既婚者クラブで既婚者を探す

既婚者同士が出会うには?おすすめのサービスやサークルをご紹介

この記事では既婚者同士の出会いが得られるサービスやスポット、そしていま話題沸騰中の既婚者サークルを徹底的にご紹介していきたいと思います。

今や既婚者でも出会いを求められる時代。結婚しているからと自身を律し過ぎず、様々な出会いを通して人生をより楽しみましょう。

この記事でわかること

  • 既婚者同士の出会いを探すなら出会い系やサークルがオススメ
  • 既婚者クラブはクローズドな既婚者同士の出会いを探せるのでオススメ
  • ワクワクメールでも既婚者同士の出会いを探せる
  • 既婚者サークルでは合コンのようなイメージで出会いを探せる
  • 社会人サークルでは趣味の延長で出会いを探せる
  • スポーツバーやHUBではお酒の力を借りてノリの良い相手を探せる
  • 愚痴を肯定してあげたり、褒めることで不倫を後押しできる
  • 家族バレや人間関係のこじれには細心の注意を払う

既婚者が出会いを探す方法

既婚者には、既婚者ならではの出会い方がある。まずは既婚者が出会いを探す方法を大まかに4つご紹介します。

一口に出会い方といっても向き不向きがあります。具体的なサービスやスポットに関しては後述しますので、ここでどんな方法を自身に合っているかを確かめた上で、詳細をご覧ください。

出会い系サービス

ネットで出会いを求めることのできる出会い系サービス。今やこういった形の出会いは市民権を得ており、若年層だけでなく、30代以降の男女もこぞってサービスを利用しています。出会い系が既婚者の出会いに向いている理由は大きく分けて2つ。ひとつ目は「匿名で利用できる」からです。

出会いを求める既婚者が最も恐れるのは友人知人や家族にそのことがバレてしまうこと。出会いを探しているという行為が露見するだけでも非難の的、白い目で見られる要因となってしまいます。

その点、出会い系は匿名性が高く、周囲バレするリスクは非常に低い。事実、出会い系サービスにはこっそり出会いを求める既婚者が多く集まっています。

ふたつ目の理由は「完全に初対面の相手と出会える」。会社の同僚や友人など、現実で繋がりのある相手はバレるリスクが高く、またバレた時のダメージも大きい。最悪、社会的信用の失墜にも繋がりかねません。

しかし出会い系であれば、現実では何の接点もない相手と出会うことが可能。これは大きなメリットでもあり、普通に生活していては到底出会えなかったような相手との出会いも時に得ることができます。出会い系サービスは、とにかくこっそり出会いが欲しい。そんな既婚者の方にオススメな方法です。

 

ワクワクメールは既婚者が特に多い

既婚者と出会いたい場合、ワクワクメールをおすすめする理由が2つあります。1つ目はとにかく会員数が多いこと。ワクワクメールは累計登録者数が800万人を超える日本最大規模のサービスです。それゆえ、既婚者の登録数も日本最大規模です。

特定の都道府県に限定して検索しても、ほとんどの地域で数百名以上の既婚者女性がヒットします。出会い系サービスを利用するなら必ず会員数の多いサービスを利用しましょう。

ワクワクメールは既婚者が多い

→ワクワクメールで既婚者とセックスする

エッチな既婚者が多い

ワクワクメールをおすすめする2つ目の理由がエッチな既婚者が多いことです。ワクワクメールで出会いを求めるなら、掲示板機能を利用するのが鉄板の方法なのですが、そこでも多くの既婚者女性がセックスパートナーを求める投稿をしています。

アダルト掲示板の検索画面にて、「既婚者」項目にチェックを入れて検索してみてください。以下のような投稿が数百件ヒットします。既婚者とセックス目的で出会いたい場合はワクワクメールを利用するのがもっとも効率的といえるでしょう。

エッチな投稿が多い

→ワクワクメールで既婚者とセックスする

ワクワクメールでエッチな体験をした人の口コミ

ここまで読み進めていただいた方の中には「それ本当?」と首をかしげる方もいるかもしれませんが、すべて事実ですワクワクメールでは無料ポイントもありますので、ぜひ試してみてください。またTwitter上では、実際に既婚者女性とセフレ関係になった人の口コミをみることができます。実に羨ましいですね。

 


