実在はしています。セックスもセットでオフレ関係を望んでいるひといるかと思いますが、そうではなく単純に寂しいから一緒にお風呂に入って欲しいという需要もあります。(上記の口コミのように)

オフレ探しをする場合、相手が望んでいることを汲み取ったうえで良い関係を築きましょう。