女王様と出会う方法

M男必見!女王様と出会う方法とは?

女王様と出会いたいけどなかなか見つからない……。S女あってのM男、性欲の持って行きどころがないのはとても悲しいですよね。

この記事ではそんな女王様からの直々の調教を望むM男の為に、理想の女王様との出会いを得られる方法をご紹介します。

女王様の見分け方、女王様と出会う際の注意点なども併せてお伝えしていくので、女王様との出会いに胸と下半身を膨らませているM男の皆さんは、ぜひ参考にしてください。

M男が女王様と出会いたいけどどうすればよいのか?

アブノーマルな性癖だけに、M男がリアルで女王様と出会うのは難しい。そこで私がオススメするのは、ネットを使った出会い。

ここではM男が女王様との出会いを求められるサイトを3つほどご紹介していきます。

トビラの会

SM専用の出会い系サイト、それがトビラの会(https://cuns.net/)です。

会員数は約2000名と少ないものの、「女性にとって安全なSMの出会い」をコンセプトに掲げていることから、見つけるのがなかなか難しい女性会員も多数在籍しています。その中にはM男待望の女王様、Sタイプの女性ももちろんいます。

サービスの一環としてS女性によるM男性向けのカウンセリングも実施しており、

トビラの会で女王様と出会う方法

トビラの会で女王様と出会う方法2

面談できる場所はかなり限定されるものの、本格的にSMパートナーの欲しい方にとっては打ってつけのサイトと言えます。

SM変態LOVERS

SM変態LOVERS(https://smpt.webrental.org/)は、文字通りSMパートナーの募集を専門に扱う掲示板です。

M男からの募集はもちろん、女王様からの投稿も多数確認されており、スレッドに書き込む形でパートナーを探すことが可能。

かなりアブノーマルなサイトで、またパートナー募集の裁量も各々に任せられていることからも上級者向けであることが窺えますが、上手くいけば徹底的に調教してくれる女王様との出会いが得られる場所でもあります。

ワクワクメール

最後は出会い系サイトのワクワクメールです。今回紹介する3つのサイトの中で最も安全かつ信頼ができ、M男が効率的に女王様との出会いを求められる場所でもあります。

出会い系サイトと言えば割と健全なサイトというイメージを持っている男性も多いでしょうが、ここワクワクメールではそういった出会いの他、SMパートナーなどといったアブノーマルな出会いのマッチングも手掛けています。

ワクワクメールで女王様と出会う方法

M男自ら女王様を募集することもできますが、Sな女性がM男を探している場合もあり、

ワクワクメールで女王様と出会う方法2

ワクワクメールで女王様と出会う方法3

自分の好みに合った、理想の女王様と出会うことができます。

女王様タイプの女の見分け方

女王様タイプの女性にはいくつかの特徴があります。ここではその特徴から、女王様タイプのS女の見分け方をご紹介していきます。

見分け方①:自信家

女王様タイプの女性は自分の中での価値観が揺るぎなく、ひとりの女として自信を持った生き方をしています。決して他人の色に染まらず、逆に近づいて来た男を自分色に染める。まさに女王様ですね。

社会的に自立した女性や、企業の中で男性の部下を従えるような役職に就いている女性が、これに当てはまります。

見分け方②:身長が高い

身長が内面に影響しているのか、それとも内に秘めたSが外見に影響を及ぼすのかは分かりませんが、女王様タイプの女性は総じて身長が高い。常にヒールを履いているイメージもあるかもしれませんが、それを差し引いても高身長かつスタイルの良い女性が多いです。

中には低身長な女王様タイプもいるでしょうが、全体から見ればごく少数。ロリなS女にいじめられたいM男は女王様探しにやや苦労するかもしれません。

見分け方③:黒い服を着ている

不思議なことに、女王様タイプの女性は黒系統の服を好んで着用します。黒でなくても、比較的シックな装いが好みの女性が多いようで、逆に可愛らしい服装の女王様はあまり見ません。

相手が女王様タイプのS女かどうか迷ったら、普段着るファッションを訪ねてみるのもひとつの手と言えます。

M男が女王様と出会う際の注意点

女王様と出会う際、M男が注意しておくべき点が3つあります。女王様との出会いを求める前に、その注意点を頭に入れておきましょう。

注意点①:ただのワガママ女である場合も

ただの性格悪い女性が自らを「毒舌家」と名乗るように、ただのワガママ女が自らを「女王様」や「ドS」と勘違いし、M男たる男性に傍若無人な振る舞いをするケースが多々見受けられます。