→ワクワクメールで既婚者とセックスする

既婚者サークル

既婚者サークルとは簡単に言えば既婚者同士が集い、交流をする場。同じ境遇にいる者同士、悩みを共有したり、愚痴をこぼしあったり、良き友人を作る場として近年、流行しているスポットとなっています。

しかし純粋な友人作りを目的とするサークルがある一方で、よりディープな出会いを目的とした既婚者の集まるサークルもまた存在します。

既婚者サークルは、既婚者のみが参加を許される「既婚者合コン」の温床でもあります。そこに集うはもちろん不倫目的の既婚者ばかり。同じ関係を希望するだけあり、2人の仲が進展するのも速い。

既婚者同士の秘密は秘匿性が高く、だからこそ安心して関係を築くことができる。実際にコミュニケーションを取りながらの出会いが欲しい。既婚者サークルは、そんな方にオススメの方法と言えます。

社会人サークル

地域ごとに存在する社会人サークル。一見、既婚者の出会いとは無縁そうな場所ですが、ここもまた既婚者同士の出会いに向いています。

結婚をすると人間関係は希薄になるものですよね。社会人サークルにはそのことに一抹の寂しさを覚えた既婚者が集いやすい。また、暇を持て余し、日常にちょっとした刺激を与えにきた既婚者も、実のところ少なくなかったりします。

もちろん社会人サークル自体は健全な集まりで、出会いを求める人はそう多くない。しかし定期的に顔を合わせたり、同じ目標に向かって頑張っていると、人間同士の繋がりは次第に強くなっていくもの。

単純な出会いだけには留まらない、趣味やプライベートを充実させながら出会いが欲しい既婚者にオススメです。

バー・クラブ

若い独身の男女が集まりがちなバーやクラブにおいても出会いはあります。特に近年は出会い目的のスポットも増え、既婚者でも容易に相手を見つけやすくなっています。

ただし、バーやクラブは他の方法に比べて難易度が高め。最低限の容姿の他、コミュニケーション能力なども必要になり、ナンパと同じような出会いの形である為、徐々に仲を深める、といったことも難しい。

しかしバーやクラブにはレベルの高い女性が集まりやすく、試してみる価値は大いにあり。お酒の力を借りられるのも非常に大きいです。

その場のノリに任せた出会いが欲しい既婚者にオススメな方法です。

既婚者にオススメの出会い系サービス

匿名での出会いを希望する既婚者にオススメな出会い系サービス。ネットには同じく出会いを求める既婚者が大勢おり、誰にも知られることなく、良い出会いを求めることができます。

既婚者にオススメの出会い系サービスを4つご紹介します。

マリッシュ

マリッシュで既婚者を探す

マリッシュ」は累計マッチング数200万件を超える大手マッチングアプリ。有名女性ファッション誌などへの掲載実績もあり、安心かつ安全に出会いを求めることができます。

恋活や婚活を謳っている当アプリには、出会いや刺激を求める既婚者も在籍。さすがに結婚していることを公言する方はいませんが、プロフィールを読んでみると、既婚であることを仄めかしているユーザーも少なくない。

「いいね!」を送り合うことでマッチングが成立するシステムなので、プロフィールをしっかり作り込むことで出会いの確率がアップ。同じ既婚者を狙うなら、同様に婚外関係を希望していることを仄めかすと良いでしょう。

女性 無料
男性 有料会員3400円/月
プレミアムプラン 3000円/月

 

既婚者クラブ

既婚者クラブで既婚者を探す

既婚者クラブ」は、完全会員制の既婚者限定マッチングサイト。登録者数は全国で5000名とまだ多くないものの(2020年5月時点)、既婚者限定という特殊性から今後ユーザーが増えていくことが期待されます。

使い方はシンプルで、「いいね!」を交換し合うことでマッチングするシステム。本名の使用は禁止、かつアップロードした写真には自動的にぼかしが入るので、身バレを気にすることなく出会いを求めることができます。

「サイトに登録している=出会いを求めている」ので、関係の進展も速い。無駄な駆け引きなどをする必要なく、既婚者同士の出会いが得られます。

女性 無料
男性 5980円/月

 

sepa(セパ)

セパで既婚者を探す

既婚者専用のマッチングサイト「sepa(セパ)」は、友達作りはもちろん、恋活やセカンドパートナーとの出会いもサポートしてくれるサイトです。

独身者も登録できますが、その数はごく僅か。既婚者の方は、同じく既婚者の相手との出会いを心行くまで楽しむことができます。

「既婚者クラブ」同様、現状はあまりユーザーが多くありません。しかしセカンドパートナーという概念が広がりつつある今、既婚者専用のマッチングサイトが日の目を見る時は近く、いま登録しておけば大きなアドバンテージを得ることができます。

登録自体は無料となっていますので、興味のある方はぜひお試しください。

女性 無料
男性(30日プラン) 4980円/月
男性(90日プラン) 3980円/月
男性(180日プラン) 2980円/月

 

ワクワクメール

ワクワクメールで既婚者を探す

ワクワクメール」は累計会員数800万人を数える大手出会い系サイト。出会い系とSNSの良いトコ取りをしたようなサイトで、独身者のみならず、既婚者も多く利用しています。

一般的なマッチングアプリが若い独身者向けで、どちらかという既婚者は白い目で見られるのに対し、ワクワクメールではむしろ既婚者の方が幅を利かせており、何のしがらみもなく出会いを求めることができます。

ワクワクメールでは簡単に既婚者を検索できる

プロフ検索ではこのように既婚者をピンポイントで探し出すことが可能。利用者数も非常に多いので、好みの相手と出会える確率は非常に高い。

出会い系にいる既婚者は、同じ既婚者を求める傾向が強い。プロフにはしっかりと結婚していることを明記し、チャンスを逃さないようにしましょう。

プロフィルには結婚していることを明記しておく

 

ワクワクメールは完全前払い制

(1P=10円)

ワクワクメールは前払いポイント制を採用しています。出会いを求める時に、その分だけポイントを消費すれば良いので、節約効果も抜群。あまり出会いにお金を掛けられない方にもオススメです。

既婚者にオススメの既婚者サークル

リアルでのコミュニケーションを取りたい方にオススメな既婚者サークル。同性はもちろん、異性との出会いも得られるので、きちんと相手の人となりを知った上での出会いを得ることができます。

既婚者にオススメの既婚者サークルを4つご紹介します。

キコンパ

キコンパで既婚者同士の出会いを探す

キコンパ」は、既婚者合コンを年間700件近くも開催している老舗の既婚者サークル。面倒な会員登録を行うことなく、まさに思い立ったが吉日の精神で既婚者合コンに参加することができます。

東京都内を初め、札幌や名古屋、大阪など、合コンは全国各地で開催。独身の参加はもちろんNGなので、既婚者同士、心置きなく出会いを楽しめます。

合コンでは2、30分おきに席替えを実施。開催時間は約2時間となっているので、様々な異性と交流を持つことができます。

表向きは友達作りですが、中には不倫を希望する方もチラホラ。一次会で仲を深めた異性と二次会でこっそり抜け出す。こんなシチュエーションも夢ではありません。

男性の平均参加費用は1万円とやや割高。しかし上手くいけば今後しばらく付き合っていけるパートナーが見つかると思えば、出資する価値は大いにあります。

NEXT DOOR(ネクストドアー)

ネクストドアーで既婚者同士の出会いを探す

NEXT DOOR」は、東京都内を中心に既婚者限定の合コンやパーティーを開催している既婚者サークル。

花見やバーベキュー、クルーズなど、単なる合コンの枠には収まらない様々なイベントを催しており、忙しない結婚生活を忘れさせてくれるひとときを提供してくれます。

着席型のパーティーでは、ひとつのテーブルに着く人数が2~3人と少数。しかしその分、短時間で仲を深めることができます。席替えももちろん実施されるので、1回のイベントで複数人の異性と出会うことも十分に可能です。

男性の平均参加費用は約1万円。出会いのチャンスは逃さないようにしましょう。

BRANCH(ブランチ)

ブランチで既婚者同士の出会いを探す

全国各地で既婚者飲み会、合コンを開催している「BRANCH」は、「仕事も、家庭も、友達も」をコンセプトに様々なイベントを開催している既婚者サークルです。

BRANCHでは夕方や夜だけでなく、平日の昼間にもイベントを開催。土日休みでなかなか参加できないという方でも、気軽に合コンに顔を出すことができます。アルコールだけでなく、ソフトドリンクも用意されているのでご安心を。