SMプレイは愛情表現の一種。女王様もM男が憎くて攻めているのではなく、本心はむしろ逆、M男を喜ばせようという慈愛に満ちています。

少しでも違うと思ったら、素直に関係を断りましょう。愛情の欠片もない主従関係は不毛でしかありません。

注意点②:プレイ内容は擦り合わせておくべし

女王様といってもタイプは様々ですし、それはM男も同じ。言葉責めが好きなのに放置プレイをさせられたり、痛いプレイは嫌なのにムチで叩かれたりしたら、それはもうSMプレイではありません。

女王様と出会ったら、まずは希望するプレイ内容を擦り合わせましょう。お互い嫌々するのは酷ですからね。

注意点③:プレイは信頼関係が築けてから

拘束などを行うSMプレイは基本的にリスキー。身動きの取れない状態で何をされるか分かりませんからね。ましてや相手がネットで出会った女性の場合、厄介な事態に発展することも否定できません。

こういったことを避ける為にも、くれぐれも初対面でのプレイは控えるように。女王様とM男は信頼があってこその関係。親交を深めてから行うプレイの方がより気持ちも入り、心身への快楽も増すはずです。

M男が実際に女王様と会えた人たちの体験談

実際にM男が女王様との出会いを得られた体験談を2つご紹介します。どちらもサイトのユーザーから寄せられた実話となっていますので、ぜひ参考にしてください。

念願の女王様はとても優しい人でした(20代 男性 Mさん)

もう2年ほどの関係になる女王様との出会いは、ワクワクメールという出会い系サイトでした。僕が掲示板に書き込んだ調教してくれる女王様募集の投稿に、彼女がメールをくれたのがきっかけでした。

「ちょっと怖そうな人だな」

女王様の第一印象はそんな感じでした。細面に、ショートカットの髪。仕事のデキそうな人、という印象も同時に覚えました。

ホテルに行ったのは3回目に会った時。僕は身体をベッドに拘束され、散々いじめられました。恥ずかしいことをされ、痛いこともされた。身体にはたくさん傷がつき、女王様は薄い笑みを浮かべていました。

プレイが終わり、女王様といっしょにシャワーを浴びていた時のことです。

「大丈夫? 痛かった?」

そう言って、女王様は赤く滲んだ傷を舌で舐めた。まるで治療でもするように。この時ですね、僕が彼女に飼われたいと思ったのは。ひとりのM男として女王様にかしずこうと思ったのは。

そしてその日以来、僕たちは2年ほど経った今でも主従関係を続けています。厳しくて優しい、冷たくて愛情深い、そんな女王様に出会えたことを感謝しています。

年下の女王様に調教される日々(40代 男性 Aさん)

私の遣える女王様はまだ20代半ばにも満たない女性で、彼女と出会ったのはあるSM専用の掲示板でした。

騙されているんじゃないか。

初め彼女と会うまで、いやホテルで調教を受けるまで、私はそう思っていました。何せ出会いのきっかけがきっかけだ、疑ってしまうのも無理はない。中身は存在しないものとさえ考えていた。

しかし案に相違して彼女は実在し、怪しげな男たちが出てくるわけでもなく、何か高額のモノを買わされることもありませんでした。

「年上の男性がタイプなんです」

キレイな面立ちをした彼女はそう言って、そのクールな表情を一切変えることなく、私の背中にロウソクを垂らした。

「タイプなのにこんなことを?」

私が聞くと、彼女、いや女王様は無感情な声でこう答えました。

「好きなものって、壊したりいじめたくなるじゃないですか」

大人っぽい容姿とは裏腹に、小学生のような幼さを内に秘めている。私はそのギャップにゾクゾクしました。容赦のない攻めも好みだった。好きな子に意地悪をするようないじらしさが、そこには感じられました。

女王様との付き合いはまだ3ヶ月と短い。しかし私は身も心も、すっかり女王様に魅了されてしまった。イイ年齢の男が情けない。けれど秘めたるマゾの心に、私は抗う術を持ちません。

女王様もM男との出会いを待っている

M男が女王様との出会いを望んでいるように、女王様も日本のどこかでM男との邂逅を待ち望んでいます。

M男が女王様との出会いを果たすのに必要なのはタイミングと、そのタイミングを提供する場所です。今回紹介したサイトは、そのタイミングをM男と女王様、両方に提供し、最高のマッチングを仕立ててくれます。

女王様あってのM男であり、M男あってこその女王様。あなたも理想の女王様と出会い、最高の主従関係を築き上げてください。