落ち着いた雰囲気の中で出会いを求めることが可能。あまりガツガツ攻めずに、飲み会や合コンはあくまで出会いのきっかけとして考えると、上手くいく確率が高くなります。

男性の平均参加費は約9000円と他のサークルに比べて格安。LINE割りを利用することでさらに割引されるので、積極的に使っていきましょう。

Mint(ミント)

ミントで既婚者同士の出会いを探す

Mint」は、既婚者の友達作りをサポートする既婚者サークル。「かけがえのない時間」という花言葉をモットーに、既婚者に素晴らしい出会いを提供してくれます。

合コンの形式は基本的に着席タイプ。ひとつのテーブル毎に4~6人の男女が着席するので、積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。イベント参加者の大半が1人での参加なので、積極的に声を掛ければ、それだけ多くの出会いが生まれます。

イベントの開催地はどこも高級感溢れる店ばかり。非日常の中での出会いは、必ずやあなたにとって有益なものになるはずです。

男性の平均参加費用は約1万円。やや高めですが、参加する女性はその金額に見合った方ばかり。出会いを逃さないようにしましょう。

既婚者にオススメの社会人サークル

趣味やプライベートを充実させながらの出会いが欲しい方にオススメな社会人サークル。出会いの相手が必ずしも既婚者でないというきらいはあるものの、自然と仲を深めやすい出会い方ができます。

既婚者にオススメの社会人サークルを3つご紹介します。

Mates(メイツ)

メイツは既婚者にオススメの社会人サークル

Mates」は、全国各地でイベントを開催している社会人サークル。パーティーやレジャー、スポーツなどの催しを開いており、自分の趣味や好みなどに合わせた出会いを求めることができます。

平日、土日、どちらでもイベントを開催しているので非常に参加しやすい。参加費はイベントにもよりますが、約5000円~1万円と比較的リーズナブル。

出会いはもちろん、様々なイベントがあるのでプライベートの充実にも最適。少しでも興味のあるイベントがあれば、迷わずに参加を申し込んでみましょう。

アッシュ

アッシュは既婚者にオススメの社会人サークル

アッシュ」は、設立されて26年目の実績を誇る老舗の社会人サークル。年代や趣味別のイベントを全国各地で開催しており、様々な出会いとイベントを楽しむことができます。

ひとり参加でももちろんOK。むしろひとりで参加した方が、誰かと話すきっかけを作りやすい。まずは特に興味のあるイベントに参加して、雰囲気を味わってみましょう。

参加費はイベントにもよりますが、約5000円~1万円。頻繁の参加は難しいものの、そのぶん濃い時間を過ごすことができます。

YoLo(ヨロ)

ヨロは既婚者にオススメの社会人サークル

YoLo」は、関東近郊での出会いをサポートする社会人サークル。東京を中心に神奈川、埼玉、千葉でイベントを開催しています。

年齢層は30代~とやや高めですが、それだけに落ち着いた出会いを求めることが可能。参加費は大体6000円前後。休日を大いに楽しむことができます。

開催地を関東に絞っているだけあり、参加人数は多い。大半が飲み会イベントとなっているので、お酒が好きな方はぜひ参加してみてください。

既婚者にオススメのバーやクラブ

ノリに任せた出会いが欲しい既婚者にオススメなバーやクラブでの出会い。やや難易度は上がるものの、上手くいけばレベルの高い異性と出会えるチャンスが得られます。

既婚者にオススメのバー・クラブを3つご紹介します。

スポーツバー・HUB

バーで既婚者と出会う

全国各地に店舗を展開する、日本一有名なスポーツバー。店内はいつも活気に溢れており、女性をナンパしている男の姿もチラホラと見受けられます。

雰囲気はかなりナンパ向き。声を掛けても特に不自然ではなく、たとえ断られてもダメージはさほど多くありません。ポピュラーなバーだけに既婚者も多く、同じ既婚者であることを明かせば意気投合する可能性も上がるはずです。

ただし、しつこいナンパはNG。あくまで良さそうな女性がいた時だけにしましょう。スポーツバーもれっきとしたお店。過度な迷惑行為には警察を呼ばれてしまいます。

また、同じバーなら「スイッチバー」もオススメ。こちらは出会いに特化したスポットなので、女性も声を掛けられるのを今か今かと待っています。

相席居酒屋

今や出会いのド定番ともなった「相席居酒屋」。独身男女のみが利用するかと思いきや、意外と既婚者も使っていて、刺激を求める既婚女性の姿も時に見られます。

特定の店舗に既婚者が集まりやすい、というわけではありませんが、「相席屋」などのポピュラーな店にはやはり人が集まりやすい。積極的に利用していきましょう。

なお、全国には他にも相席居酒屋がたくさん。地域に根差した店もあったりするので、興味のある方は探してみましょう。

OWL OSAKA(アウル)

クラブで既婚者と出会う

大阪は梅田にある西日本最高峰のナイトクラブ、それがQWLです。午後7時から開かれる店内にはとめどなく音楽が流れ、ノリの良い男女がそれに合わせて踊り狂っています。

クラブに集まる既婚者は、若い頃にこういった場所に顔を出していた人たちばかり。昔の遊びが忘れられなくて、ついつい足を運んじゃうんですよね。

それだけに日常に刺激が足りないのは明白。さすがに一筋縄ではいきませんが、同じ既婚者であると明かせばそれだけで距離は詰められる。刺激が足りない者同士、仲を深められる可能性は十分にあります。

なお、OWL OSAKAもそうですが、クラブにはドレスコードがある場合も多い。ジャージやスウェットなどはNG。スーツ姿でいけばまず間違いありません。

大都市にクラブはつきもの。出会いに向いているのはOWL OSAKAだけではありません。積極的に開拓していきましょう。

不倫に踏み出せない女性の背中を押すためのテクニック・フレーズ

既婚者を落とすためのテクニックを紹介

世の中には不倫に興味を持ちながらも、最後の1歩がなかなか踏み出せない女性が大勢います。そんな女性の背中を押すのも、男性の大切な役目。上手く言葉を掛けてあげて、迷える女性を導いてあげましょう。

不倫に踏み出せない女性の背中を押すテクニック・フレーズをご紹介します。

愚痴を肯定する

どれだけ愚痴を吐かれても、その内容があなたと相容れなくても、とにかく肯定しましょう。同調し、賛成し、味方になるのです。そうすれば女性の心は容易に開かれ、やがてあなたを唯一の理解者として慕ってくれるようになります。

女性が不倫に求めるのは、肉体的な満足よりも、精神的な充足です。特にこれまで不倫をしてこなかった女性はその傾向が強く、だからこそ、まずは内側から溶かしていく必要がある。

愚痴を肯定し、「うちもそんな感じ」と同調する。同じ境遇にある既婚者同士は惹かれやすい。焦らず、じっくりと懐柔していきましょう。

褒めて好意を示す

結婚すると、他人に褒めてもらう機会が少なくなります。家事や育児に時間を取られ、他社との関係が希薄になりがちな女性は尚更。

だからこそ、褒める。褒めて、ストレートに好意を示すのです。久し振りに食べるケーキが殊更に美味しく感じるように、相手の女性はその褒め言葉を、実際の言葉以上に、強く、そして重く受け止めてくれます。

しかし単純に「可愛い」や「キレイ」と言っても軟派に聞こえるだけ。より響く言葉を選ぶとしたら、これが効果的。

「○○さんが奥さんだったら良かったのに」

妻としての在り方を肯定した上で、好意も示すセリフ。あまり本気のトーンではなく、ちょっと冗談めかした調子で言ってみましょう。効果抜群です。

意外とみんなしてるものだよ

ありがちですけど、非常に有効なフレーズ。「赤信号、皆で渡れば、怖くない」と同様に、集団意識で価値観を揺らがせ、不倫に誘います。

昨今は女性芸能人の不倫もメジャーになっており、不倫のハードル自体は非常に低くなっている。「みんなしてるもの」と納得すれば、不倫に踏み出せない女性も、最後の一歩を踏み出してくれます。

とはいえ、いきなりそんな言葉を言われてもあまり効果はありません。例えば知り合いの話を持ち出して、「そういえば会社の同僚が」なんて話をいくつかすれば、「あ、意外とみんな不倫してるんだ」と得心させやすくなります。

フレーズを使用する場合は、具体例を持ち出して説得しましょう。具体例は創作でも構いません。相手の女性に納得させられれば、それで良いのです。

これから死ぬまで旦那さんとだけって耐えられる?

既婚者の女性に現実を突きつけるフレーズ。不倫に後ろ向きな女性も、これから先、深く関わっていく異性が旦那だけかもという絶望的な事実に向き合うと、途端に不倫を受け入れてくれます。

特に30代、40代の女性はその傾向が顕著。この先、何十年も旦那といるんだったら、今の内に遊んでおこうと考える方は少なくありません。

即効性はありませんが、じわじわと女性にダメージを与えるフレーズ。「自分で良かったらいつでも相手になります」と伝えておくと、落ちるのも時間の問題と言えます。

1回だけ試してみない?

意外と効果的なフレーズ。不倫に今一つ乗り気になれない女性は、無意識に不倫が及ぼす悪影響に意識を飛ばしており、「そんなことになるくらいなら」と自分を律しています。

しかし「1回だけ」という言葉は、そんな女性にこそ効果的。

「1回だけならバレないし大丈夫かな……」

元より不倫に興味は持っているわけですからね、リスクが最小限に抑えられるのであれば、誘いに乗るのもごくごく自然なこと。

このフレーズを使用する時は、「1回だけ、1回だけだから」と必死に頼み込むよりかは、「1回だけ、どう?」と落ち着き払った調子で誘うと効果的。また、その前にあなたが誠実な人柄の持ち主であることを相手に植え付けておくと、より効果が増します。

既婚者が出会いを見つける際の注意点3つ

既婚者の出会いにリスクは付き物。どれだけ取り繕ってもこの事実は変わりません。しかし事前に把握しておくことでリスクを最小限にすることは可能。極力リスクを減らし、少しでも長く出会いを楽しみましょう。

既婚者が出会いを見つける際に注意するべきポイントを3つご紹介します。

家族バレ

家族バレは出会いを求める中で最も危惧すべき事案です。自分はもちろんのこと、相手の家族バレにも注意する必要があり、W不倫がバレた日には最悪の事態も覚悟しなければなりません。

  • 家族バレを防ぐ主な方法は以下の通り。
  • お互いの生活圏内では絶対に会わない
  • 店に入る時は個室を選ぶ
  • 連絡を取り合う時間帯を決めておく
  • LINEなどでのやり取りはこまめに消去する

正直、上記の方法を試してもバレる時はバレます。絶対にバレないという方法はないのです。特に女性は勘が鋭い為、些細な違いにも気付かれてしまいます。

少しでもヤバいと思ったら関係を断つ。あるいは1人につき3回までと、回数を決めておく。これらのルールを決めておくことでリスクを低くできます。

幸い出会いの方法は無数にあります。既婚者の出会いにおいては、刺激ある密事よりもリスク回避を優先しましょう。

本気の恋愛に発展

あなたか、それとも相手の女性か。どちらかが本気の恋愛感情を持ってしまうことは往々にしてあります。特に女性の中には恋愛スイッチの軽い人がおり、「離婚して」と迫られてしまうことも。

恋愛に発展しそうな時は、悪いことは言いません、すぐに関係を清算しましょう。ズルズルと関係を続けていると行動がエスカレートしてしまい、家に押しかけてこられたり、最悪、警察沙汰にまで及んでしまうこともあります。

要注意な女性の言動は以下の通り。

  • 服や髪型の趣味が変わった(あなた好みになる)
  • 普段、連絡を取れない時間帯に連絡がくる
  • 妻との関係をやけに気にしてくる
  • 家庭よりも不倫の時間を優先する

既婚者同士の出会いは、あくまで割り切った関係。節度は守りましょう。

人間関係のこじれ

当事者同士だけならともかく、不倫関係は時に周囲にも影響を及ぼします。特にサークルなどの大勢が集まる場で出会いがあった場合、人間関係はこじれやすい。

特に既婚者サークルは、相手が過去にサークル内の別の人と関係を持っていたことも十分に考えられ、それがこじれの元ともなります。

昨今はSNSも普及しており、日常の鬱憤をそこに吐き出す人も多い。誰かの不倫関係を暴露したり、あるいは友人や知人、家族などのアカウントを発見して、直接伝えてしまうことも考えられます。

人間関係を甘く見てはいけません。周囲の眼がある中での出会いを求める場合は、その周囲にも気を遣った上で、出会いを探しましょう。

既婚者にも新しい出会いを求める権利はある!

既婚者は、今や家庭にのみ縛られる存在ではありません。誰かの夫である前に、あなたはひとりの人間。人間が他者との出会いを、繋がりを求めるのは、どこも間違った行いではない。

求めようと思えば、既婚者でも出会いは求められる。その権利が、あなたにはある。今こそ家庭を飛び出して、新たな出会いを掴んでください。